未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

「のん」(能年玲奈)、事務所との騒動、その後...??



<スポンサーリンク>



能年玲奈が、「フライデー」誌上で改名を発表!?

写真週刊誌「フライデー」2016年7月29日号で

能年玲奈さんは、インタビューを受けて、

「のん」に改名したことを明かしました。

いきなり、改名って何???という感じですがぁ...

 

 

 

能年玲奈が「のん」に改名した背景は...?

<スポンサーリンク>

 

「フライデー」インタビューの冒頭、能年玲奈さんはこう話します。

 

  • 能年...ではなく「のん」になりました。ちょっとトボけた感じですが、ひらながで「のん」です。
  • いろいろありまして...能年玲奈は本名なんですけど、芸名を改めてかつどう することになりました。

 

前事務所レプロ(※1.)と、契約問題でこじれている能年玲奈さん。

(※1. レプロ側は、まだ契約は継続していると主張していますが、ここの記事では「前事務所レプロ」と記載します)

 

能年玲奈さんはストレートな物言いをしていませんが、この発言から見えてくるのは、「前事務所レプロとの関係で、本名ではあるが芸名としても使っていた<能年玲奈>が使えない」ということなのでしょう。


契約の問題は当事者間のことですから、能年玲奈さんがいいとか、事務所がいいとか、うかつなことは言うつもりがありません。

 

実際に、何が真実であるか部外者には計り知れないことですから...。

 

_/_/

 

ネットに溢れている情報によると、前事務所側は、まだ能年玲奈さんとの契約は継続しており、あと1年半は契約期間が残っていると主張しています。

 

一方、能年玲奈さんは、5月末日で契約が終了したという認識です。

 

_/_/

 

そんな能年玲奈さん、『フライデー』インタビューのラストのほうで、こう語っています。

  • 現状、お仕事は何も決まっていません。
  • でもわくわくしています!
  • 「表現したい!」という想いが漲っているんです。
  • あくまでベースは女優。
  • 私自身を造っているものだと想っています。
  • 女優業をもっと鍛錬して、その延長線上にあるものとして、モノ作りもやっていきたいなって思ってます。

 

そして、こう結んでいます。

 

  • ブログ(レプロが関わっているブログは5月で投稿が終わっています)もインスタグラムも始める予定です。
  • そのときはまた、お知らせしますね。

 

なるほど、いま、唯一の表現の場であった「ブログ」も「ない」状態なのですね。

 

それが同情すべきものなのか、能年玲奈さんの自業自得なのか、それは判りません。

 

そもそもの騒動の発端は?

能年玲奈さんが前事務所レプロとこじれた発端は、能年玲奈さんの個人事務所設立にあります。

 

レプロには内緒というか無断で、個人事務所を立ち上げました。

 

_/_/

 

能年玲奈さんが立ち上げた会社名は『三毛&カリントウ』という社名です。

 

ものすごく変わった名前ですね(笑)。

 

資本金は300万円、代表取締役は能年玲奈さん自身です。

 

そして、会社登記簿を見ると、役員欄には、能年玲奈さんを洗脳したと言われている「魅力開発トレーナー」滝沢充子さんの名前が記載されていました。


そして、会社の目的に「芸能プロダクションの経営」とありますので、まさに、独立して個人事務所設立という形なわけです。

 

_/_/

 

滝沢充子さんに能年玲奈さんが洗脳されたという記事もたくさん出ました。

 

直近では、能年玲奈さんのお母様が洗脳はなかったと話しているとか。

 

洗脳云々の話は、別の記事で書いています。本投稿の末尾に「関連記事」として明示してありますので、ご参照ください。

 

_/_/

 

話を契約騒動に戻して...。

 

前述の経緯を見る限り、個人事務所は独立のようにも感じます。

 

能年玲奈さんは、独立ではないと主張するものの、レプロが認めるわけもなく、そこからこじれにじれた次第です。

 

そして、気がつけば、仕事が一切なくなった。

 

仕事がなくなった経緯としては、レプロが仕事を取ってきても、能年玲奈さんが一切応じないということもあったとか言われています。

 

_/_/


繰り返しますが、真実は、当事者しか知るすべもなく、私たちは、能年玲奈さんがドラマから、映画から、CMから消えてしまったという状態を目にするだけです。

 

そして、今、騒動はどうなっているの!?

能年玲奈さんは、「6月末」で前事務所レプロとの契約は終了したと主張しています。


しかし、前事務所レプロは、前契約期間がきちんと履行されていないので、契約書の契約期間は過ぎたものの、契約不履行部分があり、契約未消化分、すなわち、まだ1年半の契約が残っていると主張しています。


そして、この契約問題については、レプロは「現在までその解決に至っておりません」と明言するとともに、法的対処も含めて検討中とのことです。

 

ブログ管理人の勝手で個人的な想い

ブログ管理人は、『あまちゃん』をリアルタイムでは一度も見ませんでした。

 

『あまちゃん』放映が終わった後もあまりにも人気が沸騰しているので、急遽「NHKオンデマンド」を契約して、一気に2週間くらいで全話を見ました。

 

もう猛烈に短期間でファンになりました(笑)。

 

そして、まだまだ未完成な女優、能年玲奈さんの今後の成長が楽しみだと考えていました。


そんなところに、降ってわいたように、独立問題&契約問題が起こって、徐々に、能年玲奈さんが表舞台から消えて今に至る。

 

少し残念な気もしますが、能年玲奈さんは、もう成人ですから、仕事関係の契約については、自らきちんんと解決する責任があります。

 

ましてや、自ら代表取締役となって事務所を構えているのですからなおさらです。

 

今後は、復活を期待するも、静観するしかないな、そう思っています(残念!)。

  

関連記事⇒