未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

ドラマ『カルテット』第6話〜「巻真紀の巻」&宮藤官九郎ね♪



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170212184122p:plain

 

ブログ管理人一推しのTBS系列ドラマ『カルテット』。

第6話について書きます。

いよいよ第6話は、巻真紀(松たか子)にスポットライトがあたります!

 

<スポンサーリンク>

 

 

第5話のおさらい

 

  • 第5話は、別府司(松田龍平)、巻真紀(松たか子)、世吹すずめ(満島ひかり)、家森論高(高橋一生)の共同生活で抱えるゴミ問題(?)からはじまります。
  • そして、いつもの4人の面白会話が炸裂!
  • 真紀の夫殺害を疑う真紀の義母(もたいまさこ)は、調査依頼をすずめから、レストランのアルバイト来杉有朱(吉岡里帆)に変えます。
  • そして、来杉が直接、真紀に追求するという大胆行動を!
  • その結果、すずめが真紀を調べていたことがバレてしまい、すずめは別荘を出て行きます。
  • 町を放浪するすずめは、ひょんなことから「あやしい男」(宮藤官九郎)に出遭います。
  • この男、なんと真紀の失踪した「夫さん」だったのです。

(第5話の記事から)

 

より詳しくはこちらの記事をどうぞ♪

 

第6話の展開は(軽くネタバレ)...

 

これまでの5話のなかで、主要メンバーそれぞれにスポットライトがあたる展開がありました。

しかし、一人だけスポットライトの外にいたのが第1バイオリン担当の巻真紀(松たか子)です。

その反動でしょうか...

第6話は、ほぼほぼ「巻真紀の巻」です。

そして、巻真紀に注目する展開なので、その失踪「夫さん」(宮藤官九郎)にもスポットライトが。

2人がどうやって出遭い、そして、どうやってすれ違い、なぜ「夫さん」が失踪したのか...ということが明らかになります。

それにともない、義母の疑問も解消されるのですが、真紀は断言します。

もう夫とは別れると...。

極めつけのフレーズは

  • 愛しているけど、好きじゃない

う〜ん、深すぎるです。

_/_/

このあと、失踪していた「夫さん」がヤバイことをやってしまいます。

すでにドラマに登場した段階で、コンビニ強盗をしでかしてしまっているのです!?

それに加えて...。

いきなり、刑事ドラマみたいな展開になってしまうのか!?

ドラマのテイストが変わってしまうような展開に、ちょっと驚いています。

 

まとめ

 

第6話からはじまる『カルテット』の第2章は、別物な物語なのでしょうか。

「カルテット4人のとぼけた会話」が素敵で、毎回、楽しみだったのに。

もし、そういうのがなくなったら...嫌です。

素敵だけど、好きじゃないです、そういうの(>_<)

※冒頭の画像出典:matome.naver.jp