未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

波瑠ドラマ【ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子】第6話、ネタバレ&感想♬



<スポンサーリンク>



またまた裏切り展開の第6話です(^_^;)

 

その裏切りは、心療内科医・中島保の扱いです。

第5話では、中島保(林遣都)は殺人を犯しました。

そして、拳銃自殺をするところを阻止され逮捕。

これで、もう中島保は出てこないし、そして、

第5話まで事件解決のきっかけになっていた

プロファイリングがなくなるんだなと、

ちょっと残念に思っていたんです。

そうしたら...

 

 

 

中島保医師、起訴猶予!?

<スポンサーリンク>

 

なんと、明らかに殺人を犯した中島保医師ですが、殺人が証明できないということで起訴猶予となってしまいます。

 

そして、ある施設に隔離されます。

 

それだけでなく、今後起こりうる猟奇的な殺人のプロファイリングを今後も担当することになりました。

 

なんという逆転の展開でしょうか(笑)。

 

原作はそうなっているのかもしれませんが、原作を読み込んでいないので驚きました!!

 

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

ある施設での中島保医師と藤堂比奈子の会話が...

 

中島保の殺人事件後、中島保医師と藤堂比奈子は、ある隔離施設で会います。

 

そして、藤堂比奈子が自分が殺人を犯してしまうかもしれないということや自身の過去を吐露します。

 

しかし、中島保は「まだ(殺人を)やっていないことが大切」と話します。

 

_/_/

 

犯罪を犯す犯さないの領域の「違い」は、犯人自身もわからないほど微妙だということなのでしょうか。

 

で、このことが、第7話へ、「違う展開」として続くのです。

 

 

第7話の先行ネタバレ!?

 

第7話で起こる殺人事件、その犯人として、東海林刑事(横山裕)に疑いがかかります。

 

殺されたのは東海林刑事が非合法に使っていた情報屋です。

 

「自分は、もしかしたら殺人犯になるのでは?」という恐怖は、藤堂比奈子(波瑠)だけでなく、東海林泰久も持っていたのです。

 

そして、それが現実として起こってしまったのか??

 

今思い返すと、同類として、同じ匂いを感じていたからこそ、東海林は比奈子にきつく当たり続けていたのかもしれません。

 

 

肝心の第6話の殺人事件は...

 

中島保医師が犯した殺人の意外な展開、そして、藤堂比奈子と東海林刑事に潜む「殺人犯の芽」にあまりに意識が集中しまいました。

 

その結果、第6話の殺人事件のほうは、ほとんど頭に入ってこなかったです。

 

そうなんだ、ご老人たちがよってたかって復讐のために殺人を犯したんだ...という程度。

 

十分に異常で猟奇的な殺人事件だったのですけどね。

 

 

まとめ&感想

 

第6話までの展開を見ると、今後の興味は、それぞれの回で起こる異常&猟奇殺人よりも、藤堂比奈子、東海林刑事、中島保医師の内省的な展開を期待しちゃいます。

 

_/_/

 

残すところ、4回ですが、心残りなく楽しみたいと思っています♬

  

関連記事⇒