未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

安藤優子、失言!?ノンスタイル井上が起こした接触事故を「小さなことが大事になってしまった」と発言



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20161213142651p:plain

ニュースキャスターの安藤優子さん、12/13放送のフジテレビ系ニュースバラエティ番組『直撃LIVEグッディ!』で、おやおやというご発言がありました。

番組としてはスルーして進めたようです(この記事を書いている現在、とくに謝罪コメントもありません)。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

ノンスタイル井上さん、当て逃げ!?

 

それはノンスタイル井上さんが当て逃げしたのかという接触事故報道のときにおきました。

まず、この事故について。

ちなみに、この件で井上さんが逮捕されたわけでもありませんが、所属事務所からは当分の期間休養とする旨の発表がありました。

 

ノンスタイル井上さんは、12/11(日)の午後11時45分、東京都世田谷区若林の都道で接触事故を起こしました。

井上さんは「ぶつかったかも」と思ったものの事故状況の確認をせずに、そのまま走り去りました。

 

事故状況ですが、右折ラインを走っていた井上さんが、信号の手前で直進のラインにライン変更した際、直進ライン後方から来たタクシーの右前方と井上さんの車左後方が接触したというものです。

 

タクシー運転手は、首や腰に完治2週間ほどの怪我を負ったとのことです。

運転手がナンバーを覚えていたので、井上さんが運転していたということが発覚しました。

 

警察の発表によると、「世間に知られたら大変なことになる」との井上さんの発言があったとのことです。

 

当て逃げかどうかというような観点で番組内で議論が...

 

本事故については、状況を説明するとともに、井上さんが当て逃げなのかどうかというような観点で番組内の議論をするという時間がありました。

 

その渦中、安藤優子さんの問題発言がありました。

 

  • 小さなことが大事なってしまった

 

「小さなこと」という言葉遣いは、大いに気になりました。

「小さなこと」=「たいしたことないこと」=「スルーしてもいい程度のこと」??

 

ニュースを客観的に報じる番組としては、「小さなこと」という判断は、本当にそれで良かったのかと、大いにひっかかりを感じた部分です。

 

状況は当て逃げです

 

接触事故相手が怪我をしたのは紛れもない事実で、その当事者が停車&降車して状況確認することなく走り去ってしまった。

 

しかも、ぶつかったかもしれないという認識もあった。

 

これはどう言い逃れしようが当て逃げです。

 

接触事故と今回の当て逃げについては、きちんと事故相手を含めきちんと謝罪して、必要な反則金などを支払うことで一応の解決がつくのではないでしょうか。

 

本件で、一番大切だと思うのは、「万一のとき逃げてしまうという行動基準がノンスタイル井上さんのなかにある」ということです。そして、それらは無意識で働いてしまうだろうということです。

 

なので、そういうものをきちんとケアして解除してあげる必要があると思うのです。

 

所属事務所は、当分の休養を命じ、補償を含めスケジュール調整をするだけだとしたら、所属タレントに対する「愛」がなさ過ぎだと感じています。

 

まとめ

 

話がズレかかりましたが、ノンスタイル井上さんの接触事故は、けっして小さなことではないのです。

 

「小さなこと」という認識では、根本的なことは何も変わらないと思うのです。

 

余計なことかもしれませんが、安藤優子さんの発言が気になったので書きました。

※冒頭の画像出典:citydiver.net

 

この記事もよく読まれています⇒