未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『カルテット』第5話〜世吹の「アレ」が真紀にバレるの巻(おひっ!)



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20170212184122p:plain

 

ブログ管理人一推しのTBS系列ドラマ『カルテット』。

今回は第5話について書きます。

なんと巻真紀(松たか子)の失踪の夫がラストに登場するのです。

えっ!?宮藤官九郎かいっ!!

 

<スポンサーリンク>

 

 

第4話のおさらい

 

  • 第4話では、家森論高(高橋一生)が抱えている「闇」が明らかになります。
  • 家森を付け狙っている男たちの正体が3人にバレます。
  • なんと、家森には元妻がいて、そして男の子もいたのです。
  • 家森を捨てた元妻は、いまは若い男と暮らしています。
  • その若い男の父が、うさんくさい2人を使って、息子を連れ戻そうとしていたのです。
  • いろいろあって、若い男と元妻は別れます。
  • 家森による拉致騒動なんかがありましたが、カルテットのメンバーのおかげで、家森は息子と濃密なときを過ごすことができます。
  • しかし、別れのときはやってくるのです(>_<)

(第4話の記事から)

 

 より詳しくはこちらの記事をどうぞ♪

 

第5話の展開は(軽くネタバレ)...

 

第5話の冒頭は、巻真紀(松たか子)の義母(もたいまさこ)へ世吹すずめ(満島ひかり)がいつもの調査報告をするシーンから始まります。

義母が言います。

  • 巻真紀がマンションに男と居た

と。

それはゴミ片付けにいった別府司(松田龍平)だったのです。

依頼人の義母はまたしても誤解を重ねたようなのですが...。

真紀の義母は、世吹に脅しをかけます。

_/_/

カルテットの合奏を別府の弟が聞きに来ます。

そして、別荘の処分のことなどを話し合います。

カルテット4人は、別府の弟が紹介してくれた仕事を請け負います。

それはとんでもない仕事でした。

4人は自分たちのなさけない状況を受け入れ、その仕事をやりきります。

_/_/

ところで、真紀の義母は、すずめへの調査依頼を止め、レストランのアルバイト店員・来杉有朱(きすぎありす、吉岡里帆)に依頼先を変更。

有朱がカルテットの共同生活の場、別荘に乗り込みます。

そして、夫の失踪について、すずめも同席するなか真紀に厳しく問い詰めます。

で、いろいろあって、有朱が使っていた録音機が落ち、真紀に見つかってしまいます。

真紀が録音機を再生してみると、それは別荘での会話が録音されていました。

すずめが録音していたことが真紀にバレてしまいました。

_/_/

自分がしていたことを恥じ、別荘を出たすずめ。

そして、ある男とぶつかります。

名も無いその男(宮藤官九郎)こそ、巻真紀を捨てた夫だったのです。

 

人生いろいろ、またしても世吹の巻!?

 

第5話は、巻真紀の巻(笑)かと思ったら、またしても、すずめの棘を解くための巻でした。

これで怖い物がなくなったすずめが、第2章以降で大活躍するかな?

で、いよいよ第6話こそ、巻真紀の巻(しつこい!)になるのかなと思うのですが、どうかな?

 

まとめ

 

第5話は終わり、『カルテット』の第1章は終了です。

第2章は、巻真紀(松たか子)の失踪の夫がきちんと登場し、いよいよドラマは核心へ進む...かっ!?

※冒頭の画像出典:matome.naver.jp