未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

フジテレビ『嫌われる勇気』の回答〜日本アドラー心理学会クレーム

嫌われる勇気 ドラマ 香里奈 日本アドラー心理学会


<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170212175022p:plain

 

日本アドラー心理学会が香里奈主演ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系列)に猛烈抗議ということがありました。

それに対するドラマ『嫌われる勇気』からの回答がありました。

そのことを書きます。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

日本アドラー心理学会からの抗議の全文

 

抗議全文

 

株式会社フジテレビジョン

『嫌われる勇気』製作責任者御机下

 

非営利社団法人日本アドラー心理学会(以下、「本学会」と称します)は、国際 アドラー心理学会連合 International Association of Individual Psychology の 連携機関とし て、アルフレッド・アドラーの心理学の研究と啓発を目的として設置された組織で す。約1千名ほどの会員を擁し、研究集会の開催、研究誌の発刊などを行なってお ります。

 

さて、貴社が製作・放映しておられますドラマ『嫌われる勇気』の内容について、 きわめて重大な問題があると認識いたしまして、善処をお願いいたしたく本書状を さしあげます。これに先だって、図書『嫌われる勇気』の著者、岸見一郎氏にご事 情を伺った上で、貴社に本状をお送りすることをお伝えしております。

 

貴番組のアドラー心理学理解は日本及び世界のアドラー心理学における一般的な 理解とはかなり異なっているように思えます。そのような一般的でない見解を、テ レビのような公共的な場で、あたかもそれがアドラー心理学そのものであるかのよ うに普及宣伝されるのは、日本のアドラー心理学の啓発・普及に対して大きな妨げ になると考え、本学会としては困惑しております。

 

簡単に問題点を指摘させていただきますと、そもそも「勇気」とは、「勇気とは 共同体感覚のひとつの側面である」(アドラー)と言われておりますように、「共 同体感覚」と関係して理解されております。「共同体感覚」とは「共同体感覚は、 人々が相互に理解し合い、一致に到達し、意見や信念を分かちあうことを可能にす るものである」(ヘレーネ・パパーネク)と言われるように、他者と共同し協力し て生活する能力のことを意味します。しかるに、ドラマ『嫌われる勇気』の中では、 たとえば「私はただ、感じたことを口にしているだけ」と言っている主人公を「ナ チュラルボーンアドラー」としているなど、「相互理解のための努力」や「一致に 到達する努力」や「意見や信念を分かちあうための努力」の側面を放棄しているよ うに見受けられます。

 

専門家の意見も聞きたいと考え、本学会所属のアドラー心理学指導者野田俊作氏 に相談したところ、「たしかに岸見氏がおっしゃるように、他者の評価でもって自 分の価値を判断する必要はないけれど、そういうことにとらわれずに、『他者の幸 福のため』に自分がすべきことをするというのが、アドラーの教えだと理解してい ます。ですから、自分の行為の結果が他者にどういう影響を与えるかについて、い つも配慮をしなければならないと思います。ドラマの中の考え方には『他者の利害』 という見方が完全に欠落している気がします。それではアドラー心理学とは言えま せん」というコメントをいただきました。

 

放映の中止か、あるいは脚本の大幅な見直しをお願いしたいと思っております。 早急にご検討いただき、善処いただければさいわいです。

 

平成二十九年二月三日

非営利社団法人日本アドラー心理学会

会長 中井亜由美

(出典:日本アドラー心理学会の抗議文PDF

 

抗議文のサマリ

 

長いのでサマルと、日本アドラー心理学会の要求は2つです。

  • 放送を中止するか
  • 脚本の大幅な見直しをせよ

ブログ管理人は、日本という共同体レベルで考えると、日本アドラー心理学会の抗議内容にこそ共同体感覚が欠如しているかもという「違和感」を感じています。

誤解を恐れずに書くと、近隣他国的な感覚だなと...。

でも...

日本アドラー心理学会の抗議は、視聴率で低迷をしている香里奈さん主演ドラマ『嫌われる勇気』の話題作りにもなり、「貢献」しているのかもしれません。

「貢献」...さすが、日本アドラー心理学会です(^_^;)

_/_/

ところで、日本アドラー心理学会サイトのトップには、アクセス毎にアドラーのいくつかの言葉明示されています。

その1つにコレがあります。

  • 共同体感覚は生まれながらの可能性であるが意識的に育成しなければならない

ドラマ『嫌われる勇気』の主人公、庵堂蘭子は他人のことなど全く気遣う様子もない自分勝手な刑事のように描かれています。

そういう蘭子を師匠である先生が「庵堂蘭子はナチュラルボーンアドラー(生まれながらにしてのアドラーの体現者)なんです」と口にするのが、日本アドラー心理学会は許せなかったのですかね。

 

抗議に対するフジテレビのリアクションは...

 

  • 放送中止はしない

です。

_/_/

2月3日(金)付の抗議文のあと、ドラマ『嫌われる勇気』の放送は、3回ありました。

  • 第5話、2月9日(木)
  • 第6話、2月16日(木)
  • 第7話、2月23日(木)

第5話、第6話は、抗議文を受領したときには、すでに制作完了か、制作中で間に合わなかったのでしょう。

しかし、第7話は、明らかに日本アドラー心理学会からの抗議に対する回答です。

_/_/

もともと、ドラマ『嫌われる勇気』のモチーフは岸見一郎氏共著のヒット作『嫌われる勇気』です。

この著作をモチーフに、刑事ドラマ化したオリジナル脚本によるドラマです。

しかし、制作においては岸見一郎氏の監修を受けているようです。

推測ですが、第7話は、より詳細な監修〜岸見一郎氏からの指導があったのかもしれませんね。

岸見一郎氏も日本アドラー心理学会の会員ですし...。

 

_/_/

 

日本アドラー心理学会への抗議の件については、こちらの記事もどうぞ。

_/_/

 

第7話におけるフジテレビの回答

 

第7話のタイトルは、『仲間を救え!刻む死の秒読み 爆弾魔VS蘭子』です。

 

簡単なあらすじは...

 

庵堂蘭子(香里奈)のバディ、青山年雄(加藤シゲアキ)は爆弾魔に狙われているという男から、8係の部屋で事情を聞いています。

男が鞄の中を確認してくださいと言い、青山は、中にある熊のぬいぐるみを手に取ります。

そのぬいぐるみは、なんと爆弾だったのです。

しかも、ぬいぐるみから手を離すと爆発する。

誰1人部屋の外に出られず、そして、誰1人部外者と連絡を取ることができません。

なぜなら、部屋の様子は常にウォッチされており、8係の部屋に居た者は、全員、人質状態となるのです。

庵堂蘭子も、人質の1人でした。

犯人とのやりとりは、タブレットを使って行われます。

タブレットに出てくる犯人からの問題に正解しなければ、爆弾が爆発します。

回答時間は60分。

庵堂蘭子が回答探しに奔走し、なんとか正解を得ます。

しかし、次々に問題が出ます。

4回そういうことを重ねると...容疑者が浮かび上がります。

8係の部屋にいるアノ「男」こそが犯人だったのです。

_/_/

「男」は、定年退職した元警察の者でした。

学校を出て、結婚もせず、その人生を警察に捧げてきた男でした。

しかし、そんな自分をみんなは全く歯牙にもかけない。

仲間なんて一人もいない、そういう思い込みが「男」を凶行に駆り立てたのです。

ナンセンスな動機、ナンセンスな犯罪です。

 

庵堂蘭子とバディ青山の行動

 

それこそが、今回の第7話で、日本アドラー心理学会あてに発信した回答です。

第7話では、庵堂蘭子は仲間を救うために必死に戦います。

そして、バディ青山も庵堂蘭子に全幅の信頼を寄せます。

_/_/

事件が解決し、バディ青山と庵堂蘭子の師匠で東都大学文学部心理学科教授の大文字哲人の解決が、ドラマの最後に展開されます。

  • 青山:藤堂さん、庵堂さん、しっかりもっていました、共同体感覚。
  • 青山:嫌われる勇気と共同体感覚が矛盾していないことも、わかったような気がします。
  • 青山:人にどう思われようが関係ない。
  • 青山:大事なのは自分が他者に貢献できれいると実感できることなんですよね。
  • 大文字:今回の事件、いい勉強になったようですね。

 

まとめ

 

いち視聴者としての感想ですが、第7話はドラマとしては内容にチープ感がありました。

しかし、日本アドラー心理学会からの抗議のこともあり、最後まで興味深く観ていました。

なるほど...

日本アドラー心理学会は「貢献」していますね♪

※冒頭の画像出典:goddy-layout.com

 

この記事もよく読まれています⇒