未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

ベッキー、「金スマ」で復帰、収録ロケに参加していた!?



<スポンサードリンク>

ベッキー、ゲス不倫の渦中にあるも、復帰完了済み!?

ベッキーさんは、まだまだ、ゲス不倫

(「ゲスの極み乙女。」川谷絵音さんとの不倫騒動)

の渦中にあると思われていましたが...

実は、テレビ番組復帰を果たしていたことが、5/10に発覚しました。

 

 

ゲス不倫の経緯、ふたたび...

<スポンサーリンク>


このブログでも、ゲス不倫のことは書きましたが、今一度、ここで簡単に振り返ります。

  • 1月に週刊文春に不倫をスクープされる
  • 週刊文春続報で、LINE流出
  • 2/5、ベッキー、芸能活動休業を発表
  • 全テレビ番組、全CM降板
  • 4月下旬、週刊文春にベッキー手紙掲載
  • 5.9、川谷絵音、離婚発表


ベッキーさんにとっては、すこぶる高い代償を払う恋愛となりました。

一方、川谷絵音さんですが、この騒動のお陰(?)もあり、新曲が宣伝効果で売れたようです。

 

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音の離婚で...

<スポンサーリンク>


このゲス不倫においては、「代償格差があり過ぎる」と感じますが、川谷夫婦は結局、離婚に至ったので、川谷絵音さんも、「それなりの代償(?)」を払ったということになるのでしょうか。

個人的には、この不倫騒動自体、「どーでもいいことだ」と思っています(笑)。

 

ただし、川谷絵音さんの離婚が、ベッキーさんの芸能界復帰の後押しとなったことは

間違いないのかもしれません。

川谷絵音さんが、「それ」を意図したかどうかは別にして...。

<スポンサーリンク>
 

 

「金スマ」とは?

さて、話をベッキーさんの芸能界復帰に戻します。

復帰する番組は、TBSのバラエティ番組「金スマ」です。


すでに、番組収録ロケに、ベッキーさんが参加していたというのです。


収録ロケは、4月下旬。


週刊文春にベッキーさんの手紙が掲載された頃でしょうか。


また、川谷絵音さんの離婚報道の、随分前のことです!!


_/_/

正式名称:中居正広の金曜日のスマイルたちへ
元名称:中居正広の金曜日のスマたちへ
(2016年2月12日に現在のタイトルへ改変)
制作局:TBS
企画:ジャニーズ事務所
出演者:中居正広(SMAP)
    安住紳一郎(TBSアナ)
    大竹しのぶ(レギュラー)
    假屋崎省吾(レギュラー)
    室井佑月(レギュラー)
    ベック(レギュラー)
    ベッキー(休業中)
放送時間:金曜日 21:00-21:54
放送期間:2001年10月19日-現在
(出典:Wikipedia)

 

この番組は、当時、ドラマ枠であったところに、バラエティ番組として投入されました。

タイトルは、以前、人気を博したTVドラマ、『金曜日の妻たちへ』(略:金妻)をもじったものです。

女性をターゲットに毎週、いろいろな内容で構成されています。

そして、15年目の長寿番組となりました。

 

「金スマ」ロケ収録のこと

4月の下旬、「金スマ」の農業企画ロケに、ベッキーさんは参加しました。

この企画は、東京から茨城県に移住した番組ディレクターの農業生活を追った「ひとり農業」ロケです。

このロケにベッキーさんが出向き、追って現地に駆けつけた司会の中居正広さんとトークを展開しました。

そのなかで、「不倫騒動で謝罪した」、とも言われています。

これで、復帰の第一歩を確実に記したことになりますね。


なお、この企画ロケについては、最短では13日に放映されるとのことで、あとは、TBS局内での最終調整待ち(=大人の判断)です。

 

なぜ「金スマ」で復帰するのか?

実は、ベッキーさんをレギュラーに引き上げた最初のTV番組が、この「金スマ」なのです。

以来、ベッキーさんは、騒動後、休業するまで、15年に渡りレギュラーを続けてきました。

当時の同番組スタッフたちは、ベッキーさんの恩人とも言える人たち、また、もちろん、中居正広さんはじめ、他のレギュラー陣とも懇意。

さらに、「金スマ」が「人生に焦点を当てる番組」なので、「金スマ」が復帰として、最初に選ばれたのは、当然なのかもしれません。

 

話変わりますが、中居正広さんは、SMAP解散騒動の渦中で、ベッキーさんと同時期にいろいろありました。

なので、レギュラー陣のなかでも、とくに中居正広さんは、ベッキーさんにシンパシーを感じているかもしれません。

ベッキーさんにとって、「金スマ」ほど、素敵な復帰の場所はなかったのでしょうね。

 

まとめ

<スポンサーリンク>


ベッキーさんは、騒動について全番組・全CM降板という多大な代償を負い、そして、芸能活動も停止しました。

そして、ベッキーさんは、騒動震源地となった週刊文春へ「相手への思いを断ちきった」ことなど書いた手紙を掲載しました。

さらに、不倫相手とされた「ゲスの極み乙女。」川谷絵音さんも離婚を報告。

もう、ベッキーさんの芸能界復帰の阻害要因は、ほぼないのかもしれません。

あとは、TBSの大人の判断を待つばかりです。

本稿のなかで「どーでもいいこと」と発言しましたが、ベッキーさんの復帰の番組は、視聴するつもりです。