未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

トランプ大統領(ボク)「水責め」に屈したよ!?意外に素直でしょ(爆)!!



<スポンサードリンク>

f:id:kanreki7:20170128173308j:plain

 

あれよあれよという間に共和党の大統領候補となり、

あれよあれよという間に大統領選に勝利し、

あれよあれよという間に大統領に就任してしまった...

なんて言われているボク。

でも、ボクは、こうなる自信はあったよ。

で、アメリカで一番偉い人になったボクは、嘘をつかない。

だから約束を守るんだ。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

トランプの話って、簡単明瞭というより幼稚らしい

 

ブログ管理人は英語を理解しない。

だからこれは、テレビコメンテーターなどが言っていたことだ。

  • トランプは、簡単な英語を話すが、言い方や内容は子供のようだ

というのだ。

さしずめ、冒頭のようなことなの...かも(^_-)

で、やることは選挙中のお約束だとは言え、あり得ないことの連続で世界中が驚きまくっている。 

 

次々に具体的なお約束実現を図るボク(^_-)

 

凄いでしょ。

ボクはたくさん大統領令に署名して、ちゃんとお仕事してる。 

  • オバマケア撤廃
  • TPP永久に離脱
  • メキシコ国境に壁を建設し、お金はメキシコに払わせる
  • シリア難民、受け入れは無期限停止
  • テロリストに「水責め」を復活

で、このラストの「水責め」は大統領令を用意しているってことね。

だけど、ボクは転けた(>_<)

 

「水責め」だめなんだって!

 

国防長官にしてあげたマティス君が「水責め」に反対しているんだ。

なんだか法的観点から、ダメなんだって。

(国内法、国際法、ジュネーブ条約遵守の観点!)

 

で、正式にマティス君が国防長官になったあと、デービス君(国防省報道部長)も「(マティスの)考えに変更はない!」なんてダメを押したんだ。

 

テロリスト野郎たちに対して「水責め」することは「絶対に有効だ」と確信していたんだけどね。

 

実際に「水責め」復活するかどうかはマティス君やCIA長官に任せていたんだ。

マティス君が「ダメ!」というなら仕方ないね。

 

ボクって、意外と素直でしょ。

 

_/_/

 

でも、アメリカで一番偉いってことは、世界で一番偉いってことだからね。

それに超お金持ちのこのボクに逆らうのって、なんだか腹が立つな。

自信があった「水責め」でコケちゃったのは、やっぱり悔しいな。

 

まとめ

 

「幼いボク」に語ってもらったが、ボクは意外と素直なのかもしれない(^_-)

正論をボクに真正面からぶつけるのが、結構、効果的なのかもしれない。

そういう点では、「メキシコ負けんなよ!!」と応援したい。

近々階段するという安倍君も、「幼いボク」なんかに負けるなよ!

※冒頭の画像出典:saigaijyouhou.com

 

この記事もよく読まれています⇒