未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

豪栄道、玉鷲戦(14日目)、琴奨菊戦(千秋楽)を占う!?

大相撲 豪栄道 初優勝


<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20160923080502p:plain

 

9月場所13日目、結びの一番で、豪栄道が勝ち13連勝。これで豪栄道の幕内初優勝が、ほぼほぼ確実となりました。

それでも、少し心配ですから(笑)、玉鷲戦(14日目)と琴奨菊戦(千秋楽)の勝敗を予想してみようと思います。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

明日、14日目、豪栄道が優勝する条件は!?

 

f:id:kanreki7:20160923190113p:plain

(画像出典:sumououen.com)

 

13連勝と驀進中の豪栄道。

豪栄道が、明日14日目に優勝する条件を確認しましょう。

 

高安・遠藤戦で遠藤が負けた場合

 

この瞬間に2敗力士がいなくなりますので、豪栄道の初優勝となります。

 

過去、高安・遠藤戦は、8戦して、遠藤が5勝3敗と勝ち越しています。

 

今場所の「強さは見えないけど負けない遠藤の相撲」を見る限り、明日の高安・遠藤戦は、遠藤の勝ちと予想します。

 

豪栄道・玉鷲戦で豪栄道が勝った場合

 

ブログ管理人の予想通りに、遠藤が勝った場合でも、豪栄道が玉鷲に勝てば、豪栄道の幕内初優勝が決まります♪

 

ちなみに、過去、豪栄道・玉鷲戦は、6戦して、豪栄道が4勝2敗と勝ち越しています。

 

豪栄道が、得意の(?)「引き→首投げ」パターンにならない限り、玉鷲には勝てると予想します。

 

ちなみに、13日目、横綱・日馬富士に得意パターン「引き→首投げ」で勝ったのは奇跡です(爆)。

 

パターン「引き→首投げ」は典型的な負けのパターンですから...。

 

_/_/

 

そんなこんなで、14日目で豪栄道が優勝を決める確率(?)は...

 

計算根拠端折りますが(爆)、14日目で豪栄道初優勝の確率は8割以上あると考えます。

 

 

千秋楽、豪栄道・琴奨菊戦

 

f:id:kanreki7:20160923191633p:plain

(画像出典:at-s.com)

 

2割の確率で、14日に豪栄道が初優勝を決められなかったとしても、千秋楽の琴奨菊戦に勝てば、14勝1敗で初優勝となります。

 

それでは、「油断で横綱昇進を逃した」琴奨菊との取組を予想してみましょう。

 

過去、豪栄道・琴奨菊戦は、38戦して、豪栄道が21勝17敗と勝ち越しています。

 

今場所の琴奨菊は、いつもの弱い琴奨菊がちょいちょい出ていますので、豪栄道が得意パターンを出さない限り(爆)、勝てるでしょう。

 

少し弱きな予想ですが、7割くらいの確率で豪栄道が勝ちます♪

 

万一の場合を考えると...

 

もしですよ、遠藤が14日目、千秋楽と勝って13勝2敗。

 

そして、豪栄道が14日目、千秋楽と負けると同じく13勝2敗。

 

つまり、この場合は、優勝決定戦となるわけです。

 

_/_/

 

この2人は、今場所本割での対戦はありません。

 

過去、豪栄道・遠藤戦は、3戦して、豪栄道が全勝(3勝)です。

 

今場所の取組内容から見る限り、今の遠藤は、豪栄道の敵ではありません。

 

豪栄道が得意の負けパターン(爆・爆)を出さない限り、優勝決定戦では豪栄道が勝ちます!!!

 

 

まとめ

 

もう、ほぼほぼ豪栄道の幕内初優勝に間違いはないでしょう。

 

なので、相撲ファンの興味は、来場所の豪栄道の横綱昇進挑戦です。

 

来場所は、白鵬が戻ってきます。白鵬がいるなかで、豪栄道が今場所のような活躍ができるか。

 

そして、しつこいですが、得意の負けパターン(!?)をいかに封じることができるか。

 

_/_/

 

残すところ14日目・千秋楽の2日間です。

 

相撲ファンとしては、豪栄道の全勝優勝を望みます。

 

そして、来場所も全勝優勝をして、有無を言わせずに横綱昇進を果たしてもらいたい。

 

当然、その先には横綱としての早々の初優勝を望んでいます♪♪

 

_/_/

 

少し小さな声で...

 

稀勢の里、豪栄道に続け!!!(爆)

 

関連記事⇒