未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『君の名は。』興行収入100億円を突破!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20160923194749p:plain

 

8/26の公開以来、快進撃を続けている映画『君の名は。』が快挙です。

昨日(9/22)までの記録で、動員770万人、興行収入100億円突破となりました。

日本のアニメ映画作品としては、ジブリ作品以外で興行収入100億円突破は初めてとなります。

公開1ヶ月で、この凄い記録ですから、今後の伸びも楽しみです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

『君の名は。』、ブログ管理人、3回観ました

 

f:id:kanreki7:20160923200530p:plain

(画像出典:hlo.tohotheater.jp)

 

ここ2年くらいは、公開映画鑑賞は月1本ペースですが、その前、10年間くらいは、年間80〜100本くらいの公開映画を観ていました。

 

そんなにたくさん公開映画を観ても、繰り返し観る作品は、ほとんどありません。

 

正直に書くと、公開映画の9割は、がっかりして観終えるのです。

 

  • たいていの公開映画はつまらない

 

これがブログ管理人のなかにある確信です(笑)。

 

そんななかで、ここ12年間で、2回以上観た作品は...

 

  • 『千と千尋の神隠し』
  • 『ソルト』

でしょうか。

 

ちなみに、この2作品、DVDでも繰り返し観ています。

 

なので、『君の名は。』を3回観たというのは、ブログ管理人のなかでは画期的な出来事なのです。

 

そして、あと2回くらい観るつもりでもいるのです!!

 

サイトには『君の名は。』を批判する向きもあります!

 

f:id:kanreki7:20160923201329p:plain

(画像出典:jin115.com)

 

どんな作品であっても、「万人が良いと評価する」のは無理です。

 

どんなに良いと言われる作品であっても、それを痛烈に批判する人はいます。

 

ここでは、それらの批判を列挙しませんが、気になる方は、「君の名は。 批判」で検索してみてください。いろいろ出てきます。

 

そういう相反する評価がいろいろあることは、健全だし、素敵な状況だと思います。

 

_/_/

 

大切なことは、他人がどう評価しているかではなく、自分自身がどう感じているかです。

 

もし、あなたが映画作品を観て、その感想を誰かに話したいと思ったら、その作品はあなたに何らかのプラスの影響を与えたのです。

 

だから、その思いを素直に表現すればいいんです。誰が反論しようと...です♪♪

 

 

『君の名は。』の魅力!?

 

f:id:kanreki7:20160923201539p:plain

(画像出典:d.hatena.ne.jp)

 

前項の「いろいろな評価があっていい」ということからすると、「この作品のいいところはここで決まり!」などと表現するのは、そして、あまりに決めつけの強い意見は、問題があるかもしれません。

 

なので、以降に書くことは、ブログ管理人の1つの感じ方です♪

 

映像が実に綺麗!!

 

これは『君の名は。』だけではないのですが、新海誠監督作品は、その映像の綺麗さに心が奪われてしまいます(しつこいけど、ブログ管理人の感想ね!)。

 

『君の名は。』も、糸守町の長閑な風景や、東京のリアルな風景には、ハッと感じるものがあります。

 

仕掛けられた伏線が面白い!!

 

新海誠監督が、オープニングからいろんな伏線を仕掛けてきます。

特にオープニングは、観客がまだ作品のアウトラインも判らない時点ですから、伏線をすり込むのは観客の無意識です。

オープニング以降も、様々な伏線を仕掛けてきます。

 

それらの伏線は、観客が意識するしないに関わらず、「謎」となって残るのです。

 

1回の観賞で、その伏線が作った「謎」を全部解ける人はいないでしょう。

 

その「謎」たちが作るフラストレーションが、2回目以降の観賞の動機付けとなるのでは...というのが、ブログ管理人の1つの仮説です。

 

映像と音楽のコラボが素敵!!

 

音楽(楽曲)の全てを担当したのは、新海誠監督が大ファンだというRADWIMPSです。

 

彼らが作り歌う4曲の挿入歌が、とても映像とマッチしています。

 

それもそのはず、RADWIMPSから提供された楽曲が心底気に入った監督は、その楽曲のピークに合わせて映像を作ったという部分もあるそうなのです。

 

通常、映画音楽は、まず映像があって、それに合わせて楽曲作りをするというのですが、その真逆をやったわけです。

 

声優のキャスティングが絶妙!!

 

アニメ映画だと、ときに、声優のキャスティングに違和感を感じることもあるのですが、この『君の名は。』に限っては、少しの違和感もなく、つまり、何も意識することなく、それぞれのキャラクターに感情移入できました。

 

それだけ、キャスティングが優れていたということなのだと理解しています。

 

まとめ

 

公開1ヶ月を待たずに、興行収入100億円を突破した『君の名は。』ですが、どこまで興行成績を伸ばすか...ということには、実は、ブログ管理人は関心がありません。

 

そんなこと以上に、『君の名は。』にまだまだ謎を残しているのです。

 

だから気持ち悪い(笑)。

 

なので、あと2回くらいは観るつもりです。

 

新海誠監督に、してやられた感がありますし、悔しいですが、あと2回は観ます♪♪

 

関連記事⇒