未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

白鵬、豪栄道敗れ、全勝は鶴竜のみ!?(大相撲11月場所6日目)



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20161118180220j:plain

 

大相撲11月場所6日目、遠藤が白鵬から金星ゲット!

これまで4戦して全敗の遠藤でしたが、立ち会いから踏み込み良く、その勢いのまま白鵬を寄り切りました♪♪

連続優勝を狙う豪栄道も玉鷲に敗れ、6日目にして全勝は横綱・鶴竜1人となりました♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

好調遠藤が今場所の流れを作る!?

f:id:kanreki7:20161118181109j:plain

(画像出典:doskoi-uwatenage.hatenablog.jp)

 

ここ1年以上、遠藤は怪我に苦しんできました。

それでも休場せず、ここ12場所(2年分)で6場所が負け越しという状況でした。

評論家は、休場してでも怪我を治すことが先ということで、怪我をおして出場することに批判的でした。

 

そして、今年1月場所は1勝6敗8休となり、とうとう翌3月場所で十両に陥落。

しかし、十両で11勝を挙げて1場所で幕内復帰です♪

 

翌5月場所も11勝で好調だったので、もう怪我から立ち直ったかと思った矢先...

7月場所で3勝12敗と大負けです。

 

場所毎に出入りの激しい状態ですから、まだ本調子ではないのかもしれません。

 

9月場所は13勝だったので、11月場所の出来次第で遠藤の将来が占えるのかもと思っていました。

 

_/_/

 

今場所(11場所)は、初日、関脇・高安に敗れたものの、2日目・照ノ富士、3日目・稀勢の里、4日目・琴奨菊と3大関を連破し、好調さをアピール。

 

しかし、5日目は横綱・日馬富士に敗れ「またしても...」と思っていたところ、6日目の金星です。

 

6日目が終わって1横綱、3大関を破ったのですから、素晴らしいです。

 

遠藤が11月場所の台風の目となることは間違いなさそうです。

 

できれば、終盤ギリギリまで優勝争いに残って欲しいものですね♪

 

11月場所、優勝の行方は...

f:id:kanreki7:20161118181825j:plain

(画像出典:blog.livedoor.jp)

 

6日終わって、全勝は横綱・鶴竜ただ一人です。

 

鶴竜は、昨年9月場所に、横綱になってから9場所目で、ようやく賜杯を手にしました。

しかし、その後は鳴かず飛ばず。横綱としては不本意な成績が続いています。

7月場所のように休場にでもなったら、引退もあり得るかもしれません。

 

そんなこんなで、鶴竜が今場所優勝を狙う気持ちは、豪栄道以上なのかもしれません。

 

ブログ管理人は、6日目が終わっても昨日同様に、優勝争いは3横綱+大関・豪栄道だと思っています。

 

ただし、豪栄道については、6日目の負けをどう精神的に乗り越えるかどうかがカギです。

 

明日、連敗するようなら優勝争いからは完全脱落でしょう。

豪栄道にとって、7日目が横綱昇進の正念場です。

 

_/_/

 

ブログ管理人が考える6日目終了時点での優勝争い

 

  1. 横綱・鶴竜(6勝)
  2. 横綱・白鵬(5勝1敗)
  3. 横綱・日馬富士(5勝1敗)
  4. 大関・豪栄道(5勝1敗)

 

他に、5勝1敗の力士もいますが、前頭なかば以降なので、優勝の可能性はないものと判断しています。

 

まとめ

 

白鵬については、6日間の取組のなかで、以前のような強さを感じません。

まだまだ負けを喫してしまうような気がしています。

日馬富士については、結構、ポカがあるので、白鵬同様に優勝は逃すかもしれません。

全勝の鶴竜も、圧倒的な強さは感じません。

 

そんななか、優勝争いが12〜13勝ならば、遠藤あたりも食い込む可能性があります。

 

もちろん、豪栄道にも。

 

まだまだ、期待が膨らむ11月場所です♪♪ 

※冒頭の画像出典:大相撲.biz

 

関連記事⇒