未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

gmailアドレス1つでツイッターのアカウント量産は...バカです(笑)



<スポンサーリンク>


一時期、流行った方法!?

「gmail ツイッター」で検索すると

gmailアドレス1つでツイッターを

量産できるっていう記事が...

 ゾロゾロでてきます。

 

 

最初に結論を...

  • gmailアドレス1つでツイッターのアカウントを量産する

このやり方、昔、一時的には効果的でした。

しかし、現在では、絶対にお奨めできない方法なのです。

 

昔流行った、「gmailアドレス1つでツイッターのアカウント量産」とは!?

<スポンサーリンク>

 

gmailのエイリアス機能」を使って、ツイッターアカウントを複数つくることです。

 

(1)gmailアドレスのエイリアス機能とは?

gmailアドレスは1つで、複数のメールアドレスとして使い回すことが簡単にできます。

 

通常、メールアドレスというものは、1つのアカウントに対し、1つのメールアドレスが呼応しています。

 

だから、複数のメールアドレスが欲しいとなれば、複数のアカウントを作る必要があります。

 

しかし、gmailならば、1つのアカウントで1つのメールアドレスを作れば、それを基に、複数のメールアドレスを使うことが出来るのです。

 

これがエイリアス機能(別名アドレス機能)です。

 

どういうことかというと...

  • username@gmail.com

というメールアドレスを取得したとしましょう。

 

これを基に、「+」(プラス)文字を使うと、複数のメールアドレスが直ぐに作れてしまいます。

  • username+任意の文字列@gmail.com

こんな具合にです。

 

そして、このメールアドレスを使うと、送受信のすべてが、username@gmail.comで行うことができます。

 

ちょっと判りにくいかもしれませんので、もう少し解説を。

 

会社名@gmail.comというメールアドレスを作ったとしましょう。

 

で、インフォメーション用、広告用にそれぞれ、メールアドレスを作ります。

  • 会社名+info@gmail.com
  • 会社名+ad@gmail.com

 

ということは...つまり、極端な話、

  • 会社名+1@gmail.com
  • 会社名+2@gmail.com
  • 会社名+3@gmail.com

等々、ほぼ無制限(?)にメールアドレスを簡単に作れることができるのです。

 

これがgmailのエイリアス機能です。

 

他のメールシステムには、「ない」、あるい意味便利な機能です。

 

(2)ツイッターアカウント作成にはメールアドレス登録が必須

そもそも、ツイッターアカウント作成にはメールアドレスが必要。

 

そして、メールアドレスの使い回しができない、つまり、他のツイッターアカウントに使用したメールアドレスは、次につくるアカウントでは使用できません。

 

だから、10個、ツイッターアカウントを作りたい場合、10個のメールアドレスが必要なのです。

 

そして、メールをやっている人は、複数のメールアドレスをつくるのが簡単ではないことは、理解されていることと思います。

 

実は、gmail以外で、複数のメールアドレスを瞬時に作ってしまう方法もありますが、ココでは書きません。

 

(1)と(2)から、gmailエイリアスを使えば、ツイッター複数アカウント作成が楽勝!?

当然の帰結です(笑)

 

1つのアドレスがあれば、エイリアス機能で、10個のメールアドレスが直ぐにつくれるのですから、「gmailは超便利だぞ!」という次第です。

 

以上が、

  • gmailアドレス1つでツイッターのアカウントを量産する

の中身です。

 

ところが、現在、これをやってしまうと、大きな問題があるのです。

 

<スポンサーリンク>
 

 

現在、gmailアドレスのエイリアスでツイッター運用するとどういう問題があるのか?

それは次の2点です。

  • 連鎖ロックしやすくなる
  • 連鎖凍結しやすくなる

 

基本的なことですが、ツイッターは、アカウントを量産して運用することを原則、認めていません。

 

だから、「同じ人がたくさんのアカウントを運用しているぞ」・・・とツイッター側にバレると、そのアカウントたちの使用を停止してきます。一方的&強制的にね(怖!)。

 

そして、ツイッターがアカウントの使用を停止する方法が2つあるんです。

 

それが、凍結、そして、ロックです。

 

凍結とは?

凍結というのは、「複数アカウントの運用などルールにハズレた運用をしている」と目を付けられ、「あなたのアカウントは、もう使えません!」と宣言され、アカウントの運用ができなくなることです。

 

凍結には、何段階かあります。複雑なのですべては書きませんが、大きく2つあると考えて下さい。

 

一時的な凍結。

 

これは、「凍結解除申請」というのをやれば、その申請が通って、凍結が解除されることがあります。

「凍結解除申請」のやり方については、ネットで検索してください。

 

_/_/

2つ目は、永久的な凍結。

 

これは、もうそのアカウントの運用は永久的に停止され、金輪際使えないよ!という状態です。

 

こうなったら、逆立ちしても、もうそのアカウントは使えません。そのアカウントのフォロワーが多くて、あるいは大事に運用してきたのに・・・などと言っても、後の祭りです。

 

もうそのアカウントは捨て去るしかありません。

 

_/_/

 

ところで、問題なのは、凍結された時点で、それが「一時的な凍結」か、「永久的な凍結」はわからないということです。

 

「凍結解除申請」をして、ツイッター側からの返信で、はじめて、それが「一時的か、永久的か」が分かります。

 

経験的には...

 

凍結された場合、凍結解除申請して復活できる、つまり、また使えるようになるのは、1割もないかもしれません。

 

ただし、ツイッターの運用の仕方、使い方にもよりますけどね。

 

ロックとは?

一時的に、アカウントの使用を停止することです。

 

凍結(=強いお仕置きです!)まではいかないけど、「あんた、ツイッターのルール違反してるでしょ!?」と目を付けられ、一時的なお仕置きをされるような状態です(笑)。

 

アカウントがロックされると、アカウントにログインした段階で、次のどちらかが求められます。

  • パスワードの変更を求められる(以下、「L1」と表記)
  • 携帯電話番号登録を求められる(以下、「L2」と表記)

 

「L1」は、割と簡単に対処できるロックです。

 

パスワードを変更すればいいだけですから。

 

ちょっと大変なのが、「L2」です。

 

なんせ、携帯電話番号登録をしなくてはならないからです。

 

ロックされた場合の、有効な対処があるのですが、ココでは書きません。ネット検索してください。

 

連鎖凍結、連鎖ロックって何?

上述の連結、ロックが、手元のアカウントで複数同時に起こることです。

  • 持っていたアカウントの大半が凍結してしまった!
  • 持っていたアカウントの大半がロックしてしまった!

なんてことは、ここ数年、ざらにあることです。

ツイッターユーザーの世界では、「凍結祭り」「ロック祭り」などと呼称され、年に何回は「盛大な祭り」が開催されているようです(泣)。

_/_/

ちょっと長くなりました。

 

gmailのエイリアス機能を使って、ツイッターアカウントを複数作成して運用すると、「私、たくさんのアカウントを運用していますよ!」というのがモロバレになります。

 

結果、ツイッター側から目を付けられ、「連鎖ロック」「連鎖凍結」の魔の手が忍び寄ります。

ほぼ確実にね。。。


なので、数年前なら、「gmailエイリアス機能でツイッターアカウント量産」は良いアイデアだったのですが、現在では、全くお奨めできない方法になってしまいました。

勇気のある方は、後々苦労することを承知で、実験してみてください(笑)。

 

それでは、gmailを使うこと自体、ダメなのかというと...

実は、違うのです。

 

ツイッターで複数アカウントを運用したいなら、やはりgmailをつかう「べき」なのです。

 

ただし、もちろん、gmailのエイリアス機能を使うわけではありません。

 

gmailアドレス自体を、「フツーに量産」して使うのです。

 

ただし、「フツーに量産」の「フツー」というのが「普通」のやり方じゃないんです(笑)。

 

これについては、ネット検索しても出てこないと思います、残念ながら。

 

しかし、その秘技はココには書きません。

 

まとめ

ツイッターアカウントを複数運用する場合、gmailのエイリアス機能を使ってはいけません。

 

それをやってしまうと、連鎖凍結、連鎖ロックのリスクが高まります。

 

連鎖凍結、連鎖ロックのリスクを極力さげて、ツイッターアカウントを複数運用する、恐らく、今のところ、唯一の方法は、gmailを「フツーに量産」して使うことです。