未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

波瑠ドラマ【ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子】第8話、ネタバレ&感想♬



<スポンサーリンク>


第8話は、最終話に向けての急転直下な展開!?

 

f:id:kanreki7:20160901184815p:plain

(画像出典:ktv.jp)

 

【ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子】は全9話だったのですね。

なので、今回の第8話は、最終話に向けて視聴者のボルテージをあげる展開です。

えっ、あいつが、あの人が、そして、謎の人物が登場...です。

こんなに話をゴチャゴチャにさせて、本当にあと1回で終わるの???

と心配になってしまいます(笑)

 

 

 

続編があるのかないのかわかりませんが...

<スポンサーリンク>

 

今回のシリーズでは、感情をうまく表現できない刑事・藤堂比奈子(波瑠)が殺人を犯すかどうかというのが一番の関心事として展開します。

 

そして、第8話から最終話へ向けても、それが最大のテーマになっています。

 

果たして、最終話で藤堂比奈子は殺人を犯すのか、それとも思いとどまるのか、あるいは、誰かに阻止されるのか...。

 

原作はシリーズ物みたいですから、シーズン2も期待したいところですが、視聴率的には、いまひとつなので、シリーズは望めないかも(泣)。

 

 

第7話、急展開の前のなだらかな展開

 

第7話では、動物を使った連続猟奇殺人が起きます。そして、その発生場所がどんどん東京に近づいてくる。

 

警察は例によって、この連続猟奇殺人を心療内科医・中島保(林遣都)にプロファイルを依頼します。

 

中島保は、この一連の殺人に秘められた謎を探り当てます。この「殺人犯X」がターゲットとしている人物が明らかになったのです。

 

それは...。

 

_/_/

 

一方、第4話で猟奇殺人犯として逮捕された都夜(佐々木希)が収監されていた病院から逃走します。

 

どうやら、都夜が狙う人物は、前述の「殺人犯X」が狙う人物と同じだということがわかってきます。

 

_/_/

 

ところで、藤堂比奈子は、殺人を犯したいという衝動を持っていることを同僚・東海林刑事(横山裕)に見抜かれ、退職を決意します。

 

その決心には、殺人を犯してしまうという可能性も含まれているのでしょうか。

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

いよいよラストで急展開...

 

とある事情で、藤堂比奈子は、同僚・東海林刑事に守られてビジネスホテル暮らしをしています。

 

しかし、あることに気づいた東海林が部屋の外に出た途端に襲われます。以後、行方不明。

 

その後、ホテルの外で都夜を見かけた他の刑事が、藤堂比奈子が隠れている部屋に向かうと、その部屋の近くに女性が一人。

 

刑事はその女に不審な女がいなかったか尋ねますが、しかし、その女は振り向きざまに、刑事の喉首を切りつけます。瀕死か、それとも絶命するのか...不明です。

  

 

最終話の予告編で全貌が見えてきた!?

 

最終話の予告編で、「殺人犯X」が誰だか明らかにされます。

「殺人犯X」は、昔、藤堂比奈子に「あのナイフ」を渡した人物です。

そして、「殺人犯X」は、藤堂比奈子にも「こちら側(殺人者という意味)に来ること」を望んでいます。

 

ということは、恐らく最終話では、「殺人犯X」が、藤堂比奈子が「あのナイフ」を使うように仕向けるのでしょう。そして、その相手は都夜ではないか...というのがブログ管理人の推測です。

 

それにしても、最終話を前にして、まだまだ謎が山積みです。

 

 

まとめ&感想

 

いやはや疑問だらけで、最終話を見たいというモチベーション、マックスです(笑)。

絶対見ますよ!!!

 

ところで、現段階での疑問を列挙して、まとめ&感想を終えます。最終話でスッキリできるかな???

 

いくつかの疑問(アトランダム)

  • 藤堂比奈子は殺人を犯すのか
  • 都夜は誰に殺されるのか(比奈子 or 「殺人者X」)
  • 「殺人者X」の最期はどうなるのか
  • 「殺人者X」に拉致されたらしい東海林刑事はどうなるのか
  • 「殺人者X」に喉首を切られた刑事は絶命するのか、助かるのか
  • 藤堂比奈子の母親の立ち位置がよくわからん(笑)
  • 厚田厳夫(渡部篤郎)と石上妙子(原田美枝子)は元夫婦か?
  • 殺人で裁かれない中島保元医師は、どうなってしまうのか?
  • 倉島敬一郎(要潤)の比奈子に対する愛は、当然、散るのか!?
  • 三木健(ジャンポケ斉藤慎二)は、あの子と結婚するのか(爆)

などなど。

 

う〜ん、フラストレーションたまったまま最終話に突入ですね(笑)。

  

関連記事⇒