未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

清水富美加騒動、事態の泥沼は続く〜好戦的だから交戦する...のかも(>_<)



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170214180649p:plain

 

好戦的=交戦好きなのかも...という記事です。

このところニュース番組等で清水富美加さんの騒動が持ちきりです。

そのなかで顕著な意見があります。それは...

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

もっと円満な落としどころはなかったのか?

 

現在の泥沼化、とくに、経済的に多大な損害が起こりそうな事態を穏便に円満に収集する方法はなかったのかという見方、批判です。

清水富美加さんの代弁者は、清水富美加さんを助け、彼女が人々を助ける人になるという「大きな善」の前には、清水富美加さんが仕事を放棄することで生じる損害を避けるという「小さな善」など取るに足りないという姿勢を表明しています。

とてもふざけた言い分で、到底、世間では受け入れられない考え方です。

 

2/14夜の事務所の表明で...

 

2/14夜、清水富美加さん所属の事務所レプロから、マスコミにFAXが届きました。

最大限に清水富美加さんの意思を汲んだ方向で解決するという内容です。

しかし、これに清水富美加さんの代弁者側が反論。

清水富美加さんの代弁者側は、本件について徹底的に交戦(抗戦ではなく交戦!)したい模様です。

交戦は、映画などの公開をますます難しくします。

清水富美加さんの代弁者側は、経済的損害を徹底的に実現したいのでしょうか...。

 

二者択一しかない思想は怖い

 

思想信条の自由が前提としてあるので、マスコミ各社はストレートなもの言いをしません。

しかし、多くの人は思っているでしょう。

二者択一しかない思想は怖い。

それがいま現実として目の前に展開されている。

そういう黒白つける思想が人々を幸せにするのでしょうか。

 

まとめ

 

今回の騒動は、無信教が多い日本において、宗教のなんたるかを考える契機を与えてくれているのかもしれません。

そういう観点では、清水富美加さんの代弁者の貢献はありそうです。

_/_/

以下はこの清水富美加さんの代弁者側の話ではなく一般論です。

白黒付けないとおさまらない、二者択一思考しかできない、戦争の火種となるなどなど...宗教にはデメリットも多いです。

異論は受け付けない、排除するという姿勢も...なんら北朝鮮と変わらないとも受け取れます。

異母兄・金正男を抹殺した北朝鮮。

そういうことがこの日本で違う形で進行しているのかもしれません。

※冒頭の画像出典:2/14ゴゴスマの一シーン

 

この記事もよく読まれています⇒