未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

都知事選の予想!最新の世論調査(日経など)によると、小池・鳥越・増田3氏の混戦!?



<スポンサーリンク>


序盤の世論調査では、小池氏リードが...

パラシュートなしで崖から飛び降りた

小池百合子氏が序盤で意外な善戦!?

21人の立候補者のなかで一歩リード。

しかし、他候補も負けていません。

3有力候補の他2名が追い上げて、

中盤の最新世論調査(日経など)では

小池・鳥越・増田3氏の混戦を

伝えています。

  • 本記事は、投票行動に影響を与える意図はありません。
  • 投票は、ご自分の意思でお願いします。

 

 

振り返ると、都民&都議会の天敵だった(?)舛添前都知事!?

<スポンサーリンク>

この人が一番の問題の人です(怒)。でも、この人を推薦した人たちのほうが、もっと問題なのかもしれません(怒・怒・怒)。

 

政治不信は起こすし、新たな選挙資金は必要になるしで...、とんでもない置き土産をしてサッサと逃げた舛添・前都知事。


_/_/

 

しかし、舛添前都知事は、いいこともしたんです。

  • 政治資金規正法がザルであることを改めて衆知させた
  • 都議会議員の無責任さを露呈させた
  • 都議会与党の暗黒を知らしめた
  • 従来の都庁運営にも怪しいところ満載!?

などなど。


でも、金持って逃げておしまい...は許したくないですよね。

 

_/_/

 

このことを考えると、次期都知事には、都庁の運営並びに行政改革をきちんとしていただきたいし、都議会の運営にもメスを入れていただきたいですね。


きっと、最初は敵だらけ状態になるかもしれません。そんななかで、行政改革などを果敢に実行できるのは誰か...です。

 

 

さて、都知事選は最初から3有力候補がリードですが...

都知事選開始直後は、超後出しジャンケンが功を奏し、鳥越氏一歩リードで始まりましたが、序盤で差が徐々につまり、支持基盤が希薄な崖落ち議員(?)・小池百合子氏が、鳥越氏や、与党支持の盤石体制で手を上げた増田氏をリードするという、意外な展開になりました。


_/_/

 

しかし、鳥越氏や増田氏も負けていません。それぞれの持ち味を活かし、徐々に差を詰め、最新の世論調査(日経など)では、3氏混戦を伝えています。

 

_/_/


つまり、今の段階では、3氏の誰が知事になってもおかしくないという情勢なんだとか。

 

逆にいうと、ちょっとしたミスリードや、不祥事で、勢いが一転するということです。

 

某氏については、センテンス・スプリング砲が発射されましたが、火消しが旨いのか、大火事にはならないようですね。逆にピンチをチャンスに変える勢いなのかもしれません。

 

_/_/

 

増田氏は支持基盤は盤石な反面、知名度で小池百合子氏、鳥越氏に届かず、なので、かなりのどぶ板を展開中です。

 

そういうオーソドックスな闘い方こそ、増田氏らしさを出せるのかもしれません。

 

また、序盤で苦戦が伝えられたので、いよいよ中盤、そして、ラストで与党のマクリが出てくるのではないでしょうか。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 



鳥越氏リードが小池氏リードに変わった意味と票読み

これは当初多くの浮動票をつかむであろうと予測されていた鳥越氏の浮動票部分が、小池百合子氏に移っているということを意味します。


それが同情票であれ、信頼の票であれ、浮動票をいかに獲得するかが、決戦のポイントになります。


_/_/


東京都の有権者は約1000万人。推定投票率から有効投票数を600万人とします。

 

有力3候補に次ぐ候補者は、櫻井誠氏、上杉隆氏、マック赤坂氏と言われており、この3名で100万票を取ると、残る500万票を有力3氏がどう取り合うかです。

 

_/_/

 

ちなみに、与党の組織票は100万票でそれが増田氏に、野党4党の組織票は80万票で、それが鳥越氏に入ることが見込めるそうです。

 

すると、500万票のうちの320票をどう取り合うか。

 

あるネット記事では、この320票を鳥越氏140万票、小池氏140万票、増田氏40万票と計算しています。

 

以上を総合すると、現状の票読みは...

  • 鳥越氏  80+140=220
  • 小池氏   0+140=140
  • 増田氏 100+ 40=140

なんだそうです。

 

_/_/

 

あれれ、これじゃ、混戦じゃないじゃん・・・そう思ったあなた(笑)。


しかし、日経他のマスコミ各社の世論調査では、次のことを勘案しているそうなんです。

 

小池百合子氏に風が吹いている!?

与党も野党も、いろんなミスを犯しているようなのです。その隙を狙う小池百合子氏!?

 

次の項目が、与野党の票を小池百合子氏に向かわせているだそうです。

 

  • 「親族も含め、自民党以外の他候補を応援したら除名」という、あの時代錯誤なお触れ!?
  • 内田茂氏を中心とした都議会不信!?
  • 鳥越氏の資質に端を発して、鳥越氏の浮動票が動く!?

 

なので、この小池百合子氏の風読みをすると、いま中盤はまさに混戦状態だと各社見ているようです。

 

で、話戻しますが...

 

 

都民の期待は「舛添前都知事みたいでない人」です(爆)

でも、各候補、舛添前都知事を批判しているだけじゃだめです。


具体的に舛添前都知事のもとで明白になった諸問題に果敢に切り込み、それを解決できる実行力が求められます。


併せて、教育・介護・福祉等々、多くの立候補者が掲げている政策を、着実・確実に実現する力がある人を都民は求めています。

 

綺麗で格好いい言葉はいらないんです。そういう言葉は、もうお腹いっぱいです。

 

少なくとも1期をきちんと務めあげることができ、かつ、その1期のなかで、都民に「生活が確実に変わってきたな」と実感させてくれる知事候補者は誰か...です。


_/_/

 

残る選挙戦のなかで、各候補の政策の実現可能性などについて、もっともっとアピールしてもらいたいものですね。

 

 

追記

本記事では、主に3候補のことを書きましたが、東京都知事選挙には、この3氏を含め21人の方が立候補しています。

 

都知事選2016年の立候補者は以下の21人です。

 


  1. 高橋しょうご (たかはししょうご)男32歳、無
  2. 谷山ゆうじろう(たにやまゆうじろう) 男43歳、無
  3. 桜井誠(さくらいまこと)男44歳、無
  4. 鳥越俊太郎(とりごえしゅんたろう)男76歳、無
  5. 増田ひろや(ますだひろや)男64歳、無
  6. マック赤坂(まっくあかさか)男67歳、無
  7. 山口敏夫(やまぐちとしお)男75歳、国民主権の会
  8. やまなかまさあき(やまなかまさあき)男52歳、未来(みらい)創造経営実践党
  9. 後藤輝樹(ごとうてるき)男33歳、無
  10. 岸本雅吉(きしもとまさよし)男63歳、無
  11. 小池ゆりこ(こいけゆりこ)女64歳、無
  12. 上杉隆(うえすぎたかし)男48歳、無
  13. 七海ひろこ(ななみひろこ)女32歳、幸福実現党
  14. 中川ちょうぞう(なかがわちょうぞう)男60歳、無
  15. せきくち安弘(せきくちやすひろ)男64歳、無
  16. 立花孝志(たちばなたかし)男48歳、NHKから国民を守る党
  17. 宮崎正弘(みやざきまさひろ)男61歳、無
  18. 今尾貞夫(いまおさだお )男76歳、無
  19. 望月義彦(もちづきよしひこ)男51歳、無
  20. 武井直子(たけいなおこ) 女51歳、無
  21. ないとうひさお(ないとうひさお)男59歳、無

(「無」は無所属の意味です。)

(出典:東京都知事選挙 立候補者一覧|東京都知事選挙 7月31日(日)この東京を決める選挙。

  

  

関連記事⇒