未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

KANA-BOON(カナブーン)飯田が清水富美加と不倫、どーでもいいんですけど(>_<)〜飯田謝罪全文掲載追加



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170221075107p:plain

 

元タレント・清水富美加さんとの不倫相手が、KANA-BOON(カナブーン)のベーシスト飯田祐馬(めしだゆうま・26)であると発覚。

それで、所属事務所が慌ててるけど...っていうことを書きます(^_^;)

 

<スポンサーリンク>

 

 

元タレ・清水富美加の不倫相手!?

 

この話題なんかも、芸能ジャーナリストたちが清水富美加でまだ儲けられるぜというネタ探しかいっ!?と思っちゃう話です(>_<)

そういうことを書いているブログ管理人も同じ...かも(^_^;)

_/_/

ということで、もう芸能人ではない清水富美加さんですから、過去に不倫しようがどーでもいいことなんですけどね。

 

で、最初に噂になった人は、とんだ濡れ衣だった模様。

ABCのyasuさんです(>_<)

そして、19日スポニチの紙面上で、清水富美加さんの不倫相手が特定されました。

それは、KANA-BOON(カナブーン)のベーシスト、飯田祐馬(めしだゆうま・26)です。

本人も、KANA-BOONの所属事務所もそれを認めているんだとか。

 

_/_/

 

清水富美加さん関連では、こちらの記事もどうぞ♪

 

KANA-BOONとは...

 

大阪出身の4人組のロックバンドです。

2006年、大阪府立和泉工業高校の同級生たちが軽音部で結成しました。

その後、2013年9月にメジャーデビュー。

現在のメンバーです。

  • 谷口鮪、ボーカル&ギタリスト
  • 古賀隼斗、ギタリスト&コーラス
  • 飯田祐馬、ベース&コーラス
  • 小泉貴裕、ドラム

ちなみに、今回、不倫話題の渦中にあるのはベーシストの飯田さん。

彼は、2代目ベーシストで、2011年に加入しています。

_/_/

KANA-BOONという面白いバンド名。

当時、古賀さんのなかのマイブーム語、「ブーン」(インターネットスラング)と、「なんとなく字面がKAT-TUN」に似ているということで「KANA-BOON」になったんだとか(^_^;)

_/_/

また、KANA-BOONの作詞・作曲はすべて谷口さんなんだそうですが、アレンジはセッションで行っているそうです。

 

飯田の謝罪と謹慎!?

 

飯田祐馬さん事務所を通じ、次のようにコメントしているとか...。

  • 清水富美加さんに対して本当に申し訳ないことをした。
  • どんな処分でも受ける。
  • 妻とも十分に話し合い、夫婦の間では解決した。

飯田さんは、清水富美加さんとの仲は破局したものの、清水富美加さんが仕事や今までの友人関係を断ち切って、突然に出家したのは自分のことが1つの要因かもしれないと責任を感じているそうです。

そして、飯田さんの所属事務所は、今後の活動などは協議中だとか。

元タレのために、そこまで騒動を大きくする必要があるのかどうかは、よくわかりません。

 

まとめ

 

以下、2/21、午後6時40分、文章撤回します。

不倫は双方の責任だと思います。

清水富美加さんのほうが一方的に被害者なんて...あり得ないでしょ。

で、清水富美加さんのほうは責任取る様子がないのだから、飯田さんはフツーに活動すればいいんです。

...という考えもあると思うんですよね(^_-)

 

追伸(2/21、午後6時40分)

 

KANA-BOONベーシスト飯田さんの謝罪書面が少し詳しく分かりましたので、すでに書いていることと重複する部分がありますが、謝罪コメント全文を、追記します。

_/_/

下記を読む限り、最初、ブログ管理人が「まとめ」に書いたことが随分違っていたようです。

清水富美加さん、ごめんなさい。

既婚であることを明かさず、ずっと付き合い始め、明かしたあとは離婚を匂わしてつき合い続けていたってたのは、やっぱり飯田さん、あなたが悪いよ(>_<)

以下、わかりやすくするため、1文毎に区別する形で転載します。

  • 私は2014年4月に一般女性と入籍致しました。
  • しかし、私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました。
  • 2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました。
  • このことで、清水さんや妻を傷つけてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。
  • また、清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております。
  • 私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。
  • また、いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます。
  • 2017年2月21日
  • KANA-BOON 飯田祐馬

(事務所発表の謝罪コメントより)

※冒頭の画像出典:噂のデートスポット東海.jP

 

この記事もよく読まれています⇒