未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

【週刊文春】「ユニクロ潜入記事」面白いっ! 大企業トップの建前と本音が明らかになるか



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20161201180629j:plain

 

週刊文春12月8日号に「ユニクロ潜入一年」と題する潜入記事が掲載されました。

著者は、『ユニクロ帝国の光と影』を2011年、文藝春秋より出版した横田增生氏。

氏と文藝春秋社は、ユニクロから名誉毀損として2億2千万円の損害賠償を求める訴訟を起こされました。

ちなみに、ユニクロは裁判に負けました...。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

何故、ブラック企業はなくならないのか...

f:id:kanreki7:20161201181523j:plain

(画像出典:world-fusigi.net)

 

実は、世間の方が考えている以上に、企業のトップの力は強大なのです。

そして、ブラック企業がなくならないのは、とても単純です。

それは、企業内で圧倒的な力を有するトップが、「ブラックな実体を改善しようとは露ほどにも考えていない」からです。

 

彼らが考えているのは、企業業績を上げること「だけ」です。

「お客さまのため」という言葉を彼らは建前として好みます。

同じように、「従業員のため」という言葉も建前として使います。

 

しかし、本音は、いかに業績を上げるか。

もっというと、自分がトップをやっている間に「業績が右肩上がりな状態のまま続けるか」という、極端にいうと自己満足のため「だけ」に行動しているのです。

 

そんな馬鹿な...。

とフツーの人は言いますけど、それが本音です。

会社の将来、社員の将来、顧客の将来、ましてや日本の将来...などなどトップが口にすることのほとんどが建前だと理解したほうが...ね。

 

そう考えると...

ブラック企業がなくならない理由、過労死がなくならない理由に合点がいきます。

 

週刊文春12月8月号の内容...かいつまんで

f:id:kanreki7:20161201182736j:plain

(画像出典:週刊文春)

 

『ユニクロ帝国の光と影』著者・横田増生氏を名誉毀損として訴えたユニクロ。

ユニクロは敗訴したあと、柳井社長がインタビューで「悪口を言っているのは僕と会ったことがない人がほとんど。うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたい」と語ったのです。

 

横田氏は、その言葉に触発されて、ユニクロで働きながら取材をすることを決意します。

以後、氏は800時間を超える労働をして、そこから浮かび上がった「サービス残業と人手不足の実態を「週刊文春」で語ったのです。

 

それによると...

  • 圧倒的に人手が足りない
  • 働いた3店舗すべてでサービス残業が常態化している

ことなどが、改めて明らかになったのです。

 

柳井氏の理想と現場の現実は、あまりにもギャップが大きいのです。

 

企業トップは、

  • 本気で従業員のことなど心配していない
  • 本気で顧客のことなど考えていない

ことなどが赤裸々な事実として、続報予定の記事などでも語られるのではないでしょうか。

 

 

ブラックな企業は、度々、労働基準監督署から、きつい指導が入っていますから、形の上では「残業はするな、サービス残業なんてもってのほか」という体制をつくります。

 

しかし、トップがそれに対して本気でないことは、現場には直ぐに伝わり、そして、広まります。

なので、それらの「残業はしない、サービス残業もダメ」は、驚くほど早く形骸化します。

 

そして、大抵の迷経営者は言うのです。

 

  • それは経営者たる私の本意ではない、現場が勝手にやったことだ!

 

そんなことを口にする経営者は、隣国のトップと同じかそれ以下のゲス野郎ですね。

あっ、柳井社長がゲスだということではないです。

あくまでも一般論ね、一般論。

 

まとめ

 

潜入記事は、まだ続く模様です。

ブログ管理人は、早速、アマゾンで『ユニクロ帝国の光と影』を注文しました。

 

おそらく、これからの続報で明らかになるであろうことは、トップが変わらない限り、ブラック企業に変化は起きないということです。

※冒頭の画像出典:huffingtonpost.jp

 

この記事もよく読まれています⇒