未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

能年玲奈「のん」改名、確定!?



<スポンサーリンク>



7/22発売『FRIDAY』で続報が...

先週号に引き続き、能年玲奈さんの

改名のことが『FRIDAY』に掲載。

「のん」改名騒動の続報です!!!

先週の『FRIDAY』による、

突然の改名告白記事は衝撃的でした。

身から出た錆かもしれませんが、

少し同情もしました...。

 

 

 

7/15発売『FRIDAY』の復習(笑)

<スポンサーリンク>

  

独立・引退騒動から1年
消えた「あまちゃん」主演女優が沈黙を破った!
(以上、『FRIDAY』の冒頭コピー)

 

そして、「のん」に芸名を改めて再出発しますとの大書が。

 

なんと7時間密着のインタビュー&独占撮り下ろしです。

 

_/_/

 

インタビューの冒頭はコレです。

  • 能年...ではなく「のん」になりました。ちょっとトボけた感じですが、ひらがなで「のん」です。
  • いろいろありまして...能年玲奈は本名なんですけど、芸名を改めて活動することになりました。

 

_/_/

 

あとは、結構たわいもないインタビューで、改名に至った理由には触れていません。

「いろいろありまして...」だけです。

 

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

7/22発売『FRIDAY』の改名騒動、第2弾

実は、第2弾でも、事の次第は「のん」から語られることはありませんでした。

 

でも、推測するに、前事務所との契約の関係から、本名であっても、芸名として使っていた「能年玲奈」が使えなくなったのでしょう。

 

情報によると、6月の契約更新(能年玲奈側はこれに応じず、契約は終わったとの認識)時において、前事務所は、いまだ履行されない部分で契約が残っていると主張。

 

そして、契約更新するかしないかに関わらず、契約により、能年玲奈を芸名として使う場合は、事務所の許可が必要だと、「のん」側に申し入れた模様です。

 

その申し入れに従い、「能年玲奈」が「のん」に改名したということです。

 

本名でも契約に基づき、使用できないのか?

これについては、異なる解釈があるようです。

 

なので、裁判で争えば、本名の「能年玲奈」を引き続き芸名として使用できるこ可能性もあります。

 

しかし、能年玲奈側は、それを選択せず、「のん」に改名をすることを選んだわけです。

 

従来の芸名「能年玲奈」の浸透度から考えると、「のん」の改名は、かなりの痛手です。

 

改名以上に心配なこと

改名以上に心配なことは、現事務所(「のん」の個人事務所〜事務所名は変えたようです)で、仕事を取れるか...ですね。

 

よほど力のあるマネージャーがいない限り、無理でしょう。

 

現状の芸能界のしがらみから考えると、たとえ、腕利きのマネージャーがいても、前事務所などの関係から、まともな仕事をゲットするのは、かなり難しいのではないでしょうか。

 

そういうことを考えると、今後「のん」が復帰して活躍するには...

  • 大手芸能事務所と契約する
  • 前事務所と手打ちをして再び契約する

のいずれかを選択しない限り、再び、「のん」にスポットライトが当たることはないかもしれません。

 

ということは、7/15・7/22発売の『FRIDAY』で「のん」は見納めになる...かも(泣)ですね。

  

関連記事⇒