未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

スポーツ-大相撲

横綱・稀勢の里の中学卒業文集(全掲!)〜文筆力も抜群だぞ!!

1/25、稀勢の里、横綱昇進伝達式を終え、正式に第72代横綱となった。 ここ数日はずっと稀勢の里フィーバーが続いているが、横綱の父母の言葉も凄い。 この記事では、横綱の父母の言葉について書く。

稀勢の里の父名言「好きな相撲は大関まで」〜国民のための重責を担え!

1/25、稀勢の里、横綱昇進伝達式を終え、正式に第72代横綱となった。 ここ数日はずっと稀勢の里フィーバーが続いているが、横綱の父母の言葉も凄い。 この記事では、横綱の父母の言葉について書く。

大相撲2017、初場所の優勝を占う〜残り3番、優勝争い7人の行方&祝・稀勢の里横綱昇進!?

大相撲2017年初場所、12日目が終わり、優勝争いには7人が残った。 1敗の大関・稀勢の里 2敗の横綱・白鵬、前頭10・貴ノ岩、前頭13・逸ノ城 3敗の小結・高安、前頭筆頭・御獄海、前頭10・蒼国来 理屈の上では、トップの稀勢の里が1敗で残り3番だから、4敗力士…

大相撲2017、初場所12日目、琴奨菊大関陥落決定(>_<)

大相撲2017年初場所、12日目。 カド番大関・琴奨菊は新関脇・玉鷲に押し出しで8敗目を喫し、大関陥落が決定した。 2016年の初場所は琴奨菊初優勝でスポットライトを浴びたが、1年後にまさかこうなるとは(>_<)

大相撲2017初場所、10日目、稀勢の里、再び単独トップに!

大相撲2017年初場所、10日目。 優勝争いに大きな変化はなし。 前頭・貴ノ岩が2敗目を喫し、稀勢の里が再び単独トップにたったけど、もともと貴ノ岩の優勝可能性は高くないので、大きい変化とは言えない。

大相撲2017初場所、9日目、稀勢の里、白鵬に土がつき、波乱の幕開けか!?

大相撲2017年初場所、9日目。 中日・8日目に引き続き、優勝争いに大きな動きが!!! 波乱の展開の主役は、やっぱり先頭集団を引っ張る2人だった。 稀勢の里と白鵬...。

大相撲2017初場所、中日・8日目、稀勢の里トップに躍り出る!!

大相撲2017年初場所、中日・8日目。 優勝争いに大きな動きが!!! なんと、中日の勝ち越しは大関・稀勢の里1人。 つまり、稀勢の里が優勝争いのトップになったのです。

大相撲2017初場所、7日目、いよいよ見えてきた稀勢の里初優勝!?

大相撲2017年初場所・7日目。 横綱・日馬富士が怪我のため休場。 6日目で3勝3敗の5分の星でしたが、5日目で足を痛めたとか...。 日馬富士の休場は、白鵬と稀勢の里の優勝可能性をぐんと高めました。

大相撲2017初場所、6日目、中日を前にして6連勝は白鵬と稀勢の里のみに!

大相撲2017年初場所・6日目。 5日目が終わって、5連勝5人のなかに3人の平幕(前頭)力士が居たので褒めたのに...。 6日目で、その3人が揃って黒星(>_<) 中日までまだ2日もあるのに、すでに6連勝は2人だけになってしまいました。

大相撲2017初場所、5日目、横綱・鶴竜、優勝争い戦線離脱!

5日目を終わって、5連勝力士が5人です。 5連勝の横綱・白鵬、大関・稀勢の里を除く、横綱・大関陣はハチャメチャです。 かなりヤバイ状況です(>_<)

大相撲2017、初場所4日目、優勝は5人、実質2人に絞られた!?

3日目で、初日から3連勝の力士が8人に絞り込まれました。 4日目は、それがさらに5人までに絞り込まれてしまいました。 ちょっと優勝争いが絞り込まれるペースが早すぎで心配です。

大相撲2017、初場所、3日目で3連勝は8人に絞られちゃったぞ(>_<)

2017年、大相撲初場所、3日目。 42人の幕内力士は、3日目にして、3連勝が8人に絞られてきました。 高い確率で、この3人のなかから優勝力士が出てくるものと推測できます。

大相撲2017、初場所初日〜北の富士さんのお休みにびっくり!?

いよいよ、1/8から2017年初場所がはじまりました! この記事では、その初場所のことについて、いくつか書きますね♪

大相撲来年初場所の番付予想〜11/25の予想を修正です(^_-)

横綱・鶴竜、14勝1敗で見事、3度目の賜杯を手にしました♪ ところで、11月場所13日目に超フライングで、来年初場所の番付予想をしたのですが、予想外なことなどもあり...修正します(笑)

鶴竜、日馬富士、そして白鵬が守る大相撲!頑張れモンゴル3横綱♪♪

大相撲11月場所は、14日目、横綱・鶴竜が優勝を決め、そして、千秋楽を迎えます。 振りかえれば、今場所もモンゴル勢が盛り上げてくれました。 日本人力士のふがいなさは残念でなりません。

【悲惨】稀勢の里、本気で終わる〜これからも大関で頑張ってください♪(大相撲11月場所、13日目)

ファンとしては、残念な「1敗」でしたが... 3横綱を連破して、短いながらも夢を見させてくれたことに感謝ですね。

稀勢の里、横綱3連破で初優勝に大きく近づく!? でもまだまだ壁は高いぞ!(大相撲11月場所12日目)

いよいよ、稀勢の里の「幕内初優勝」が近づいてきた!? しかも、その「チャンスを、終盤、自らの手でたぐり寄せた」のだ。 そこがこれまでと違う稀勢の里の姿を見せてくれている♪♪

今日も、稀勢の里と石浦につきるぜっ!!(大相撲11月場所11日目)

大相撲11月場所11日目の素敵な取組は、2番。 新入幕・石浦の1番、そして、稀勢の里の1番です♪

稀勢の里 vs 白鵬の大一番を見て、白鵬最強の時代は終わったと確信!?(大相撲11月場所10日目)

大相撲11月場所、3横綱が強くて、すでに2敗の大関稀勢の里は優勝圏外と思っていました。 しかし、1敗の横綱・白鵬と2敗の大関・稀勢の里の闘いを見て、考えを変えました。

豪栄道3敗を喫し、今場所の横綱昇進挑戦、完全に終わる。稀勢の里も琴奨菊も横綱は無理!!

先場所全勝で初優勝を果たし、今場所が横綱昇進挑戦の豪栄道。 しかし、9日目、連敗を喫し、3敗となってしまいました。 しかも、昨日同様、負け方がおよそ横綱を目指す力士のものではない。

【悲惨!?】豪栄道の横綱昇進挑戦は...終わった(泣)(大相撲11月場所8日目)

中日(8日目)、豪栄道が2敗目を喫しました。 そして、それは豪栄道の横綱昇進挑戦が終わったということだ...と感じました。

今日の注目は新入幕・石浦です♪♪(大相撲11月場所7日目)

大相撲11月場所7日目、昨日優勝争いと書いた4力士は全員勝ちました。 3横綱の鶴竜、白鵬、日馬富士、そして大関の豪栄道です。

白鵬、豪栄道敗れ、全勝は鶴竜のみ!?(大相撲11月場所6日目)

大相撲11月場所6日目、遠藤が白鵬から金星ゲット! これまで4戦して全敗の遠藤でしたが、立ち会いから踏み込み良く、その勢いのまま白鵬を寄り切りました♪♪

優勝争い、いよいよ絞られてきたか!?大相撲11月場所5日目

昨日の記事(大相撲4日目)で、優勝争い力士の絞り込みをしました。 5日目で負けた力士を除き、5日目を終えた時点での優勝争い力士を明確にしますね♪

4日目で4連勝は早くも4人だけ!? 豪栄道優勝の可能性は!?(大相撲11月場所)

11月場所、初日が終わってから大関陣が活躍していると書きましたが... 4日目にして、琴奨菊は1勝3敗、照ノ富士2勝2敗、稀勢の里3勝1敗と「ダメダメ大関陣」になりそうです。

大相撲11月場所初日、豪栄道・稀勢の里・琴奨菊の3大関は活躍しそう♪

9月場所、全勝で初優勝を果たした大関・豪栄道。 11月場所は、横綱昇進を掛けた大切な場所です。 また、今年初場所で、10年振りの日本人力士優勝を果たした大関・琴奨菊。 そして、3回の横綱昇進挑戦を逃してしまったものの、年間最多勝ち星を横綱・日馬富士…

「豪栄道 国籍」で検索する人が多いことが悲しい...

誰かに急にスポットライトが当たると、その人の検索数が俄然、多くなります。 今場所好調で初優勝が期待されるようになった頃から、「豪栄道」の検索数もうなぎ登り。

豪栄道の初優勝で四股名の凄さを知った!?

力士の四股名(大相撲で使われるフルネーム!?)を知っている人って、結構少ないかも。 横綱・白鵬は、白鵬翔(はくほうしょう)。 同・日馬富士は、日馬富士公平(はるまふじこうへい)。

豪栄道、玉鷲戦(14日目)、琴奨菊戦(千秋楽)を占う!?

9月場所13日目、結びの一番で、豪栄道が勝ち13連勝。これで豪栄道の幕内初優勝が、ほぼほぼ確実となりました。

豪栄道、日馬富士を破り、幕内初優勝をほぼ手中に!!

9月場所13日目、結びの一番で、ここまで全勝(12勝)の豪栄道と、2敗の横綱・日馬富士が戦います。

豪栄道〜大相撲に見る「人間万事塞翁が馬」!?

豪栄道、大相撲9月場所で、信じられない奇跡を展開ちう。

速報、千代の富士(九重親方)、急逝(泣)

第58代横綱・千代の富士(九重親方)急逝 昭和の大横綱の一人、千代の富士。 幕内優勝31回という大記録を果たし、 1991年5月に引退し、九重部屋を継承。

稀勢の里、9月場所は3度目の横綱昇進挑戦場所!!!

稀勢の里の7月場所が終わりました... 大相撲7月場所は、横綱・日馬富士の 8回目の幕内優勝で終わりました。 2場所連続の横綱昇進挑戦をした

稀勢の里、今日の結果14日目、白鵬戦(他力士の結果も!)

注目の稀勢の里、勝つには勝ったけど... 対白鵬戦で、土俵際奇跡的に残りました。 首の皮一枚つながっている感じですね。 しかし、自力優勝はないわけで....。

稀勢の里が微笑みしても横綱に勝てない理由、そして、横綱になれない理由!?

今場所の稀勢の里、不気味な微笑みがあったり、なかったり... 先場所くらいからでしょうか、 稀勢の里の不気味な微笑みが話題に。 今場所も前半は不気味しまくり(笑)。

稀勢の里、今日の結果13日目、日馬富士戦(他力士の結果も!)

ストレートに書きます、稀勢の里負けました 13日目、トップ2敗同士の対戦。 稀勢の里は、横綱・日馬富士に破れ 3敗となり、優勝争いから一歩後退。

稀勢の里、今日の結果12日目、正代戦(他力士の結果も!)

稀勢の里、12日目が最も重要な取組になる..かも!? 12日目は、平幕対戦のラストです。 相手は、勝ち越しを決めている正代。 前日、大関・豪栄道を破り勢いがあります。

稀勢の里、今日の結果11日目、勢戦(他力士の結果も!)

稀勢の里の11日目は、昨日の平幕力士2敗目をどう挽回するかですっ!! 昨日10日目の対・松鳳山戦の負けは痛かった。 あの1敗は、稀勢の里の横綱昇進を断念させる 重要な一番になったかもしれないのです。

稀勢の里、今日の結果10日目、松鳳山戦(他力士の結果も!)

稀勢の里、10日目は松鳳山戦 突き落としで稀勢の里の負け。8勝2敗。 立ち会いの変化にあっけなく沈みました。 これ格下に対する1敗については、

稀勢の里、横綱の条件は何か? より具体的に検討すると...

5月場所に続き、今場所も横綱昇進挑戦場所です 稀勢の里は5月は横綱昇進挑戦場所でした。 そして、今場所も横綱昇進挑戦場所です。 それでは、昇進条件はどういうものなのでしょうか。

稀勢の里、横綱は無理という意見に反論します!!!

ネットを検索すると「稀勢の里、横綱、無理」と出てきます 「稀勢の里、横綱、無理」というのも 一つの意見なので、それは尊重しますが、 一つ一つ反論していきたいと思います。

稀勢の里の微笑みは不気味だという話がありますが...直近の取組では...

稀勢の里の土俵下での微笑みが評判(?)ですが... 先場所くらいから、稀勢の里の 土俵下での微笑みが評判です。 気持ちが強くなった表れだとか、

稀勢の里の成績を今後の取組予想で占います!!

稀勢の里&高安、9日目で2人がトップです!! 9日目、両横綱がともに負けて、 同部屋の稀勢の里と高安がともに 8勝1敗(勝ち越し!)でトップに。

稀勢の里の「今日の結果」を書く前に、昨日(9日目)のことを...

9日の取組で、稀勢の里と同部屋・高安がトップに!! 稀勢の里は、大関対戦で照ノ富士を破り そして、同部屋・高安は隠岐の海を破り 同部屋で仲良く勝ち星1位となっています。

大相撲、名古屋場所、琴奨菊が...おかしいぞ

琴奨菊、2016年初場所の優勝で一躍、時の人に それまでなかなか2桁勝てない大関。 その琴奨菊がいきなりの大活躍。 今年初場所で14勝1敗で初優勝です。

大相撲、名古屋場所2016、3横綱の今場所は...

たった3日だけど、3横綱の今場所を占う!? 名古屋場所、3日目が終わりました。 たった3日ですが、すでに3横綱の 今場所がどうなるか判りました。

白鵬と稀勢の里の立ち会いから...7月場所の優勝を占う!?

白鵬はいいところで稀勢の里に負けてる!? 過去、白鵬はいいところで稀勢の里に 負けを喫しているんです。だから、 立ち会いで変化をしたりするんですが...

大相撲、宇良で観戦を3倍楽しくする方法!?いま、十両が面白い!!

7月場所(名古屋場所)の楽しみ3つ 7月10日から始まる大相撲7月場所。 活躍視点で、大きく3つの楽しみがあります。 1つ目は、白鵬のの活躍です。さらに...

稀勢の里の綱取り条件はズレた視点、本当の問題・課題は別のところにある!?

先場所千秋楽でギリ綱取り可能性を残したが... 稀勢の里は、5月場所が綱取り挑戦場所でした。 しかし、結果、優勝は横綱・白鵬。 それでも、千秋楽に白星をあげたおかげで、

白鵬、「1000勝」という目標の変化と、横綱としての覚悟!?

白鵬、大鵬の大記録を抜き去ったら、そこには大きな壁があった!? 白鵬は、2015年初場所(1月場所)に全勝優勝。 そして、大鵬の記録を抜きで33回目の幕内優勝。 前人未踏の歴代1位の記録を打ち立てました。