未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

大相撲2017初場所、10日目、稀勢の里、再び単独トップに!



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20170111095052p:plain

 

大相撲2017年初場所、10日目。

優勝争いに大きな変化はなし。

前頭・貴ノ岩が2敗目を喫し、稀勢の里が再び単独トップにたったけど、もともと貴ノ岩の優勝可能性は高くないので、大きい変化とは言えない。

それ以上に、単独トップになってしまったことが、ちと心配(>_<)

11日目に稀勢の里がガッチガチにならなければいいけど...。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

10日目終わって3敗までの力士一覧

 

稀勢の里と白鵬は揃って連敗を免れました。

3敗までの力士一覧を載せますね。

9日目から1人減って総勢11人の力士です。

この一覧から10日目に消えたのは、前頭・佐田の海だけです。

なお、現段階で、下線は実質的な優勝争いだとブログ管理人が考える力士です。

全員、三役以上の力士で、前日から2人減って、4人となりました。

  • 9勝1敗、大関・稀勢の里
  • 8勝2敗、横綱・白鵬
  • 8勝2敗、前頭10・貴ノ岩
  • 8勝2敗、前頭10・蒼国来
  • 8勝2敗、前頭13・逸ノ城
  • 7勝3敗、大関・豪栄道
  • 7勝3敗、小結・高安
  • 7勝3敗、前頭筆頭・御嵩海
  • 7勝3敗、前頭3・勢
  • 7勝3敗、前頭5・豪風
  • 7勝3敗、前頭8・北勝富士

  

「10日の注目の取組」の結果は...

 

次の5番に注目しました。

 

前頭10・貴ノ岩 対 前頭14・千代大龍

 

貴ノ岩は千代大龍に引き落としで負け、2敗となりました。

結果、稀勢の里が1敗で単独トップに立った瞬間です。

そして、平幕優勝も完全に消滅した瞬間でもあるわけね。

 

小結・高安 対 前頭筆頭・宝富士

 

押し出しで高安の勝ち。

稀勢の里の弟弟子、優勝争いにしっかり残っています♪

 

前頭筆頭・御獄海 対 関脇・正代

 

御獄海が寄り倒しで勝ち。

正代が 6敗目で、関脇勝ち越しに黄色信号が。

一方、御獄海はあと1勝で勝ち越し。

春場所の三役昇進は確実ですね♪ 

 

大関・稀勢の里 対 大関・照ノ富士

 

寄り切りで、照ノ富士を下して、優勝争いトップ確定。

一方、照ノ富士は6敗で来場所カド番の可能性大に。

 

横綱・白鵬 対 前頭3・勢

 

横綱の立ち会いの両手突きに勢が驚いたのか、突き落としで白鵬の勝ち。

白鵬、3連敗は免れました。

 

11日目、注目の取組

 

注目は3番です。

 

小結・高安 対 関脇・正代

 

過去対戦は1戦で、正代が勝っています。

高安、自分のために頑張れ♪

 

大関・稀勢の里 対 前頭4・遠藤

 

過去対戦は5戦で、稀勢の里の3勝2敗。

稀勢の里は遠藤と合口が良くないのかも...。

ちょっと心配だが、ファンとしては稀勢の里を信じるのみ。

 

横綱・白鵬 対 大関・照ノ富士

 

過去対戦は11戦で、白鵬の7勝4敗。

今場所の照ノ富士は、相変わらず弱く、白鵬の敵ではない。

しかし、今場所の白鵬は弱い。

一方、照ノ富士はカド番の危機がある手負い。

だから、何があるか判らない。

 

まとめ

 

11日目は、それほどの波乱はないと思っています。

安心して見ていられそうな1日になればいいな♪

 

※冒頭の画像出典:kininaluzyo.com

 

この記事もよく読まれています⇒