未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

チョン・ユラ氏(チェ・スンシル容疑者の娘)関連記事を韓国全国記事で見てみると...



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20161118140732j:plain

 

今回のチェ・スンシル容疑者の事案(というより最大の韓国内問題!)について、容疑者の娘チョン・ユラさんの名前で検索して出てきた記事で見てみることにします。

対象は、日本語で閲覧可能な韓国全国紙としました。具体的には、朝鮮日報、中央日報、東亜日報、ハンギョレの4紙です。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

「チョン・ユラ」で検索した最新記事♪

f:id:kanreki7:20161118141520j:plain

(画像出典:susano666.blog.fc2.com)

 

 

朝鮮日報

 

朝鮮日報は韓国内で最大発行部数を誇る全国新聞です。

検索記事タイトルは次のものです。

 

  • 国政介入: 崔容疑者の娘、高3の出席17日=高卒取り消しへ
  • (2016年11月16日記事)

 

ソウル市教育庁が監査した結果の中間発表により「チョン・ユラ氏の卒業取り消しが可能」だとの記事です。

 

贅沢三昧のユラ氏、名門女子大生から一転「中卒」となります。

 

具体的には2つの不正があります。

 

  1. 高校時代の単位取得に関する不正
  2. 梨花女子大入学に関する不正

 

今回は上記の1に関する中間発表です。

いずれにしても、高卒資格が剥奪されれば、大学入学もないわけですね。

 

中央日報

 

検索記事タイトルは次のものです。

 

  • 【社説】韓国国民は崔順実親子の教育壟断にも憤怒する
  • (2016年11月18日記事)

 

ちなみに、壟断(ろうだん)とは、利益・権利をひとりじめにすること、独占することです。

 

そこで中央日報は、今回の事案は国政を壟断しているだけでなく、教育も壟断していると指弾しています。

 

次のようなことを問題具体例としてあげています。

  • 1年生では中間テストを受けずに成績を受けた
  • 2・3年生では授業を抜けても遂行評価点は満点になり教科優秀賞まで受けた
  • 無断欠席して海外に行った日はボランティア活動をしたと書かれた
  • 3年時は、193授業日のうち17日だけ出席だが、梨花女子大に特待生として合格した

つまり、チョン・ユラ氏の学生生活記録簿は虚偽だらけというわけです。

 

ブログ管理人がここで注目すべきことは、チョン・ユラ氏本人が学生記録簿を作成したであろう、教師や学校にも大きな責任があるということです。

 

要するに、チョン・ユラ氏が卒業した高校にとっても、入学した大学にとっても、そういう不正をすることでバーター的な何らかのメリットがあったと考えるのがフツーだろうと思うからです。

 

全国各紙では、そういうところを徹底追求してもらいたいものです。

 

ハンギョレ

 

検索記事タイトルは次のものです。

 

  • ワシントンポスト「朴槿恵スキャンダルは『ウォーターゲート』よりも深刻な事件」
  • 2016年11月18日記事

 

ハンギョレのこの記事は、ワシントンポスト紙の記事紹介です。

 

記事サブタイトルにこうあります。

 

  • 腐敗・賄賂・横領・権力乱用など『韓国病の典型』

 

まさに、韓国病のすべてこの事案に集中したという感じですね。

 

東亜日報

 

検索記事タイトルは次のものです。

 

  • [社説]検察は崔順実の娘チョン・ユラの召還を遅らせるな
  • 2016年11月15日記事

 

ここに掲げた4紙のなかでは、ハンギョレの韓国病を伝えた記事(ワシントンポストの伝聞記事ですが)について、ごくごくまともな主張のある記事だと感じています。

 

母親主導であったとしても、やりたい放題を極めたチョン・ユラ氏が逃れられるようなら韓国の未来はないと言ってもいいのかもしれません。

 

チョン・ユラ氏の行く末をしっかりチェックしていきたいですね。

 

まとめ

 

思った以上に全国紙のトーンは弱いなと感じています。

 

この期に及んでも大統領を追求することに二の足を踏んでいるのでしょうか。

 

日本においても、ただならぬ全国紙がありますので、日本国内の全国紙などにもしっかりと注意を払っていきたいと思います♪

※冒頭の画像出典:blogs.yahoo.co.jp

 

関連記事⇒