未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

横綱・稀勢の里の中学卒業文集(全掲!)〜文筆力も抜群だぞ!!



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20170125123958p:plain

 

1/25、稀勢の里、横綱昇進伝達式を終え、正式に第72代横綱となった。

ここ数日はずっと稀勢の里フィーバーが続いているが、横綱の父母の言葉も凄い。

この記事では、横綱の父母の言葉について書く。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

横綱・稀勢の里、中学卒業文集、その1

 

第72代横綱・稀勢の里の人となりがよくわかる情報。

まずは、中学の卒業文集にこういう言葉がある。

  • 天才は生まれつきです。
  • もう なれません。
  • 努力です。
  • 努力で天才に勝ちます。 萩原

ちなみに「萩原」というのは、横綱・稀勢の里の本名。

本名:萩原寛(はぎわらゆたか)。

 

それにしても、

中学3年でこの言葉って、すごくね!?

人生をきちんと見据えて生きている。

 

画像載せておきますね。

f:id:kanreki7:20170125132001p:plain

 

横綱・稀勢の里については、こちらの記事もどうぞ♪

 

横綱・稀勢の里、中学卒業文集、その2

 

中学卒業文集には長文もある。

これ、萩原少年の文章力に驚く。

萩原少年は、野球をやっていて強豪・常総学院からも話があったとか。

それを蹴って、中卒で各界入り。

萩原少年は、相撲だけでなく磨けば光るところをたくさん持っていたんだね。

 

それでは、長文をそのまま掲載。

萩原少年は、角界に入るため、中学校の同期より早く学校を去らなければならなかったのです。

 

最後の学校生活(上ばきはグリッパー)

           萩原 寛

 

この中学校生活が俺の最後の学校生活となる。

俺は今、中学校というのにピリオドをうち、社会人としての第一歩をふみだそうとしている。

そして最後となる学校生活は忘れられない思い出がたくさんある。

そのなかでも俺の心に残っていること、それは上ばきだ。

 

俺が思うに上ばきは二年間はくものだ。

俺は二年の途中まで壊れかけた、いや壊れている(ソールがとれかけて地面に足がつく)上ばきをはきつづけた。

この上ばきの短所、便所にいくと便所の水がくつ下についてとてもいやな気持ちになる。

長所は俺の足のサイズは32センチなのに29センチの上ばきでも楽にはけるところ。

 

恥ずかしいこともあった。

朝練が終わって階段を登ってると、階段にソールがひっかかり、こけた。

後ろを見ると1年生の女が大爆笑。

俺を笑っている? それともこの上ばき?

俺は迷った迷いつづけた。

そしてわかった。

どっちもだ。

 

この事件をきっかけに人の失敗を笑うことはあまりしなくなった(うそ)。

が、しかし俺の恐れていたことが起きた。

先生がこの上ばきを「かえろ」っていってきた。

しかも親にもチクった。

買いかえるしかなくなった俺は上ばきをかえることにした。

 

新しい上ばきははきごこちが悪かった。

でも今ははきごこちがよくなっている。

そしてこの上ばきとも別れをしなくてはならない。

俺の今かいているペンも そしてクラスのみんなも、中学校とも・・・・・。

しかし俺は自分のきめた道に旅だつ。

ありがとうございました。

あえてさようならとはいいません。

 

そして今、俺の最後の学校生活が終わった。

 

ちなみに「グリッパー」というのは靴メーカー名か名前なんだとか。

 

さて、なんという素敵な文章なのでしょう。

ちなみに、画像も載せます。

この絵もきっと萩原少年が書いたんでしょうね。 

 

f:id:kanreki7:20170125131816j:plain

 

まとめ

 

以上は、TBS「ひるおび」の情報ね。

第72代横綱・稀勢の里の少年時代、萩原寛(はぎわらゆたか)クンのことがよく判る情報だったね♪

※冒頭の画像出典:dattesa.net

 

この記事もよく読まれています⇒