未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

高畑淳子の息子が出た高校名は? そして、どんなことしてたの!?



<スポンサーリンク>


高畑淳子の息子、高畑裕太、野球バカだったみたいですが... 

 

野球を卒業して(?)、親の後を追って芸能界入りして、すぐにブレイク。

息子の芸能界入りに際しては、高畑淳子さんは陰ながらかなりの援助をした様子。

明らかに大女優・高畑淳子さんの七光りあっての順風満帆の活躍なんですが...。

実力もない若造が、浴びまくったスポットライトに幻惑されたのか、はたまた、増長したのか。それとも根っからのアホなのか...。

高畑裕太は、一瞬にして全てを台無しにしました。しかも、母・姉・親戚(北川景子&Daigo)や仕事関係者も巻き添えにして...。

 

 

 

高畑裕太は、ピーマンな野球少年だった!?

 

f:id:kanreki7:20160824103953j:plain 

(画像出典:anincline.com)

 

私が野球少年だったら、「そんな強姦野郎といっしょにするな!!」と憤慨しますが、とにもかくにも、高畑裕太は野球少年でした(笑)。

 

小中高12年間、野球漬けだったようです。高校は、暁星国際高等学校。強豪校ではありません。だから有名な高校ではありません。しかし、高畑裕太の出身校として有名になってしまい、大迷惑ですね!

 

ところで、暁星国際高等学校は、中日ドラゴンズ2軍監督の小笠原道大さんが在籍していた当時は、千葉県予選で準優勝するまでの強さがあったとか。

 

芸能界入りしてからは、高畑裕太は、「めちゃめちゃ勉強できないかった」と公言しているくらいなので、ホント、野球漬けの世間知らずだったのかもしれません。

 

でも、野球漬けだったとしても、野球で大成するほどではなかったということです。

 

_/_/

 

そんな野球漬けという背景があってか、最近のバラエティ出演では、『筋肉番付』などでそのアスリートのような身体を武器に、EXILEの関口メンディーなどと戦いました。

 

なかなかいい戦いをしたので、身体能力はかなり高いのだと思います。

 

でも、失礼ながら頭はその身体能力に反比例してピーマンだったのかもしれません。

 

ところで、野球は怪我のため断念し辞めた...という話になっています。一応ね。

 

  

母・高畑淳子はピーマンな息子に苦労した!?

 

f:id:kanreki7:20160824094209j:plain

(画像出典:anincline.com)

 

母・高畑淳子さんは、超問題児だったピーマン息子に苦労していたようです。

 

幼少の頃は病気がちで苦労し、育ってからはピーマンになった息子に苦労する。そして、今回、成人した息子にさらなる苦労をかけられる羽目になってしまいました。

 

_/_/

 

高畑少年は、その行動が天然なのかどうなのか、かなりの問題児でした。

  • 学校を抜けだし、コンビニで漫画立ち読み
  • 授業中居眠りし、先生にゆすられても起きず

などなど。

 

きっと高畑少年は、自分が変わっているとは、サラサラ認識できていなかったのだと思います。失礼な表現を重ねますが、ピーマン少年ですから。

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

ブレイクした青年・高畑裕太の色恋は!?

 

高畑裕太の浮いた話はあまり聞いたことがありません。

そして、高畑裕太は「橋本マナミが大好き」と公言していました。

高畑裕太22歳、橋本マナミ32歳です。10歳年上です。

22歳で、10歳年上が大好きというのは...あまりフツーではなく、かなりの熟女好きなのでしょうか。

 

しかし、高畑良太、バラエティのなかで橋本マナミから拒否られてしまいます。

呆然とする高畑良太の姿は...笑えました。

 

そのフラストレーションがあったのか、はたまた熟女好きで萌えちゃったのか、ビジネスホテルの40歳代の女性従業員に手を出してしまったわけで...。

 

泥酔状態にあったとは言え、普段から「強姦したいという強い衝動があった」からこそ、行動に出てしまったのでしょう。

 

フツーの常識人は、どんなに泥酔状態にあっても、強姦なんかしませんから。

 

 

まとめ

 

高畑淳子さんには可哀想ですが、こんな息子に育ててはいけないという典型例になってしまいました。

 

でも、息子がどんな状況にあっても、母の愛は変わらないと思います。

なので、息子の不祥事の責任をとって、自らも女優業を退く...なんて選択をしないか心配です。

 

バカ息子は、どんなに愛を注ぎたくても、一度、冷たく突き放すのがいいのかもしれません。

 

事態の進展を見守ります。

  

関連記事⇒