未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

桐谷美玲ドラマ【好きな人がいること】第9話、ネタバレ&感想♬



<スポンサーリンク>


桐谷美玲主演【好きな人がいること】第9話

 

f:id:kanreki7:20160913070100p:plain

(画像出典:fujitv.co.jp)

 

第8話ラストで美咲(桐谷美玲)を後ろから抱きしめ「好きだ」と告白をした千秋(三浦翔平)。

案の定、それが第9話の火種です。もう、その種が燃えさかっちゃいます。

ずっとモテなかった女が、いきなり男2人からの奪い合いの主人公に格上げかぁ!?

 

 

 

「バカ正直」は、やっぱりバカです!?

<スポンサーリンク>

 

「好きな人がいること」に登場する人たちのキャラって、ホント、「バカ正直」だらけです。そのバカさ加減が、第9話でさらに磨きがかかりました(爆)。

 

「バカ正直」じゃないのって、千秋のレストランを狙っている東村了(吉田鋼太郎)くらいじゃないですか。だから、逆に東村が気になります...。

 

柴崎家長男、千秋

 

自分の気持ちに正直に、美咲から離れ、元・恋人、楓(菜々緒)とよりを戻したのに、美咲が好きだという自分の心に気づき、行動に出ます。

 

それは、楓と美咲の2人を傷つけることになるのにね。

 

そして、自分が美咲に告白したことを、「バカ正直」に弟・夏向に言い、さらに、夏向も傷つける。

 

千秋は、自分に正直に生きるということにこだわりつつも、それが出来なかった。そう、血のつながらない弟・夏向のことをずっとみんなにだまっていたことです。

 

それからようやく開放され、「バカ正直」の虫が出ちゃいました。

 

「バカ正直」って、罪です。

 

 

千秋の現恋人、楓

 

元恋人・千秋とヨリを戻すも、千秋のなかにまだ美咲への想いがあることには、ずっと気づいています。そして、それがどんどん強くなってきていることにも。

 

苦しむ千秋を見ていられないという、楓自身の気持ちに「バカ正直」に応えた結果が、楓自ら、千秋の元を去るという決心です。

 

う〜ん、「バカ正直」って哀しすぎます。

 

 

柴崎家次男、夏向

 

一番素直ではない(?)夏向。でも、「バカ正直」に美咲に告白し、そして、「バカ正直」に返事を待っています。

 

そんなところに、兄・千秋から「美咲に告白した」と言われ、言動には見せませんが、もうパニックですね、きっと。

 

そんなこんなの、いろんな想いをストレートに表現できないというのが夏向らしさなのですが、ダイニングキッチンで任せられたディナーの最後のチーフシェフの挨拶で、「バカ正直」にみんなの前で美咲への想いを告白!?

 

これで、もう美咲の気持ちは完全ロックオンです(笑)。

 

「バカ正直」って、辛いです。

 

 

柴崎家三男、冬真

 

いろんなわだかまりから開放され、そして、兄・夏向の弟子のように働くようになって、さらに、元恋人ともヨリを戻し、いま幸せピークの柴崎冬真(野村周平)くん。

 

彼は彼なりに、2人の兄、そして、美咲のことを気遣います。

 

そして、タイムリーに「バカ正直」なフォローを入れてきます。

 

冬真の「バカ正直」さは素敵です。

 

「バカ正直」ってピュアなんですね。

 

 

ヒロイン(?)美咲

 

我らがヒロイン・美咲。

 

もう見ていてじれったいくらい、行動が遅いというか、判断が遅いというか...。

 

でも、それが美咲の「バカ正直」なんだと思います。

 

じっくりと自分と向き合い、しっかりと結論を出したい。

 

きっと、自分自身に「バカ正直」。

 

「バカ正直」って、きっと大切なんです。

 

  

<スポンサーリンク>
 

 

 

  

なんだかいいムードになってきたと思ったら!?

 

「バカ正直」でない東村くん(?)が、また、なにかやらかしてくれそうです。

 

夏向がディナーを振る舞った客の前で、改めて美咲に告白し、そして、千秋が自ら美咲への愛を辞退し(?)、物語は、美咲と夏向で大団円と思っていたら!!!!!

 

なんと、「バカ正直」に告白をした美咲に対して、夏向が一言。

 

「もう、おまえが好きじゃなくなった」

 

その直前に夏向が受けた1本の電話。

 

ね、何だか匂うでしょ、「バカ正直」でない東村くんが(爆)。

 

 

今回、JYの曲(詩)にしびれました!!

 

あるシーンでJYの曲が流れ、その詩になるほどと思いました。

 

人生は後悔ばかり

でも泣いて笑って少しずつ進むの

 

もし5分前に戻れるなら

素直でいよう

 

う〜ん、ジーンと来ました。

 

そうなんですよね、人生って後悔山盛りです。

 

でも、後悔いくらしたっていいんです。

 

「バカ正直」に生きれば生きるほど、後悔はつきものです。

 

だから、いくら後悔したっていいんです。

 

少しずつ進めばいいんです。

 

そして、自分の人生ですから、やっぱり自分に「バカ正直」に生きて

 

素直に生きていけばいいんです。

 

  

まとめ&感想

 

最終話、第10話に向けての展開が整いました(笑)。

 

あとは、東村くん(吉田鋼太郎)に暴れてもらうだけですね。

 

千秋3兄弟は、「バカ正直」だけでなく、「過度の気遣い」という共通点を持っています。

 

夏向の「もう、おまえが好きじゃなくなった」の一言も、なんらかの「過度の気遣い」なんでしょう、きっと。

 

で、最終話の展開と落としどころに期待しています!!!

 

関連記事⇒