未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

国際手配中の鄭維羅(チョン・ユラ)が1月1日(現地時間)拘束!!



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20170103073133p:plain

崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件解明の重要人物の1人、崔順実(チェ・スンシル)の娘、鄭維羅(チョン・ユラ)容疑者(21)が1月1日(現地時間)、デンマークで不法滞在の疑いで現地警察に逮捕されました。

2015年生まれの息子と一緒にいたとのことです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

逮捕詳細...

 

2017年1月1日(デンマーク時間)、デンマーク北部のオールボーで鄭維羅(チョン・ユラ)容疑者は逮捕されました。

直接の逮捕容疑は、不法滞在であり、デンマーク警察に逮捕されたのです。

特別検察チーム(以下、特検チームと記す)は、2016年12月27日に鄭維羅(チョン・ユラ)容疑者を国際刑事警察機構(ICPO)に国際逮捕手配を要請していました。

この要請対象となった者は、身柄拘束された場合、手配要請を行った国に強制送還されます。

 

ちなみに、デンマークでは不法滞在容疑の身柄拘束時間は、72時間。

つまり、韓国送還の手続きには期限があるということです。

 

鄭維羅(チョン・ユラ)の容疑は... 

 

鄭維羅(チョン・ユラ)容疑者には、様々な疑惑があります。

  • 梨花女子大学不正入学疑惑
  • 学事管理関連特恵疑惑
  • 乗馬協会外圧疑惑
  • サムスン等大企業からの特恵支援疑惑

などです。

鄭維羅(チョン・ユラ)容疑者が韓国に送還されれば、特検チームの調べも大きく進捗することが期待できます。

しかし...

 

送還に時間がかかる場合も!?

 

かつて、セウォル号沈没事故関連で、セモグループ会長の長女がフランスで逮捕されました。

しかし、「韓国送還を阻止して欲しい」という裁判を申請した結果、フランス裁判所が「韓国に送還すべき」と確定判決を出すのに、逮捕から22ヶ月もかかったのです。

つまり、鄭維羅(チョン・ユラ)容疑者がセモグループ会長長女のような行動に出れば、送還が著しく遅れ、特検捜査にも大きく影響が出ることになります。

_/_/

鄭維羅(チョン・ユラ)容疑者は2016年12月に国会召還されていましたが行方不明で出席せず。

ドイツで弁護人を選任し、特検チームの捜査に備えていると言われていました。

その流れで、送還に抵抗することも考えられます。

今後の鄭維羅(チョン・ユラ)容疑者の出方に注目しなければなりません。

 

まとめ

 

このところ、崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件の解明の進捗が明らかにされていません。

娘・鄭維羅(チョン・ユラ)逮捕・送還で、進展が期待できるのでしょうか。

そして、肝心要の朴槿恵大統領の行く末はどうなるのでしょうか。

 

冒頭の画像出典:japanese.joins.com

 

この記事もよく読まれています⇒