未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

今井絵理子「当選ありえない」...という意見がありますが、それは「違う」でしょ!?



<スポンサーリンク>



元スピード、今井絵理子が参議院議員に!?

先の参議院選挙に立候補した

元スピードの今井絵理子さんが

比例代表で当選し、議員となりました。

当選後のインタビューなどから、

今井絵理子さんを強く批判する声が

多方面からあがりましたが、

それをもって「当選はありえない」

というのは全く「違う」と思うのです。

 

 

 

当選後の今井議員の発言などについては...

別記事で書きましたので、そちらをご覧ください。

この投稿の末尾に「関連記事」で紹介させていただいています。

<スポンサーリンク>

 

_/_/

 

重要なことは、

  • 今井さんが議員になったという事実

です。


議員としての見識に不安があったとしても、そして、それが比例代表であろうが、選挙民が選んだ結果、今井さんは議員になったわけです。

 

それを今更、議員としての資質云々で批判するのは、間違っていると思っています。

 

<スポンサーリンク>
 

タレントが勉強もせず議員になる!?

ブログ管理人は、これについては感情的には「いやだな〜」と思っています。

 

_/_/

 

直近では、都知事選挙にタレントが立候補しようとしていました。


おひおひと思いましたが、それで与党や野党がまとまって推薦してしまえば仕方ないのです。


都民にはタレントが立候補するのを辞めさせる手立てはありませんし、そういう権利もありませんから。


国政の議員についても同じです。

 

_/_/

 

ところで、問題は、政治をする資質を無視して党公認で立候補させる政党のほうだと思っています。


また、制度として、比例代表があるわけで、大きな集票が出来そうな候補者を立候補させようという動機も理解できます。


つまり、制度にも問題がある...そう思っています。

 

タレント出身の議員に期待すること

以下は、これから勉強するという今井絵理子議員についても同じです。


そして、タレント出身でなくても、新しく議員になった方々に期待することです。


_/_/

 

それは、国政レベルの問題点をプライオリティをきちんとつけて、どうすべきかという大きな観点から、その諸問題の改善に邁進していただきたいということです。


勉強する、研究するなどということは「プロ」として当たりまえです。


これまで出来ていなかったのなら、これから真摯にやっていただくだけです。


とにかく議員として所属の党に対してではなく、「国・国民に対して、目に見える貢献をしていただきたい」そう願うばかりです。

  

関連記事⇒