未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

4日目で4連勝は早くも4人だけ!? 豪栄道優勝の可能性は!?(大相撲11月場所)

優勝 大相撲 豪栄道


<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20161113185908j:plain

 

11月場所、初日が終わってから大関陣が活躍していると書きましたが...

4日目にして、琴奨菊は1勝3敗、照ノ富士2勝2敗、稀勢の里3勝1敗と「ダメダメ大関陣」になりそうです。

そんななか、これまで一番「ダメダメ大関」だった豪栄道が、先場所の全勝優勝の勢いのまま、4連勝です♪♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

4日目にして、4連勝は4人だけ!?

f:id:kanreki7:20161116194410j:plain

(画像出典:huffingtonpost.jp)

 

3日目に通算1000勝を最短で達成した横綱・白鵬。

大相撲史上希に観る大横綱なのですが、最近ではすっかりヒール感が漂っています。

2場所連続優勝を果たし横綱を狙う大関・豪栄道にとって、このヒール・白鵬に勝つことが必須です。

 

ところで、4日目にして、4連勝は4人だけという低調な場所。

 

4連勝している力士は...

  1. 横綱・鶴竜
  2. 横綱・白鵬
  3. 大関・豪栄道
  4. 前頭14・蒼国来

です。

 

そして、これに続く1敗力士は...

  1. 横綱・日馬富士
  2. 大関・稀勢の里
  3. 関脇・高安
  4. 前頭3・遠藤
  5. 前頭3・正代
  6. 前頭5・宝富士
  7. 前頭7・豪風
  8. 前頭8・勢
  9. 前頭10・千代翔馬
  10. 前頭10・荒鷲
  11. 前頭15・石浦

この11人。

 

まだ4日が終わっただけなので、優勝を占うのは早いのですが、11月場所の優勝は、この15人(幕内力士数42人)になるでしょう。

 

前頭の2桁以上は除外すると、11人です。

 

そして、強引に3人に絞ると、

 

  1. 横綱・白鵬
  2. 横綱・鶴竜
  3. 大関・豪栄道

 

の順に優勝しそうだと考えます。

 

豪栄道が優勝するためには...

3横綱、3大関に勝つことでしょう。

 

豪栄道、3横綱、3大関との過去対戦成績

f:id:kanreki7:20161116200031j:plain

(画像出典:sportskansen.whdnews.com)

 

3横綱、3大関との豪栄道の過去取組をみてみます。

 

vs 横綱・白鵬 ⇒ 6勝32敗

過去38戦して、豪栄道の6勝32敗。

圧倒的に豪栄道が負け越しています。

しかも、ここ1年間で豪栄道に白星なし!!

つまり、豪栄道が優勝をするための一番の壁は、白鵬なんです!!

どうやって白鵬という大きな壁に風穴を開けるか。

 

vs 横綱・鶴竜 ⇒ 12勝24敗

過去36戦して、豪栄道の12勝24敗。

これまた圧倒的に豪栄道が負けています。

ただし、直近6場所では、3勝3敗の五分。

先場所のような取組をすれば、必ず勝てる相手です。

 

vs 横綱・日馬富士 ⇒ 8勝26敗

過去34戦して、豪栄道の8勝26敗。

う〜ん、白鵬レベルの天敵です。

ここ1年に限っては、2勝4敗。

今年は、3月場所と9月場所に勝っています。

鶴竜同僚、豪栄道が先場所のような相撲を取れれば、十分に勝機はあります。

 

vs 大関・稀勢の里 ⇒ 14勝24敗

過去38戦して、豪栄道の14勝24敗。

どうも、豪栄道は過去、同レベル以上には、とても分が悪かったようですね。

ただし、稀勢の里は「ノミの心臓」ですから、稀勢の里が最後まで優勝争いをするようなら、終盤で当たる豪栄道とは、開き直りができそうな豪栄道に若干の分があるかも...です♪

 

vs 大関・琴奨菊 ⇒ 22勝18敗

過去40戦して、豪栄道の22勝28敗。

ようやく同格以上で勝ち越している力士がいました(ホッ)。

しかし、ここ6場所では、2勝4敗と負け越しています。

今場所の琴奨菊は「極弱モード」ですが、油断しては負けますから、気をつけて!

 

vs 大駅・照ノ富士 ⇒ 9勝3敗

過去12戦して、豪栄道の9勝3敗。

ここ6場所でも5勝1敗と大きく勝ち越しています。

しかも、照ノ富士の絶不調が続いていますので、フツーにやれば勝てるでしょう♪

 

まとめ

 

こうやって豪栄道の優勝を占うと...

3横綱と大関・稀勢の里に勝つかどうかにかかっているようです。

そして、

実際に誰が優勝するかというと、「ノミの心臓」君は抜くとして、

  1. 横綱・白鵬
  2. 横綱・日馬富士
  3. 横綱・鶴竜
  4. 大関・豪栄道

の順番で優勝しそうな気がします。

 

残念ながら、優勝しそうな力士のなかでは最下位が豪栄道。

それでも、頑張れ!!!

 

もし豪栄道が横綱昇進したら、横綱として活躍することが前提ですから、そのためにも、今場所、白鵬・日馬富士・鶴竜を退けることは重要なことです♪♪ 

※冒頭画像の出典:c-sakuranbou.hatenablog.com

 

関連記事⇒