未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

篠田麻里子のドラマの評判がヤバい!?



<スポンサードリンク>

篠田麻里子、ドラマ『ON』の初回で殉職!?

波瑠さん主演の刑事ドラマ

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』

篠田麻里子さんが主役の親友で登場するも...

初回の半ばで殉職、レギュラーならず(泣)。

 

 

 

篠田麻里子のドラマにおける演技の評判は!?

<スポンサーリンク>

 

ツイッターの意見をいくつかピックアップしました。

  • 篠田麻里子演技下手で…台詞読むのって難しいんだね…
  • 篠田麻里子の演技を見て絶句
  • 篠田麻里子の演技おもしろいんだけど
  • 篠田麻里子滑舌悪くて聞き取りにくい。
  • 篠田麻里子ちょと酷すぎるなw
  • 篠田麻里子って演技上達しないねえw
  • 篠田麻里子びっくりするほど演技初心者っぽいな

げっ、悪口満載、可哀想過ぎです...。

 

他にネットでは、

  • セリフ棒読み
  • 演技ベタが一向に改善されない

などとも言われています。残念ながら、いいとこなしです。

 

所属事務所の指示がきつい!?

恐らく、篠田麻里子さんを教育する目的か何かがあるのでしょう。


所属事務所の指示で「元AKB48」という肩書きを使うのはNGなんだとか。


また、卒業後にデザイナー的な肩書きもありましたが、プロデュースブランドの営業停止騒動後には、その「デザイナー」の肩書きも使用御法度になりました。


そんなこんなで、篠田麻里子さんは、「女優」に力を入れざるを得ないのですが...。

 

もともと、女優業には積極的でなく、どうもエンジンのかかりが遅すぎるようです。

 

<スポンサーリンク>

 
 

下手だ下手だと言われているうちが華なのに

「下手だ」と言われているということは、「下手でも起用されている」ということです。


だから「演技が下手だ!」と言われているうちに、努力して頑張る必要があるわけで...。

 

チャンスなんですけどね。

 

バーターで仕事が来ているうちに頑張らないと...

スポーツ紙記者の話によると...


最近の篠田麻里子さんの女優としての仕事は、バーター出演ばかり。。。なんだとか。

 

1月出演の2時間サスペンス『土曜ワイド劇場 臨場する女 捜査検事 雨音香』(テレ朝)は、同じ系列事務所の主演女優・稲森いずみのバーターだと言われています。


また、6月からAmazonプライムビデオ配信中のドラマ『はぴまり~Happy Marriage!?~』は、同じ事務所の藤原紀香のバーターだと言われています。


その記者によると、最近の篠田麻里子さんの女優の仕事は「バーター出演ばかり」なんだそうです。


でも、さきほど書いたように、バーターでも仕事があるうち、そして、下手だ下手だと言われながらも、出演できるうちが華であり、いまがチャンスなんです。

 

それをご本人がどれほどわかっているのか。

 

 

映画も大コケ!?

初の主演映画『リアル鬼ごっこ』は興行的には大コケ状態でした。

 

すべての責任を篠田麻里子さんに負わせるのは無理がありますが、少なくとも、「大コケしてしまう女優」というレッテルは付いてしまうわけで...。


4月公開だった『テラフォーマーズ』も、映画評では振るわないですね。

 

これも篠田麻里子さんだけの責任ではありませんが。。。

 

篠田麻里子のニーズがなくなった!?

篠田麻里子さんのTwitterは240万人以上のフォロワーがいるんだとか。

 

しかし、リツイートは数百単位。240万もフォロワーがいるのに、このリツイートの少なさは、業界通は「篠田麻里子の需要は、ほぼない」と分析しています。

 

ドラマ関係者の話によると「女優として何か光るものを持っているわけでもなく、礼儀や愛想面でも特に惹かれるものがあるわけじゃない。いくらバーター出演可能といっても、現場は『お荷物にならないのであれば……』というのが本音なのです。

 

実は、AKB48出身者は、思いの外活躍していないのです。前田敦子さんしかり、大島優子さんしかり。


元AKBメンバーの卒業後の女優転向は芳しくない結果が続いているのです。


しかし、こと篠田麻里子さんに関しては、さらに悲惨な状態となっているのです。

 

かつての栄光が通じない世界...

篠田麻里子さんは、AKB在籍時、端正なルックスとスタイルからグループ内で確固たるポジションを確立していました。


2009年から始まった「AKB48選抜総選挙」では第1回が3位、第2回が3位、第3回が4位、第4回が5位、第5回が5位、と安定した人気を誇っていたのです。

 

しかしいまや、「女優の篠田麻里子は落ち目すぎる」と話題になっています。

 

かつての大人気アイドルも、卒業からたった3年足らずで、今やネットでは「あ、まだいたんだ」「芸能活動してるの? まったく見ないんだけど」「調子こきすぎてた天罰だね」などとひどい言われよう...です。

 

波瑠主演『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』では殉職

冒頭に書きましたが、7/12スタートの波瑠さん主演の刑事ドラマに篠田麻里子さんが出演。


おおぅ、レギュラーなんだと思っていたら...初回2時間スペシャルで、半ばで早々に殉職です。


ラストの演技は、遺体でした(泣)。

 

そんな扱いなのに、彼女はTwitter「ON 楽しかった〜」のようなつぶやきをしています。


悔し涙で眠れないくらいにならないと、かつての栄光が復活することはないのかもしれませんね。

  

関連記事⇒