未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『ブリジット・ジョーンズの日記』がアラフォーになって、てんやわんやで再登場する!?



<スポンサーリンク>


『ブリジット・ジョーンズの日記』が帰ってくる!

ベストセラー小説の映画化、

アラサー女性の恋愛日常を描いた

『ブリジット・ジョーンズの日記』が...

 主人公がアラフォーになって再登場する!?

 

 

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』とは

これはイギリスの作家、ヘレン・フィールディングによる同名のベストセラーが原作です。

内容的には、ロンドンで働くアラサー独身女性、ブリジット・ジョーンズの恋物語です。

2001年、レニーゼルウィガー主演で映画化されました。

さらに、2004年には、同じキャストたちで『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』として続編が公開されました。

あれから12年、一昔が経ち...

 

<スポンサーリンク>
 

 

主演、レニーゼルウィガーについて

プロフィール

生年月日:1069年4月25年(47歳)
出身:米国テキサス州
主な作品:( )は公開年

  • 『ペティ・サイズモア』(2000年)
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年)
  • 『シカゴ』(2002年)
  • 『コールド・マウンテン』(2003年)
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(2004年)

(出典:Wikipediaより)

 

<スポンサーリンク>

 


レニーゼルウィガーですが、上記出演作品のうち、『ペティ・サイズモア』でゴールデングローブ賞主演女優賞受賞、『シカゴ』で同賞主演女優賞、『コールド・マウンテン』で同賞助演女優賞を受賞します。

一方、アカデミー賞のほうはというと、『ブリジット・ジョーンズの日記』で同賞主演女優賞ノミネート、『シカゴ』で同賞主演女優賞ノミネート、『コールド・マウンテン』で同賞助演女優賞にノミネートと、演技の評価は高く、そして、『コールド・マウンテン』では、見事に、アカデミー助演女優賞を受賞しました。

 

『ブリジット・ジョーンズの日記』第3作の内容は...

小説の第3弾では、前作で結ばれたマーク・ダーシー(コリン・ファース)との間に2児を授かり、てんやわんやのものがたりなんだそうです。

なんと、マーク・ダーシーは、事故で亡くなるという設定です。

また、主演キャラクターの1人であるダニエル・クリーパーを演じたヒュー・グランドが出演辞退で、まさに「てんやわんや」の制作なんだそうです。

つまり、映画第1弾、第2弾で活躍した男性主要キャラクター、マーク・ダーシー(コリン・ファース)とダニエル・クリーパー(ヒュー・グランド)が居なくなってしまうのです。わぉ!!!

で、子供もできて、夫がなくなり、仕事もして、恋もして・・・

ということで第3弾のタイトル

『ブリジット・ジョーンズの日記 恋に仕事に子育てにてんやわんやの12ヶ月』となるんだそうで。


ただし、このタイトルは、書籍のタイトルです(笑)。

 

<スポンサーリンク>

 


ちなみに、映画第3弾の原題(タイトル)は、『Bridget Jones's Baby』です。

今のところ、映画第3弾のタイトルは『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』なんだとか。う〜ん、キャッチコピーとしては、いま一つ。。。

なお、第3作は、10月に全国公開の予定です!

 

『ブリジット・ジョーンズの日記』はR−15指定だった!?

実は、『ブリジット・ジョーンズの日記』公開時、R−15指定だったんです。

えっ!? そんなにエログロ・・・じゃないんです(笑)。


実は、この映画、喫煙・飲酒シーンが多いため日本公開時には中学生以下は鑑賞できないR−15指定になりました。

ちょっと過剰反応すぎると感じるのは、ブログ管理人だけでしょうか。。。

ポスターや映画のチラシにも「ブリジットのライフスタイルを真似ると、貴女の健康を損なう恐れがあります。」と観客への注意喚起が印刷されたんだとか。

おひおひ、日本の観客は、そんなバカじゃないでしょ!!


で、第3弾はどうなるんでしょ。

「ブリジットの子育て」を決して真似ないでください・・・かな(笑)

 

おまけ

小説第3弾では、ブリジット・ジョーンズは51歳2児の母です。だから、正確に書けば「アラフォー」ではなく、「アラフィフ」です。

でも、映画第3弾のニュースでは「アラフォー」なんです。

このあたり、映画は小説第3弾と脚本上の違いがあるのかもしれません。詳しくは・・・分かりません(泣)。

 

 

おまけ2

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』の第1作、第2作については、映像配信サービス「hulu」の「14日間無料視聴」を使って、いますぐ視聴することが可能です。

詳しくは、こちらをどうぞ。

 

bstyle.pw