未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

能町みね子〜『久保みねヒャダこじらせナイト』出演ちう〜大好きです!!



<スポンサーリンク>


能町みね子さん、いいすねっ!!

 

毎土曜日夜(正確には日曜深夜)放送の

『久保みねヒャダこじらせナイト』

(フジテレビ系列)を録画。

理由は、能町みね子さんが好きだからです。

いいっすよね、能町みね子さん。

著書も、いろいろ読みました。

相撲雑誌の掲載記事も読んでます!

 

このおばさん、誰!?(失礼)

 

2014年3月に『笑っていいとも!』(フジテレビ系列が終わり、タモリさんの番組として、その年の10月に始まる『ヨルタモリ』(フジテレビ系列)を首を長くして待っていました。

待ち遠しかった一つの理由は、タモリさんが好きだから。そして、二つ目の理由、それは一つ目と同じくらいの理由なんですが、宮沢りえさんが好きだから...。

その前年の夏(2013年)に、宮沢りえさん主演の舞台『盲導犬』を見て、感激していたんです。2時間くらいの舞台に、ほぼ出ずっぱりで、長いセリフを言う...。どんだけ頭のイイ人なんだろうと...。

そういえば、『盲導犬』は、5月に鬼籍に入られた蜷川幸雄さん演出の舞台でした。宮沢りえさん、蜷川チルドレンだったんですね。

_/_/

 

さて、話を『ヨルタモリ』に戻して。。。

『ヨルタモリ』、初回から、気になった人が出演していたんです。そして、初回だけだと思っていたら、2回目も、3回目も出ている。そうかぁ、レギュラーなんだ、この「頭パツキンのおばさん」(失礼!)。

『ヨルタモリ』は、想像していた以上に楽しめる番組でしたが、なかでも、その「頭パツキンおばさん」が気になって、気になって...。

で、誰なのこの人? ということでネット検索しました。

 

<スポンサーリンク>
 

 

能町みね子って...

 

プロフィール

生年月日:1979年3月17日(37歳)
出身:北海道
最終学歴:東京大学教養学部
(出典:Wikipedia)

 

f:id:kanreki7:20160612171643j:plain

(画像出典:buzz-press.com)

 

なるほど、なるほど、能町みね子さん、東大・教養学部卒で、出生は男。ん?

 

そうなんです、能町さんは性同一性障害で苦しんだそうです。

 

大学を出てからは、身体上&戸籍上の性が男性であることを隠しOK生活を送り、そのときのアレやコレやを元に『オカマだけどOKやってます。』という著書を出しています。

 

その後、性別適合手術を受け、戸籍上も女性となり、当時やっていたブログの名前が「オカマじゃんかうなりました。」に変更したとか。

 

なかなか、すんごい人生を歩んできた方です。

 

能町みね子さんの書籍読みました

 

前述した、あの有名な(?)著書。。。

『オカマだけどOLやってます。』

 

<スポンサーリンク>

 


いやはや、中を読むと...いろんな苦労を重ねたんですね(笑)。

こんな感じの一文たちがぁ...。

 

(会社に)入ったばかりのころは、何かのきっかけでチン子つきの事実がバレやしないかと内心は不安でドキドキでした。いや、今でもたまに不安です。

 

とか

 

オーエルになるにあたっていちばん心配だったこと。それはアレです。例の。トレイのすみにスタンバイしている小箱のアレだ。セーリさん。

 

あるいは...

 

唐突なおはなしですが、私は、いま、通り魔とかにぜったいに殺されたくない。交通事故で不慮の死なんて絶対にイヤだ。(中略)交通事故の場合、たとえば、下半身に大ケガって場合に、一刻を争うってことで救命士の方が服をぬがしたりして、ああ、そしたら、女だと思ったらこの人チン子ついてるやん! マジかよ! ...みたいな。(中略)こっちは死にそうなんですから、ギャグ飛ばしている余裕なんかないんですから。大まじめに生きていますがチン子もついてます。

 

う〜ん、全編、考えさせられること満載そして、笑いも満載です。

 

_/_/

 

もう1つ。

 

能町みね子さんは、筋金入りのスー女(大相撲ファンの女性)なんです。

 

発言を読んだり聞いたりしていると、昔から、大相撲が好きで造詣が深いことが良く分かります。

なので、月刊雑誌『相撲』の対談なども読みました。


能町みね子さん、やはり頭いいし、発言の切り口が独特で面白いですよね。

 

能町みね子さんの書籍などを読めば読むほど...

 

能町みね子さんのファンになり、そして、『ヨルタモリ』を毎週見るのが一層、楽しくなりました。

しかし、『ヨルタモリ』は、一年契約だったとかで、2015年には終了。


『ヨルタモリロス』ならぬ『能町みね子ロス』を感じていたんです。


そうしたら、同じくフジテレビ系列で『久保みねヒャダこじらせナイト』をやっていることを知り、今に至る・・・です。

 

『久保みねヒャダこじらせナイト』とは!?

 

これは漫画家の久保ミツロウさん、音楽プロデューサーのヒャダインさん、そして、エッセイスト(?)の能町みね子さんのトーク番組です。

 

非常にゆるーい、そして、特段のルールもなさそうな、気軽な番組です。

 

久保さん、ヒャダインさんたちとの息もピッタリ。

 

3人が大好きなPUFFYに「歌って欲しい無茶苦茶な歌」を3人で作って、結局、PUFFYのコンサートで歌ってもらっちゃったり・・・もうやりたい放題のステキな番組です(^_-)

 

これからも、能町みね子ウォッチャーとしては、録画必須で同番組と能町みね子語録を楽しみます・・・ね。

 

 

この記事もよく読まれています⇒