未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

白鵬印象操作か「ビール瓶では殴ってない」証言と実際の差異に潜む意図!?

日馬富士暴行事件、日に日に混迷の度を増しているように感じています。その一因は不確かな情報と推測を元に報道しまくるテレビ各局の情報番組にもあると感じています。

そして、横綱・白鵬はそういうメディアの扱いに長けているのかもしれません。

続きを読む

九州場所2017、中日終わり横綱・白鵬が優勝争い&年間最多勝トップに!

日馬富士暴行事件が水を差す九州場所2017ですが、優勝争いは、唯一の「中日全勝ターン」の横綱・白鵬が40回目の幕内優勝に向かって驀進ちう♪

白鵬が大きな怪我を負わない限り、9割くらいの確率で「優勝」は間違いないのではないでしょうか。

続きを読む

日馬富士暴行事件の発端は貴ノ岩による暴行だった〜混迷まっしぐら!?

日を追う毎に、見事なまでに混迷度を増していく「日馬富士暴行事件」。日馬富士の警察の事情聴取などから、暴行事件のきっかけらしきものが見えてきたようです。なんと、発端は貴ノ岩自身の暴行だったとか...。

続きを読む

日馬富士、将来は母国の大臣か〜弁護士&警察官資格を持っているそうな...

程度は抜きにして、鳥取県警の事情聴取で暴行したことは認めた日馬富士。そんな日馬富士の「経歴と将来」がにわかに注目されています。

 

通信教育(?)で弁護士&警察官資格を取得したエリートなんだとか。法政大学大学院にも進学していますし...。

続きを読む

日馬富士暴行〜骨折したしないandビール瓶殴打したしない〜今日の疑問

これでもかこれでもかと毎日騒がせてくれている日馬富士暴行事件。

毎日、疑問がドンドン出てきます。

今日11/17の時点の大きな疑問は2つ。

  • 貴ノ岩は骨折していたのか、いないのか。
  • ビール瓶で殴打したのか、しないのか。
続きを読む

日馬富士殴打事件、スポーツ新聞で経緯を見ると何が判るか...

日に日に混迷に陥っていく日馬富士殴打暴行事件。

騒動の発端、つまり、問題が明るみに出たのは11/14のスポニチの報道です。

そこで、スポニチの報道をピックアップして紹介することで、経緯を見てみましょう。

続きを読む

日馬富士暴行事件でわかった「関係者証言のほとんどは的外れ」という事実!?

日馬富士が貴ノ岩に暴行を加え、頭部骨折までさせてしまった事件。いろいろ報道されていますが、混迷状況に陥っているようです。

 

そして、これに関して、様々な関係者が報道によって掘り起こされ(?)、様々な証言をしていますが、その大半は、事件の真実とは全く関係のない的外れなものです。

 

 

<スポンサーリンク>

 
 

 

的外れ証言の典型〜朝青龍...

 

第68代横綱・朝青龍が、日馬富士事件報道に怒っています。

 

現役時代、自分を兄と慕う日馬富士を可愛がっていたということ、そして、自分が現役引退したときの一連の報道に対して違和感以上の怒りを持っていたということなどの背景があり、今回の日馬富士暴行事件の「報道」に怒っているのです。

 

ツイッターでもいろいろ主張していますし、報道でもインタビューを受けています。

 

彼の一番の主張は「ビール瓶では殴っていない」。

 

おひおひ、問題はそこじゃないでしょ。「殴ったのがビール瓶であろうが、素手であろうが、貴ノ岩を頭部骨折させるほどの怪我を負わせた」という事実に変わりないのです。

 

_/_/

 

一般的に事件の関係者は、それぞれの思惑がベースにあって発言し、「自分の言うことこそ真実である」という論調でしゃべります。

 

しかし、そこにあるのは思惑にそった曲解、その人が思う「真実」なのです。 

 

報道も同じ

 

テレビなどで繰り返し流される報道についても同じです。曲解がおてんこ盛りの情報が連日流されています。

 

これって、今回の事件だけでなく、すべからくそうなのです。

 

たとえば、日馬富士の知り合い〜中学・高校のクラス担任や、懇意にしている住職〜が出てきて、日馬富士の人柄を語ります。

 

そして、「あんなことをするハズがない」というようなことを視聴者に思わせるのです。思わせるのはその人ではなく、テレビ局です。テレビ局はテレビ局としての思惑〜視聴率稼ぎ〜があるのです。物事は偏向すればするほど、面白くなるのですから...。

 

関係者の発言も同様

 

問題の酒宴には10人近くの人が出席していたといいます。そして、店のスタッフ。つまり、10数人が当時の直接的な関係者ですが、彼らの言うことがすべて真実だとも限りません。

 

それぞれがそれぞれの思惑でしゃべりますので、真実に近づく発言もあれば、真実から遠ざける発言もあるでしょう。

 

11/16、同席していた白鵬は「ビール瓶では殴っていない」「馬乗りにもなってない」と発言していました。

 

それが真実であったかどうかは別にして、その証言は「貴ノ岩には怪我をさせていない」ということではないのです。

 

「ビール瓶で殴っていない」「馬乗りにもなっていない」とすれば、どうやって貴ノ岩の頭は骨折するに至ったのでしょう。

 

あまりにも長い時間殴り続けた結果、骨折したのでしょうか。それとも何か硬い物で強く殴った一撃が骨折に至ったのでしょうか。

 

白鵬の「ビール瓶では殴っていない」「馬乗りにもなっていない」発言に隠れた意図はなんなのでしょうか。

 

親族や近しい人の話も同じ

 

貴ノ岩の兄がインタビューを受けています。

そして、直接、貴ノ岩からテレビ電話で聞いた内容を話しています。

しかし、それですら真実を表現しているとは言いがたいのです。

当然、肉親なら、大切な弟に大怪我を負わせた日馬富士はにっくき相手ですから、一方的に怒りをぶつけます。

 

怒りは真実をねじ曲げます。

 

口を閉ざす親方たちも同じ

 

口を閉ざすことで語らないという語りを無言でしている親方たち、伊勢ヶ濵親方、貴乃花親方も同じです。

 

「語らない」という行動を切り取って報道されていますが、そのこと自体では何もわからないのです。

 

_/_/

 

昨日あたりから、貴乃花親方が悪いみたいな流れが報道に出てきています。

相撲痛を任じるジャーナリストたちが、テレビ番組でそれっぽい発言を繰り返しています。

 

おひおひ、忖度かよ...ですね。

 

そういう状況に何も語らない貴乃花親方をスタジオであれこれ分析しても何も判るはずもないのです。

 

まとめ

 

今回は日馬富士の暴行事件をきっかけに、いかに報道は的外れ、言葉を強くいうと嘘だらけ。

 

単に印象とつなげただけであるかということがよくわかったということをまとめました。

 

事実はねじ曲げられながら、真実がどんどん遠ざかっていくのです。それに大きく手を貸しているのがテレビや新聞などの報道です。

 

f:id:kanreki7:20171117103746p:plain

(画像出典:twitter)