未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

西内まりや主演『月9』史上最低視聴率2週連続更新に対する2つの見方!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170221113228p:plain

 

西内まりやさん主演の『月9ドラマ』〜『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系列)が絶不調、2週連続の『月9』史上査定視聴率を更新したということについて書きます(>_<)

これについては、いろんな見方があるのですが、今回は2つの見方について言及しますね♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

『月9』史上最低視聴率を2週続け更新ちう!?

 

西内まりやさん(23)主演の『月9』ドラマ、『突然ですが、明日結婚します』が絶不調です。

先週、第5話が視聴率 6.6%を記録。

これまでの『月9』史上最低視聴率だった『ラヴソング』の最低視聴率 6.8%を更新しちゃいました。

そして、その勢いのまま(?)、第6話は更に最低視聴率を更新し、なんと 6.2%をマーク。

いよいよ、5%台の大台(!?)に激オチか!?...という事態を迎えてしまいました。

 

『突然ですが、明日結婚します』とは...

 

このところ不調続きだった『月9』ドラマの起死回生を狙って、歌手で女優の西内まりやさんを主演に据えてのドラマでしたが...。

このドラマの原作は、漫画です。

宮園いづみ氏による同名漫画。

2014年5月号から『プチコミック』に連載ちう。

現在、コミックは7巻まで出ていて、人気あるんです。

そんな人気漫画が原作ですから、そして、主演が歌えて演技ができる美しい若手女優・西内まりやさんだから、ヒットを大いに期待していたようです、フジテレビはね!

_/_/

出演キャストは、西内まりやさん以外に、山村隆太さん、山崎育三郎さん、中村アンさん、加藤諒さん等々、話題になりそうな陣容で固めています。

それなのに...。

1/23スタートの第1話は、8.5%と低調なスタート。

いやな予感!?

で、ダダ減りを続け、第5話、第6話で連続の『月9』史上最低視聴率の2週連続更新となったわけです。

_/_/

でも、どうやら中高生やF1層(20歳から34歳までの女性)には、人気があるようなのです...。

 

『月9』不調の見方、その1

 

それは、フジテレビそのもののドラマ制作力が完全に堕ちたということです。

『月9』だけならまだしも、1-3月期の他のドラマも絶不調作品が多いのです。

かろうじて、SMAP解散のプラス余波で、草なぎ剛さん主演の『嘘の戦争』が2桁の視聴率をキープしています。

ブログ管理人が好きな作品で毎回見ている、小雪さん主演の『大貧乏』なんて、もう悲惨、悲惨、視聴率的にはね。

_/_/

つまり、視聴率不調ドラマを量産しているフジテレビ。

もうかつての力は瓦解した...というのです。

それに、『月9』が本気で視聴率稼げたのも、その主は1990年代のことだけなのです(>_<)

かつての夢を引っ張りすぎたかな?

そうそう、前述した草なぎ剛さん主演ドラマ『嘘の戦争』は、関西テレビ制作です。

 

『月9』不調の見方、その2

 

西内まりやさんのこのドラマ『突然ですが、明日結婚します』は、民放の見逃しサイト「TVer」では、視聴が高い作品なんだそうです。

しっかり、F1層が見てる。

つまり...

昨今は、「TVer」などの見逃し配信が充実してきたことで、リアルタイムな視聴にゆがみが出てきたということです。

リアルタイムな視聴の指標となる「視聴率」そのものが、瓦解の危機にあるということです。

リアルに見なくても、スマホやタブレット、あるいはパソコンで、1週間以内ならいつでも好きなときに好きなところで見ることができる。

じゃぁ、わざわざリアルに見る必要ないじゃん...ということです。

これって、視聴率を軸に組み立てられているテレビ局のビジネスモデルを大きく揺るがす事態なのです。

スポンサーのお金の出し方も大きく変わる時代が来ているのかもしれません。

 

まとめ

 

西内まりやさん主演の『月9』ドラマの視聴率不調は、前述の2点の見方の両方ともにあり得る...ブログ管理にはそう考えています。

ただし、より深刻なのは、つまり、単にフジテレビだけの問題じゃないという点で、「その2」のほうに問題が潜んでいるでしょう。

ようするに、視聴者のライフスタイルの自由度が高まったということです。

ビジネスモデルの変化が、そういう視聴者の変化に追いついていない結果が、「視聴率が瓦解か!?」ということに繋がっているんだと思います。

※冒頭の画像出典:dorama9.com

 

この記事もよく読まれています⇒