未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

『嫌われる勇気』楽しめた〜日本アドラー心理学会からの苦情直後♪



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170212175022p:plain

 

日本アドラー心理学会が香里奈主演ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系列)に猛烈抗議したので、逆に、2/16の『嫌われる勇気』が楽しみでした♪

そのことを書きますね♪

そして、次回のテーマは『共同体感覚』なんだって♪♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

これまでに2つの記事、書きました

 

日本アドラー心理学会が、香里奈さん主演のドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系列)に猛烈抗議をしたということに関して、これまで2つの記事を書きました。

 

1つ目の主旨は、

  • 日本アドラー心理学会って度量狭すぎじゃね? 

というものです。

そして2つ目の主旨は、

  • 自分なりに勉強しなおしたら、日本アドラー心理学会の主張も正しいかも

というものでした。

揺れる心をそのまま書いちゃったわけです。

_/_/

でそんなこんなで、猛烈抗議のあとの2/16のドラマ『嫌われる勇気』がとても楽しみだったのです。

怖い物見たさというか(^_^;)

 

ちなみに、過去記事については、こちらをどうぞ。


2/16ドラマのテーマは...

 

「信用」と「信頼」です。

  • 信用は条件付き
  • 信頼は無条件

という解釈で、ドラマが展開されます。

ドラマの内容詳細は書きませんけど、なかなか楽しめました。

そして、「信用」と「信頼」の違いもしっかり頭に入りました。

_/_/

やはりドラマ『嫌われる勇気』は、アドラー心理学の啓発としては「使えるドラマ」なのでは。

だから、もし不足点があったら、それを日本アドラー心理学会がカバーしてあげればいいだけのこと...のようにも感じます。

 

次週2/23のテーマは...

 

「共同体感覚」です。

日本アドラー心理学会がドラマ『嫌われる勇気』に噛みついたコアの概念。

アドラー心理学で大切な概念「共同体感覚」なのにも関わらす、ドラマ『嫌われる勇気』は大いなる誤解をさせて展開している、許せない...と主張したアレです。

_/_/

フジテレビも挑戦的ですね。

来週の内容が楽しみです。

そして、どうやらこのドラマに隠れている伏線(主人公の誘拐や父の失踪)が徐々に明らかになる模様です。

_/_/

以下は単なる推測なんですが、主人公が師事しているアドラー心理学者が犯人だったとしたら...また日本アドラー心理学会は噛みつくのでしょうか(>_<)

 

まとめ

 

視聴率に必死なフジテレビとしては、たとえどんな理由であっても話題性がアップすることは大好物ですよね。

だからきっと、日本アドラー心理学会からの猛烈抗議は「チャンス!」と思っているかもしれません。

でも、そういうことでリキ入れると、大概空回りするんだよな〜。

個人的には、いろいろあって超逆風状態の香里奈さんに頑張って欲しいので、あまり波風立てずに、フツーに終わってもらえれば...と思っています。

※冒頭の画像出典:goddy-layout.com

 

この記事もよく読まれています⇒