未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

「あさチャン」で吉田沙保里のレスリング家系が明らかに!?



<スポンサードリンク>

5/12放送のTBS『あさチャン』で、吉田沙保里の甥っ子、姪っ子登場!

吉田沙保里さんの甥っ子、姪っ子が

みんなレスリングに強いということが判明!!

実は、吉田沙保里さんは凄いレスリング家系で育ったのです。

吉田沙保里さんの父も、兄たちも凄かったのです。

 

 

霊長類最強女子、レスリング吉田沙保里のプロフィール

<スポンサーリンク>

本名:吉田沙保里
生年月日:1982年10月5日生、33歳
出身:三重県
(出典:Wikipedia)

 

_/_/

吉田沙保里さんは、アテネ、北京、ロンドンのオリンピック3大会に連続出場し、それぞれ金メダルに輝きました。

また、世界選手権10連覇、オリンピックもいれると、2012年には、世界大会13連覇という偉業を果たしました。

そして、「霊長類最強女子」と呼称されています(笑)。

また、2012年の「世界大会13連覇」の偉業を讃え、国民栄誉賞を授与されています。

賞創設以来19人目、女子スポーツ界としては、3例目となりました。

なお、吉田沙保里さんは、現在、世界大会16連覇中。もちろん、リオ・オリンピックの代表もゲットしました。

 

吉田家のレスリング三昧

「霊長類最強女子」吉田沙保里さんは、突然変異ではありません(笑)。

彼女はスポーツ一家の3人目として生を受けました。3人兄妹の末っ子です。

父・栄勝(えいかつ)さんは、レスリングの元・全日本王者。代表選考試合で敗れ、モントリオール・オリンピックの出場を逃しています。

一方、母・幸代さんは、テニスの元・国体選手。

一流のアスリート夫婦から、吉田家3兄妹は生まれ、育ったのです。

_/_/


3兄妹は、長兄・勝幸さん、次兄・栄利(ひでとし)さん、そして、末っ子の沙保里さん。

そして、父・栄勝さんの影響から、3兄妹は全員レスリングを始めます。

とくに、次兄・栄利さんは、中学・高校と、レスリング全日本王者の実績を持っています。

沙保里さんは・・・言うまでもありません(笑)。

<スポンサーリンク>
 

 

父・栄勝と次兄・栄利について、もう少し情報を

父・栄勝さんは...レスリングの元・全日本王者で、ロンドン・オリンピックのレスリング日本代表コーチ。

次兄・栄利さんは...中学時代、全国選手権で2連覇。高校3年時、国体・選抜・インターハイの3冠達成。大学2年時には、全日本選手権3位。

う〜ん、もの凄い一家ですね。

 

レスリング魂は、甥っ子や姪っ子に伝播していく

で、これだけなら、吉田父母と、兄、沙保里さんは凄いね・・・で終わってしまうのですが、話はこれだけじゃないんです。

吉田栄勝・幸代さん夫婦の孫たち、つまり、長兄・勝幸さんと、次兄・栄利さんの子供たちが凄いんです。

吉田沙保里さんから見ると、甥っ子、姪っ子たちです。


長兄・勝幸さんの子供たち

  • 長男、汰洋(たいよう)君(12)
  • 長女、七名海ちゃん(9)
  • 次男、海人君(7)
  • 次女、湖々末ちゃん(2)


次兄・栄利さんの子供たち

  • 長女、千沙都ちゃん(9)
  • 次女、梨緒菜ちゃん(6)
  • 長男、将悠(まさちか)君(5)

 

_/_/

って、長兄も次兄も子だくさんということじゃないんです。


なんと、この子たち、全員、レスリングをしているのです!!!


って、それだけだと、まだ驚くほどもないけど。


_/_/


この子たち、もっと、凄いんです、強いんです!!!

 

『あさチャン』で、甥っ子や姪っ子の活躍がフィーチャーされた!?

<スポンサーリンク>


5/12の『あさチャン』(夏目三久アナがメインMC)が、長兄の長男、汰洋君に密着取材しました。

汰洋君の夢はオリンピックでの金メダル、そして、吉田沙保里おばさんを超えることなんだそうです。

さらに、亡きお爺ちゃんの「吉田道場」を守る事なんです。

吉田道場の壁には、吉田沙保里さんや、兄弟たちが獲得したメダルがなんと300個も飾られています。

しかし、汰洋君は言います。

  • 出来れば全部駆除して俺だけのを貼りたい。メダルをパーッと飾りたい

 

でも、大会出場するも、小学生になってからは優勝はゼロなんです。

「50戦50敗」のライバルが居るんです。

で、汰洋君は、吉田沙保里さんと、高速タックルの練習を重ねます。

高速タックルは、吉田家の伝家の宝刀ですからね。


_/_/

さて、大会当日です。

第22回、東海少年少女レスリング選手権大会。

 

  • 次兄・長男、将悠(まさちか)君(5)⇒優勝
  • 長兄・長女、長女、七名海ちゃん(9)⇒優勝
  • 次兄・長女、長女、千沙都ちゃん(9)⇒優勝


凄すぎて、びっくりでしょ。


で、当の長兄・長男、長男、汰洋(たいよう)君(12)も、順調にタックルで勝ち、決勝に進みます。

しかし、決勝を前に、汰洋君の様子が変なのです。

なんと、決勝の相手は、予想通り、これまで「50戦50敗」のライバルです。

というより、汰洋君の唯一の壁が決勝戦の相手なのです。

「どうせ勝てない」・・・汰洋君は、そう思ったのかもしれません。

試合開始するも、相手に点を獲られてピンチです。


高速タックルも空振り。さらに絶体絶命。

しかし、なんとか延長戦に持ち込みます。


延長戦はサドンデス。


そして、汰洋君は、「50戦50敗」のライバルに初めて勝ち、優勝を勝ち取ります。

_/_/

汰洋君を含め、出場した甥っ子、姪っ子4人は、全員優勝です。

 

吉田沙保里以降も、吉田家が、レスリング界をリードするか!?

<スポンサーリンク>


吉田沙保里さんの甥っ子、姪っ子たちの強さは、単に遺伝というのではなく、やっぱり環境の良さですね。

そして、明確な目標となる吉田沙保里さんという存在がある。

吉田沙保里さんの、この甥っ子、姪っ子たちは、今後も、要注目です。

東京オリンピックの次のオリンピックには、彼らが大会で大活躍する日が来る・・・かもしれませんから。

そのとき、吉田沙保里さんは、全日本代表コーチかもね。

 

関連記事⇒