未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

リオ五輪、メダル数の予想(最終時点予測・日本選手団〜8/16データに基づく)



<スポンサーリンク>



日本選手団のリオ五輪、メダル数(最終値)を予想します!!

 

大会開催前の日本選手団のメダル目標数は次の通りです。

  • 金メダル  14個(ロンドン同 7個)
  • メダル総数 30個(ロンドン同 38個) 

そして、最終的に日本選手団は何個のメダルを獲得するか

それを大胆予想します。使うデータは、8/16現在メダル数。

8/16、7時現在、メダル総数27個ですが、すでに卓球男子団体が決勝進出を決めていますので、今時点で、実質的なメダル総数は28個です。

これを元にして、最終個数を予想します。

 

 

 

リオ五輪、メダル数の予想(日本選手団)は!?

 

f:id:kanreki7:20160731145423p:plain

 

まず、結果から。

なお(  )内数値は、8/16、7時現在の確定数です。

 

卓球男子団体が決勝進出しましたので、(  )内数値は、メダル総数と個別メダル数の合計とは「1」違いが出ています。

 

  • メダル総数 34個(28個)
  • 金メダル  10個(  7個)
  • 銀メダル    6個(  4個)
  • 銅メダル  18個(16個)

 

メダル総数では、日本選手団目標の30個を大きくクリアしそうです♬ 

 

 

これからの金メダル予想は...

 

  • 2個〜レスリング女子(8/18追記、登坂絵莉、伊調馨金メダル獲得)
  • 1個〜バトミントン女子ダブルス

 

この3個を加えて、最終金メダル個数は10個と予想します。

 

ロンドンの7個よりは多いですが、日本選手団目標の14個には届かずです。

 

ちなみに、ビックデータ大手のグレースノート社の日本選手団金メダル個数予想は14個でした。

 

 

これからの銀メダル予想は...

 

  • 1個〜卓球男子団体
  • 1個〜レスリング女子

 

この2個を加えて、最終銀メダル個数は6個と予想します。

 

対戦競技で、準決勝敗退が多かったのが、銀メダルが今ひとつ伸びなかった理由です。

 

 

これからの銅メダル予想は...

 

  • 1個〜女子シンクロ(8/18追記、日本銅メダル獲得)
  • 1個〜体操男子種目別(8/18追記、追加メダルなし)

 

この2個を加えて、最終銅メダル個数は18個と予想します。

 

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

 

参考値:現在のメダル総数 27個(日本時間 8/16、4時30分現在)

※以下、本ブログ別記事からの引用です。

 

メダル総数は 27個

  • 金メダル 7個
  • 銀メダル 4個
  • 銅メダル  16個

 

 

金メダル総数は 7個 

  • 氏名をクリックすると、ブログ管理人が別途運営しているオリンピック専門サイトの記事に飛びます。 
  1. 萩野公介   競泳 男子400m個人メドレー
  2. 金藤理絵   競泳 女子200m個平泳ぎ
  3. 大野将平   柔道 男子73kg級
  4. ベイカー茉秋 柔道 男子90kg級
  5. 田知本遥   柔道 女子70kg級
  6. 内村航平   体操 男子総合
  7. 日  本   体操 男子団体

 

銀メダル総数は 4個

  • 氏名をクリックすると、ブログ管理人が別途運営しているオリンピック専門サイトの記事に飛びます。 
  1. 坂井聖人 競   泳 男子200mバタフライ
  2. 萩野公介 競   泳 男子200m個人メドレー
  3. 原沢久喜 柔   道 男子100kg超級
  4. 太田 忍 レスリング 男子グレコローマン59kg級

 

銅メダル総数は 17個

  • 氏名をクリックすると、ブログ管理人が別途運営しているオリンピック専門サイトの記事に飛びます。 
  1. 近藤亜美  柔  道 女子48kg級
  2. 中村美里  柔  道 女子52kg級
  3. 松本 薫  柔  道 女子57kg級
  4. 山部佳苗  柔  道 女子78kg超級
  5. 高藤直寿  柔  道 男子60kg級
  6. 海老沼匡  柔  道 男子66kg級
  7. 永瀬貴規  柔  道 男子81kg級
  8. 羽賀龍之介 柔  道 男子100kg級
  9. 三宅宏実  重量挙げ 女子48kg級
  10. 瀬戸大也  競  泳 男子400m個人メドレー
  11. 日  本  競  泳 男子4×200mリレー
  12. 星奈津美  競  泳 女子200mバタフライ
  13. 羽根田拓也 カヌー  男子スラローム
  14. 水谷 隼  卓  球 男子シングルス
  15. 錦織 圭  テ  ニ  ス 男子シングルス
  16. 白井健三  体  操 男子跳馬

 

引用はここまで。 

 

 

まとめ

 

前半戦と比較すると、リオ五輪の後半戦、日本選手団は爆発的なメダル獲得は期待できません。

 

水泳、柔道、体操が終わってしまいましたから...。

 

_/_/

 

もう、気持ちは東京に飛びます(笑)。

 

これからの課題は、リオ五輪での結果を、どう東京へつなげるかですね。

 

関連記事⇒