未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

スポーツ-大相撲

大相撲、11月場所(九州場所)上位番付予想、大注目は阿武咲...

秋場所は、日馬富士の逆転幕内優勝(9回目)で終わり、今年も残すところ1場所のみとなりました。 11月場所(九州場所)の上位番付を勝手に予想し、合わせて、見どころについて書きます♪

秋場所千秋楽、十両は4人の優勝決定戦で23歳、阿炎(あび)逆転優勝!

秋場所、千秋楽本割を終えて、10勝5敗が4人。 4人の優勝決定戦となりました♪

豪栄道、やっぱり気になります〜埼玉栄高校出身関取19人一覧!

秋場所、千秋楽、大関・豪栄道と横綱・日馬富士の直接対決で優勝が決まります。 豪栄道が勝てば、その時点で優勝。 日馬富士が勝てば、優勝決定戦です。 豪栄道と言えば、相撲の名門校、埼玉栄高校出身です。 現役&過去の埼玉栄高校出身者一覧です(関取以…

豪栄道「決戦は金曜日」だったのに、墓穴掘り千秋楽で逆転か(>_<)

豪栄道、引き技繰り出してのいつもの負けを2つ続けた「あの連敗」がなければ、「決戦は金曜日」のごとく、13日目、金曜日には優勝していたのに。 引き技で連敗して、墓穴を掘って、日馬富士に逆転されそうです。

秋場所13日目、豪栄道は「迷演出家」、残り2日間を面白くしてくれたね〜

秋場所12日目の結果を見て、今朝、「豪栄道はMVP」と書きました。 やはり、その判断は間違いなかったようです。 13日目、またしても豪栄道が、残り2日間を面白くする素敵な演出をしてくれました。 主役兼演出家で、最後は、他の俳優に人気を喰われちゃ…

秋場所12日目、優勝争い4人が全員黒星、豪栄道、場所盛り上げに貢献!?

秋場所12日目が終わって、豪栄道の優勝がほぼ決まるかと思ったのに...。 さすが、長く大関やってる豪栄道は、見所をわきまえています。 13日目以降に興味をひっぱるために負けた!?

秋場所11日目、豪栄道単独トップ10勝1敗、千代大龍3敗後退

秋場所11日目、優勝争いはいっそう豪栄道に有利に。 1敗の豪栄道を2敗で負う千代大龍。 11日目は、豪栄道が星を伸ばし、千代対流は3敗に後退。 う〜ん、豪栄道、強し!

大相撲10日目が終わり、大関豪栄道の2回目幕内優勝確率急上昇!?

秋場所10日目、優勝争い、大きく動きました。 1敗の豪栄道が小結・栃煌山に勝ち、3敗の横綱・日馬富士が前頭・貴景勝に負け、星の差3つに拡大。 2敗の前頭・阿武咲も負けて後退。 大関・豪栄道の2回目の幕内優勝確率が急上昇です!

大相撲9日目、豪栄道優勝争いトップ、千秋楽の日馬富士戦で雌雄を決するか!?

3横綱休場でスタートし、その後2大関も休場という散々な秋場所。 中日全勝リターンはいなかったものの、9日目で大関・豪栄道が勝ち越し、カド番を脱出。 1敗の阿武咲が負け、今場所の優勝争いも単独トップとなりました。

危機レベルを超えてしまった大相撲、新たに3人の休場を求めたい!

3人の横綱休場で日馬富士の1人横綱体制で始まった大相撲秋場所。 まだ序盤の5日間が終わったばかりというのに、危機レベルを超えて、マジヤバイレベルになっています。 日本相撲協会はしっかり腰を据えて、将来を見据えて、新たに3人の休場をさせるべき…

【新時代到来!?】阿武咲、日馬富士から金星で単独トップ5連勝!

大相撲秋場所5日目、とんでもないことが起きました。 1つは4連勝力士が次々と負けを喫したこと。 そして、最後に残った4連勝力士・阿武咲(おうのしょう)がとんでもないことをやってくれました♪

大相撲4日目が終わって、今場所の優勝者をマジで予想してみた!?

超荒れている、大相撲秋場所。 4日目が終わって、4勝0敗が5人、3勝1敗が6人。 横綱・日馬富士は4日目で2勝2敗と苦しい状況。 こんななか、頭をフル回転させて、今場所の優勝者を予想してみました。

大相撲の新星、阿武咲って誰、そもそも読めないんだけど(爆)

3横綱+平幕2人、計5人休場でスタートした大相撲秋場所。 3日目には、それに大関・高安と前頭・宇良が休場し、休場者計7人。 おまけに、3日目で三役以上の上位者に3連勝者「ゼロ」。 異常事態のなかで、今、大注目が新星、阿武咲なんです。

大相撲3日目、琴奨菊が手を着かず「待った」をした日馬富士が負け!?

大相撲3日目、1人横綱の日馬富士が黒星を喫し、横綱、そして、三役に3連勝は「ゼロ」となりました。 結びの一番、日馬富士 vs 琴奨菊戦は、立合い直後、日馬富士が「待った」をかけましたが、日馬富士の負け。 何が起こったのか!?

【空想】大相撲、そして誰もいなくなった!?〜横綱・大関ゼロ時代

ものごとの最悪の状況を考えておくことは大切だと思うのです。 大相撲にとっての最悪の状況、それは「横綱・大関が空位になること」、すなわち「横綱・大関がゼロ」になってしまうことです。 そんなことは絶対にありえない...と言い切れるでしょうか。 以下…

大相撲休場者続出(一覧)、近年最大危機到来、人気凋落のはじまりか!?

大相撲秋場所(9月場所)は開催前から3横綱を含む、5力士が初日から休場。 42人の幕内力士は、37人体勢で初日を迎えました。 そして、2日目の取組で大関・高安、前頭4・宇良も怪我をして、3日目から休場決定。 なんと、幕内力士35人という状況で…

【週刊ポスト予想】大相撲2020年番付、高橋三千綱、やくみつる他

8/8発売の『週刊ポスト』に大相撲2020年の予想番付という面白い記事が掲載されました。 予想者は4人、作家の高橋三千綱氏、漫画家のやくみつる氏、料理人の神田川俊郎氏、そして、元NHKアナウンサーの杉山邦博氏です。

【タモリ倶楽部】荒汐部屋おかみさん登場〜「猫写真集モロかぶり事件」の真相を暴く!?

大相撲・荒汐部屋には、部屋付きの猫が2匹、モルとムギがいます。 テレビなどで話題になり、昨年、なんとこの猫の写真集が出版されました。 しかも、4社から内容ほぼほぼモロかぶりの写真集が...。 その事件の真相を【タモリ倶楽部】が暴いてくれました!

【大関・高安、最後の太刀持ち】横綱・稀勢の里、常陸山像の前で土俵入り

6/11、大関・高安が最後の太刀持ちをしました。 通常、大関は太刀持ちをしませんので、この日が最後の太刀持ちです。

【秋元才加】高安大関昇進で一躍注目、将来のおかみさん候補!?

大相撲5月場所で大関昇進を決めた高安が俄然、世間の注目を集めています。 この影響で、幼なじみの元AKB48・秋元才加さんにも注目が...。 周囲が高安関のおかみさんにと囃し立てているのです。

【白鵬親方問題】久々の全勝優勝、希代の名横綱に「名親方」も期待します!

大相撲5月場所は、横綱・白鵬の38回目の幕内優勝(全勝)で終わりました。 横綱在位数と幕内勝利数で白鵬が1位になることは間違いありません。 白鵬は希代の名横綱なのです。 白鵬の名親方ぶりもぜひ見たいと日本中が思っているのではないでしょうか...。

【7月場所番付予想その2】〜5月場所白鵬全勝優勝&高安大関昇進、おめでとう!

5月場所、横綱・白鵬が38回目の幕内優勝を果たしました。 しかも、それを全勝優勝で飾りました。 で、気が早いですけど、勝手に来場所(7月場所)の番付予想をしますね♪

【高安の初優勝】大相撲14日目、白鵬が優勝しなければ、ありえるかも!?

大相撲5月場所、いよいよ残り2日。 今日14日目に白鵬が勝てば、38回目の幕内優勝です。でも、もし今日それが実現できないと【高安の初優勝】の芽が出てくるのです。

【予想】5月場所11日目〜優勝争い予想(+稀勢の里&高安)決定版!?

大相撲5月場所、終盤戦11日目の注目取組の勝手予想です。 合わせて、注目5関取の終盤戦全部を勝手に予想します♪ 予想の結果については、責任もちませんけど...(^_^;)

【結果】5月場所10日目、横綱3連戦色々見所あり〜優勝の行方は!?

大相撲5月場所は10日目で中盤戦を終え、いよいよ終盤の5日間に突入します。 10日目は、横綱3連戦がいろいろと見所がありました。 そして、その3連戦で優勝の行方は、ほぼ決まった感がありました♪

【今、茨城が熱い】〜稀勢の里に続き、高安フィーバーの予感がぁ♪

大相撲初場所の稀勢の里の初優勝&横綱昇進、そして、3月場所での稀勢の里の連覇達成で、沸きに沸いた茨城県。 牛久市&龍ケ崎市が燃えましたね〜〜。 さらに今度は、土浦市出身の高安が大関昇進をほぼ手中にし、燃えさかってます♪

稀勢の里、栃煌山に完敗で全国紙「かすむV3」って...おひおひです(>_<)

大相撲5月場所9日目、稀勢の里が前頭4・栃煌山戦で両差しで完敗。 今日、某新聞のスポーツ欄を開いたら「かすむV3」てありましたが...。 冷静に考えたら、かなり、おひおひなタイトル内容です(>_<)

【予想】大相撲9日目、優勝争い6関取〜日馬富士、白鵬、高安ら〜の勝手予想♪

大相撲、いよいよ後半戦の9日目です。 先の記事で優勝争いは6関取に絞られたと書きました。 日馬富士、白鵬、高安、稀勢の里、照ノ富士、玉鷲です。 で、この6関取の9日目結果を勝手に予想します♪

【結果】5月場所中日〜白鵬、日馬富士全勝ターン&高安1敗〜稀勢の里2敗ね♪

5月場所中日、白鵬と日馬富士が全勝ターンで優勝争いトップを併走。 それを高安が1敗で追従。 稀勢の里は、8日間をなんとか6勝2敗で乗り切ったですね♪ でも、稀勢の里は優勝しなくていいです。

大相撲6日目を終わって、優勝の行方は...2敗までは可能性あり!?

大相撲5月場所、6日目が終わり、大変気が早いですが、優勝の可能性について考えてみます。 6日目を終わって、横綱・白鵬と横綱・日馬富士の2関取が連勝街道まっしぐら。 それでは千秋楽で優勝するのは誰なのか?