未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

佐藤優氏のトランプ大統領分析(2016/3/4)が凄すぎる!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170212063908j:plain

 

ネットサーフィンしていて、佐藤優氏のトランプに対する発言を見つけました。

ラジオ『くにまるジャパン』での発言です。それが...

なんと、2016年3月4日なんです。

いまから1年以上も前!!

佐藤優氏の分析力は素敵過ぎます♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

『くにまるジャパン』2016/3/4

 

佐藤優氏のトランプ大統領候補に関する発言は、2016年3月4日のラジオ番組『くにまるジャパン』(文化放送)のことです。

当時、トランプ氏は、まだ共和党の大統領候補にもなっていない時期ですが、いよいよ共和党はトランプになってしまうかも...というタイミングでした。

 

佐藤優氏の分析

 

トランプの選挙戦は理にかなっている!?

 

  • トランプは「共和党をぶっ壊す」と言っているわけ、それで改革を進めると。
  • 「イスラム教徒をテロが解決するまで入国させない」というのは暴言だが、誰を国内に入れるかは国の主管なので、違法発言ではない。
  • むしろ今まで政治に関心がなかった人の声なき声を吸い上げてくれるという側面がある。
  • 法律には違反していないけど、世の中でタブーになっていることを取り上げることで、今まで支持していなかった人の支持をかき立てている。
  • マスコミや共和党のなかのネオコンがトランプを叩けば叩くほど「トランプは俺たちの代表だ」という展開で、求心力がついてくる。

 

トランプ大統領はアメリカの立ち位置を180度変える

 

  • トランプが大統領になれば、既得権益は全部ひっくり返され、同時に、国際政治も変えてしまう。
  • トランプはアメリカ孤立主義者。
  • トランプの一貫した姿勢は「もっとアメリカを豊かにしよう。偉大なアメリカにしよう。アメリカ人の生活さえ良くなればいいんだ。あとは知ったことじゃない。」
  • アメリカ孤立主義は、中国やロシアは大歓迎。
  • 日本は「駐留なき安保」になる可能性もあり。
  • TPPもやめる。
  • 日本の車や家電にも思い切り関税をかける。

 

アメリカの実態!?

 

  • ハーバードの授業料は10ヶ月で800万円。
  • ロースクールなら最低6年だから、授業料だけで4800万円。
  • 超富裕層の子どもしかもうハーバードには入れない。
  • エリート大学を出ると投資銀行で年収2000万〜3000万円からのスタート。
  • それ以外のフツーのアメリカ人には就職口がない。
  • あるいは大学を卒業してもアルバイトで日銭20〜30ドルを稼ぐという状況。
  • こういう状態で、アメリカの若い人たちは閉塞感などという状況を越えている!
  • 格差が絶対に追いつかないところまでに拡がってしまった。
  • 現代のアメリカは「異常社会」。

 

トランプ大統領の実像!?

 

  • 武器商人がアメリカでは巨大な力を持っている。だから煽ってる。
  • トランプは、戦争で、適宜儲けてくださいというスタンス。
  • 海外では戦争を起こし、国内では金持ちいじめをはじめる。
  • 這い上がりのトランプだから、遺産相続や金融で儲けることは嫌い。だから、そこに課税する。
  • 今のネオコンやマスコミのトランプに対する総反発の出所は、ウォールストリートの反発。
  • だから、ウォール街のことは良く思っていない。
  • ウォール・ストリートをシメて、アメリカを強くするためにはみんなにチャンスがなくてはいけないという考えで、大学の授業料を安くする。

 

トランプ大統領のアメリカは日本の未来!?

 

  • 新自由主義による格差が粋すぎてしまったので、サンダースのような社会主義的方向性と、トランプのようなファシズム的な方向性の両極端が出てきた。
  • トランプが大統領になれば、ファシズム的な方法で社会政策をやる。
  • 日本の格差も深刻な状態になってきた。
  • トランプの雰囲気は橋下徹のなかにある。
  • まだまだ日本の格差はアメリカほどではないが、動きはアメリカ的ではある。

 

まとめ

 

いちいち、もっとも。

なるほどな〜という感じですね。

佐藤優さんの著作やサイトでの情報に少し注目してみますね♪

※冒頭の画像出典:nicovideo.jp

 

この記事もよく読まれています⇒