未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

大相撲11月場所初日、豪栄道・稀勢の里・琴奨菊の3大関は活躍しそう♪



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20161113185908j:plain

 

9月場所、全勝で初優勝を果たした大関・豪栄道。

11月場所は、横綱昇進を掛けた大切な場所です。

また、今年初場所で、10年振りの日本人力士優勝を果たした大関・琴奨菊。

そして、3回の横綱昇進挑戦を逃してしまったものの、年間最多勝ち星を横綱・日馬富士と争う大関・稀勢の里。

この3大関に加え、大関昇進を狙う関脇・高安の計4力士が、ブログ管理人が11月場所で注目する力士です♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

高安(関脇) vs 遠藤(前頭3)

f:id:kanreki7:20161113190609p:plain

(画像出典:minatobeya.com)

 

過去の取組は、高安が4勝6敗と負け越しています。

 

少し前まで怪我で苦しんでいた高安。

しかし、7月場所小結で11勝、9月場所関脇で10勝を挙げ、11月場所は大関昇進の足がかりとなる場所です。

是非、最低でも10勝、できれば12勝くらいの勝ち星を残して欲しいところです。

12勝ということは、恐らく、最後まで優勝争いをするということです♪

 

一方、高安以上に長い間怪我に苦しんでいた遠藤。

3月場所には十両に陥落。しかし、9月場所では13勝を挙げ、11場所は新三役を狙える場所です。

 

初日から、とても素敵な取組ですね♪

 

さて、勝敗ですが...

立ち会いから高安が一方的に攻め込み、遠藤は直ぐに土俵を割りました。

突き出しで高安の勝ちです。

高安には、2桁を十分狙える勢いがあると感じました。

 

琴奨菊(大関) vs 魁聖(前頭2)

f:id:kanreki7:20161113190820j:plain

(画像出典:matome.naver.jp)

 

過去の取組は、琴奨菊が9勝1敗と大きく勝ち越しています。

 

琴奨菊は初場所14勝1敗で初優勝を果たしたものの、翌場所、横綱昇進のチャンスを逃します。

7月場所は1勝6敗8休と大低迷。

しかし、稀勢の里の横綱昇進挑戦や、9月場所の豪栄道の初優勝に大きな影響を与えたのは、間違いなく琴奨菊が果たした10年振りの日本人力士の優勝です。

琴奨菊のなかには、このままでは終わらないという強い想いがあるでしょう。

 

琴奨菊の復活を占う11月場所の初日は...

 

立ち会い、大関らしく果敢に攻め、上手出し投げで、琴奨菊の勝ち。

「強い琴奨菊が戻った」との感がありました♪♪

 

稀勢の里(大関) vs 碧山(前頭筆頭)

f:id:kanreki7:20161113191024j:plain

(画像出典:dekitamon.net)

 

過去の取組は、稀勢の里が12勝6敗と大きく勝ち越しています。

 

稀勢の里は、初場所の琴奨菊初優勝で発憤した1人です。

3月場所に13勝となり、翌5月場所から3場所連続で横綱昇進挑戦の場所となりました。

残念ながら、昇進は果たせませんでしたが、このままでは終われないという想いは琴奨菊以上にあるハズです。

一度、振り出しに戻った横綱昇進挑戦を再スタートさせるためにも、11月場所の結果が重要です。

ただし、場所前、怪我をしたとの情報もあり、ファンとしては心配です。

 

怪我の噂を打ち消してくれる闘いをしてくれるのか...

 

取組は、立ち会い後果敢に攻め続け、寄り切りで危なげなく稀勢の里が勝ちました。

怪我は心配しなくても、いいのではと感じました。

今場所も、是非、最後まで優勝争いをしてくれることを望みます♪

 

豪栄道(大関) vs 栃煌山(前頭筆頭)

f:id:kanreki7:20161113191241j:plain

(画像出典:el-solitario.com)

 

過去の取組は、豪栄道が20勝13敗で勝ち越しています。

 

9月場所全勝優勝した豪栄道、今場所優勝すれば間違いなく横綱昇進となります。

そのためには、首投げなどの墓穴を掘る技を封印し、かつ、引き技も封印する必要があります。

初日にもし、首投げや引き技が出たら...横綱昇進は危ないというリトマス試験紙になります。

 

で、どうであったのか...。

 

先場所の好調さを上回るような、いい相撲でした。

立ち会いから攻め続け、土俵際でいなされても慌てず、首投げにも頼らず、押し出しで文句のない勝ち方でした。

今場所の大活躍が期待できる一番でした♪♪

 

まとめ

 

初日なので、まだなんとも言えません。

それでも、初日の取組内容を見る限り、ブログ管理人が活躍を期待している、稀勢の里、琴奨菊、豪栄道、そして、高安は、優勝争いに絡んでくれるのではと思っています。

 

一方、3横綱の初日は、白鵬と鶴竜は勝ったものの、従来の強さを感じることは出来ませんでした。

また、日馬富士は小結・玉鷲に完敗です。

3大関1関脇には、大チャンスの場所になるかもしれません♪

 

2017年には、日本人力士の横綱を是非見たいですね。

だからこそ、3大関には今場所の活躍に期待してます♪♪♪

 

※冒頭画像の出典:c-sakuranbou.hatenablog.com

 

関連記事⇒