未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『君の名は。』中国で新記録3日間42億円!国内でも歴代2位に!



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20161206040221j:plain

 

公開15週目でも、その勢いが衰えない『君の名は。』です♪

12/3〜4の週末興行収入ランキングでは前週に引き続き2位をキープ。

ちなみに1位は、12/3公開の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』です。

国内では、199億5千万円の累計興行収入となり、同196億円のジブリ作品『ハウルの動く城』を抜いて、歴代2位の作品となりました。

一方、『君の名は。』は中国でも公開し、なんと3日間で42億円という中国内の新記録を達成。

『君の名は。』の勢いが止まりません♪♪

 

_/_/

 

『君の名は。』の大ヒットについては、その鍵を次の記事で別サイトで解説しています。

 

良かったら、こちらも読んでね♪

www.kiminona8.net

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

『君の名は。』中国で公開!!

f:id:kanreki7:20161206041252p:plain

(画像出典:kaigai-drama-board.com)

 

2016年は『シン・ゴジラ』や『君の名は。』の大ヒットで絶好調の感がある日本映画界ですが、実は、国内需要は横バイなんだとか...。

 

つまり、作り手としては、海外興行を狙わざるを得ない時代に突入しているのです。

 

そんななか、アニメを中心に日本作品が受け入れられている市場として、やはりアジア市場が有望株なんです。

 

なかでも、世界的に見てもダントツ有望な市場が中国市場です。

データによると、2018年には市場規模としては北米を抜き去るとみられています。

経済規模同様に、映画市場規模は、1位中国、2位、アメリカ、3位日本となるのです!

 

ところで、『君の名は。』のアジア公開については、台湾、タイ、香港と続けてきましたが、いよいよ大規模市場・中国でも12/2に公開しました。

 

そして、中国を含む、このアジア4市場では、いずれも週末興行ランキングでトップを獲得しました。

『君の名は。』が持つポテンシャルの証明です♪

 

そして、中国の公開3日間(12/2〜4)の累計興行収入は、約42億円となり、それまで日本映画でトップだった『STAND BY ME ドラえもん』を抜き新記録を達成したのです!!!

 

それにしても、中国の規模が驚きなんですよ〜〜。

 

日本における『君の名は。』の前週末(12/3〜4)の公開館数(スクリーン数)は296でした。

一方、中国公開の初日(12/2)の公開館数(同)は、67,823です。なんと日本の229倍です。

さすが中国、度肝を抜く桁違いな規模ですね♪♪

 

『君の名は。』日本歴代2位達成!

f:id:kanreki7:20161206043255p:plain

(画像出典:citar.jp)

 

『君の名は。』を除く、日本映画の興行収入ランキングは次のようになっていました。

なお、金額は累計興行収入、( )内は、公開年です。

 

  • 01位、308億円、千と千尋の神隠し(2001年)
  • 02位、196億円、ハウルの動く城(2004年)
  • 03位、193億円、もののけ姫(1997年)
  • 04位、173億円、踊る大走査線 THE MOVIE 2(2003年)
  • 05位、155億円、崖の上のポニョ(2008年)
  • 06位、120億円、風立ちぬ(2013年)
  • 07位、110億円、南極物語(1983年)
  • 08位、101億円、踊る大走査線 THE MOVIE(1998年)
  • 09位、  98億円、子猫物語(1986年)
  • 10位、  92億円、借りぐらしのアリエッティ(2010年) 

 

『君の名は。』ですが、累計興行収入が199億5千万円となり、この歴代ランキングの『ハウルの動く城』を抜き、2位となったのです♪

 

で、それってとてつもなくスゴイことなんです。

 

まず、もう一度、ランキングを観てください。

黄色下線の作品は、すべてジブリ作品です。

ランキング10位作品中、アニメ作品は6作品で、そのすべてがジブリ作品なんです。

つまり、圧倒的なジブリ作品の強さの前に、他のアニメ作品は手も足も出せなかったのです。

そのアニメ作品群の牙城に『君の名は。』が食い込んだ意味は、スゴイことなんです。

 

そして、上位5作品を見てください。

ここ10年で、150億円の興行収入を果たしたのは1作品『崖の上のポニョ』(2008年)だけなんです。

2010年代に入って、邦画作品の好調さが目立ってきましたが、それでも、歴代上位(1〜5位)に食い込む作品は出なかったのです。

 

そんななか、2016年は、『シン・ゴジラ』、『君の名は。』が歴代10位に食い込み、しかも『君の名は。』は2位と躍進したのです。

日本映画界の何かが変わり始めているのかもしれませんね♪♪

 

そして、『君の名は。』は、アカデミー賞への道も驀進中!?

f:id:kanreki7:20161206045830j:plain

(画像出典:natchan217.hatenablog.com)

 

『君の名は。』が12/4(アメリカ時間)、『第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞』でアニメ映画(BEST ANIMATION)を受賞しました。

 

同賞を受賞したのは、『千と千尋の神隠し』、『かぐや姫の物語』(いずれもジブリ作品)に続き3作目となりました。

 

そして、この受賞は、アカデミー賞受賞への大きな一歩となったのです♪

 

まとめ

 

勢い止まらずヒット街道驀進中の『君の名は。』

ブログ管理人もすでに4回観ています。

じっくりヒットの秘密を探ってみたいと考えています。

 

『君の名は。』の興行収入 200億円突破はもう目の前です。

どこまで興行収入記録を伸ばせるのか、注目しています♪♪

※冒頭の画像出典:headlines.yahoo.co.jp

 

この記事もよく読まれています⇒