未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

サイトに答えはないけど、答えはサイトにある!?



<スポンサードリンク>

朝、【TED】のことを書きました...

あれは、単に【TED】紹介というより、

自分自身の、ある勉強のためだったんです。

それは、どういうことかというと...

サイトの勉強です。

また、ブログ管理人の専門分野、

心の問題を扱うための実践でもあります。

_/_/

こうして毎日記事を書いているのも、

ある意図に沿った、実践です。

 

 

【TED】サイトのトップページ(1頁目)

公式サイトのトップページには、直近の【TED】トークが一面で紹介されています。

2頁以降もたくさんの紹介があるのですが、やはり注目されるのは1頁目です。

それでは、いまリアルタイムな1頁目を、ここに載せます。ご覧下さい。

<【TED】公式サイトのトップページ>

f:id:kanreki7:20160529172414p:plain

(出典:TED公式サイト

 

恐らく、画像の字が小さいので読めないかもしれませんね。とくにスマホでは、全く読めないかも。

スマホの場合、一応、画面を横にしてご覧下さい。それでも「小さい」でしょう。

 

この「小さい」というのは、サイトを作る上で、十分に考慮すべき点です。

 

で、なんとか工夫して、つまりは、上述の「TED公式サイト」のリンクから、公式サイトに飛んで、次の確認をしてみましょう。

 

それは・・・

 

  • この1頁目の【TED】トークのなかで、人気のあるトークはどれか

 

・・・です。それを推測してください。

 

できれば、二番人気のトークも推測してみてください。

 

_/_/

 

この設問は、正解の当てっこではありません。実は、不正解でもいいのです。

 

見当をつけて、それが何故かを考える・・・ということです。

 

【TED】1頁目の1番人気、2番人気のトークは?

 

これをご覧下さい。

 

<【TED】公式サイトのトップページ>

f:id:kanreki7:20160529173125p:plain

(出典:TED公式サイト)

 

左の赤枠が一番人気、そして、右の赤枠が二番人気です。


この1頁目、1トーク当たりの平均のview数は、100万前後です。


凄いですね、【TED】トークすれば、100万人くらいに聞いてもらえるってことです。

選ばれたら・・・の話ですが(笑)。

_/_/


上記の画像だと小さいので、少し大きく画像を載せます。

 

<1頁目の1番人気の【TED】トークの画像>

f:id:kanreki7:20160529173949p:plain


この【TED】トーク、view数は、なんと500万を超えています。

 

<1頁目の2番人気の【TED】トークの画像>

f:id:kanreki7:20160529174048p:plain

この【TED】トークは、view数、200万超えです。

 

問題は、ここからです。

 

  • どーして、「先延ばし魔の頭の中はどうなっているか」は、view数が飛び抜けて、500万超えなのか?

 

  • どーして、「女の子は完璧さよりも勇気を」は、view数が、平均の倍以上の200万超えなのか?

 

サイトに答えはないけど、答えはサイトにある!?

この見出し(=記事タイトルの再掲)を、もう少し、解説すると...

 

  • 「サイトに答えはないけど」
  • 「◎◎◎◎◎◎と」
  • 「答えはサイトにある!?」

 

となります。

で、肝心なのは、この真ん中で、真ん中が意識的(?)に隠れているんです(笑)。

 

で、どーするか・・・ということです。

 

しつこいですけど、答え(大正解という意味)はありません。次に、ブログ管理人が考える答えを書きます。

 

でも、それが正解という意味ではありません。

 

ブログ管理人の考え

まず、それぞれが1番人気である理由、そして2番人気である理由を仮説として立てます。

 

次に、それぞれの【TED】トークを実際に観ます。ある程度、理解できるまで何度も。

 

ここに2つの【TED】トークを掲載しますので、じっくりご覧下さい。

 

<1頁目の1番人気の【TED】トーク>

 

<1頁目の2番人気の【TED】トーク>

 

1番人気の【TED】トークと、2番人気の【TED】トークに潜む、「同じ部分」に気づきましたか?

 

直ぐに判らなくても、「同じ部分」があるはずだということで、繰り返し観てみましょう。

 

すると、「同じ部分」が見つかるハズです。

 

なるほど、それが仮説と合致しているなら、かなりの確率で、その仮説が実践に使えるかもしれません。

 

また、もし仮説と合致していなかったら、どこがどう違ったのを考え、仮説に修正を加えてみます。

 

_/_/

 

いずれにしても、「勇気を持って」、仮説を実践してみます。

 

うまくいったら、何故、うまくいったかを考える。

 

そして、うまくいかなかったら、何故、うまくいかなかったかを考える。

 

 

1番人気と2番人気の【TED】トーク

何回か見ると、重なる部分、「同じ部分」が見つかります。

 

そして、それが見る者のニーズと合致しているのではないかということにも気づくかもしれません。

 

そして、1番人気と2番人気のテーマは、底流の部分で繋がっています。話術とかそういうことではありません。

 

テーマとして重なる部分があるということです。互いに補完しあうような関係性もあるかもしれません。

 

以上、正解ではありませんが、興味をお持ちになりましたら、チャレンジしていただけると嬉しいです。

 

関連記事⇒