未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『笑点』、三遊亭円楽を救う!?互助会精神を発揮し、不倫を笑い飛ばす!?



<スポンサーリンク>


今年、唯一成功した不倫会見!?

今年も芸能人たちの不倫会見が繰り返されています。

そんななかで、『笑点』メンバー、三遊亭円楽も

自業自得で、フライデーの餌食になりました。

「浮気も芸の肥やし!?」を地で行くような会見で、

三遊亭円楽師匠は平謝りしながらも、

面白おかしい会見で、ギスギス感は全くなく

フツーの不倫言い訳会見とは全く違うものでした。

 

 

 

まず、三遊亭円楽がやらかした不倫騒動について

写真週刊誌『フライデー』に、円楽師匠が錦糸町のラブホテルに女性と入るところを激写されました。


それが6/10号に掲載され、世間の明るみに...。


今年になってから、落語家の不倫騒動は、桂文枝の不倫騒動に続き、2人目です。


桂文枝師匠の場合は、ジワジワと炎上&延焼が長く続きました。一方、円楽師匠の場合は...

 

どうして三遊亭円楽の不倫は炎上しなかったのか? 

<スポンサーリンク>


まずは、タイムリーに会見を実施したことです。


この場で、ほとんど言い訳をせず、平謝り。

 

そして、記者の求めに応じて、ちょいちょい面白いことをぶっ込む(笑)。

 

この「記者の求めに応じて」というところが肝心です。

 

_/_/

 

最近の週刊誌発の不倫報道では、当事者が記者会見をしても、さらに炎上し、週刊誌が、二の矢、三の矢と続け、騒動が炎上&延焼することが、ほぼお決まりのようになっていました。

 

しかし、三遊亭円楽師匠の場合は、さらなる炎上も延焼(⇐ここ笑うところです!)もなく、見事に鎮火しました。

 

 

次に気になるのは『笑点』の収録ですね

<スポンサーリンク>


フツーなら、どの面さげて『笑点』出演なんだよ(怒)となるところですが、さすが『笑点』。

 

傷持つ者同士の互助会精神を発揮し(?)、見事、三遊亭円楽師匠を助け、無事収録を終えました。

 

その放映は、昨日、7/3にありました。録画して、見直してみましたが、ホント、旨い、旨すぎます。

 

百点満点の互助会パワーによるリカバリーですね、大したものです。これイヤミでなく、ホント、芸人パワーは凄いです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

『笑点』冒頭から、円楽師匠を弄り倒し!!

7/3の放映は番組構成を変えてきました。


通常なら、漫才などを15分、大喜利を15分というところですが、この日はまるまる30分が大喜利です。


恐らく、視聴者の多くが、不倫後、三遊亭円楽がどうテレビに出るかをある意味期待していました。


なので、まるまる30分を大喜利に当てるというのは、なかなかの英断だし、いい対応です。


逃げるのではなく攻めで乗り切る作戦」ですね。

 

_/_/

 

番組冒頭の司会者、春風亭昇太師匠が、何も言わずに、山田くんに


「円楽さんの座布団、ぜんぶ持ってけ!」

 

と言います。これで、場内爆笑。つかみはOK。

 

そして、この昇太師匠による冒頭の「円楽弄り」から始まって、ほとんどのメンバーが、次々に円楽の不倫問題を弄り倒します。

 

見る者はもう笑っちゃいますから、これを見る限り、再炎上も延焼(⇐!)もない、と確信しました。

 


流石、苦労を重ねてきた落語家集団

落語の稽古は、とても厳しいと聞いています。

 

また、いろんな点で機転を効かせられるようでないと生き残れない世界なのかもしれません。

 


『笑点』メンバーは、三平、たい平を除くと、みんな落語界の超ベテランメンバー。

 

酸いも甘いも知り尽くした連中です(笑)。

 

大喜利で、三遊亭円楽の不倫を笑い飛ばしてしまおうの意図、みえみえでしたが、それがそのまま功を奏したようです。

 

_/_/

 

なるほど、『笑点』って、互助会機能もあるのね・・・と笑えた30分でした。