未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

2/26東京マラソン「コース変更」の中身を「今更チェック」ね!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170224090905p:plain

 

2/26開催の東京マラソン。

今回から「コース変更」なんです。

直前のこの時期に今更ながらですが、東京マラソンの「コース変更」について書きますね♪

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

東京マラソン・ミニ情報♪

 

2007年から始まった東京都下で行われるマラソン大会です。

  • 主 催:一般財団法人東京マラソン財団
  • 名 称:東京マラソンXXXX(XXXXは西暦)
  • コース:公道
  • 放 送:日本テレビ系列

 

普段走れない公道を走れるということもあり、初回から大人気のマラソンとなりました。

参加の倍率は高く、参加するだけでもハードルが高いのです(>_<)

また、沿道の応援者も多く、さらに、近隣の方々によるサポートもあつい素敵な大会です。

 

初回時都知事の石原氏の思い入れ

 

初回のときの都知事であった石原氏の思い入れは大変高かったようです。

石原氏曰く

  • 東京オリンピック構想のアピールも兼ねる

という思惑もありました。

 

エントリー種目

 

次のような種目があります。

  • マラソン(男子・女子、車いす男子・女子)
  • 10km(ジュニア&ユース、視覚障害者、知的障害者、移植者、車いすの各男子・女子)

ちなみに、マラソンの制限時間は7時間と、ゆるゆる(つまり走りやすい)との評判です。

 

賞金レース

 

2009年から、日本初の賞金レースとなっています。

ワールドレコードが出たときの特別な賞金を含め、賞金総額は1億2千万円を超えます!

ちなみに、優勝賞金は1100万円!

これにワールドレコードが出ると+3000万円!

その他、いろいろなタイムボーナスもあります♪

 

ワールドマラソンメジャーズ

 

2013年から、世界的に著名なレースを1年間ツアーするというポイント制のレース「ワールドマラソンメジャース」の1つとなりました。

  • 2月下旬、東京マラソン
  • 4月中旬、ボストンマラソン
  • 4月下旬、ロンドンマラソン
  • 8月、オリンピック(4年に1度)
  • 8月、世界陸上選手権(2年に1度)
  • 9月下旬、ベルリンマラソン
  • 10月上旬、シカゴマラソン
  • 11月初旬、ニューヨークシティマラソン

ご覧のように東京マラソンは「ワールドマラソンメジャース」の開幕レースなんです♪

 

東京マラソンのコース変更の目的

 

11回目を迎える今回の大会、「コース変更」が行われます。

(従来コース)

  • 東京都庁~飯田橋~皇居前~日比谷~品川~銀座~日本橋~浅草雷門~築地~豊洲~東京ビッグサイト

(新コース)

  • 東京都庁~飯田橋~神田~日本橋~浅草雷門~両国~門前仲町~銀座~高輪~日比谷~東京駅前・行幸通り

 

これから明らかですが、ゴール地点が変更になります。

そして、前述のコースからは見えないですが、高低差が少なくなりました。

つまり、より平坦で高速レースが期待されます。

 

コース変更の目的

 

公式サイトによると、今回のコース変更の目的は2つ。

  1. 競技性の向上
  2. 付加価値向上

です。

 

コース変更の評価は...?

 

前述のコース変更の2つの目的にそって考えてみましょう。

 

競技性の向上

 

これについては、平坦コースに変更されたということに注目です。

従来コースでは、35km以降に細かいアップダウンがあったり、終盤は強い向かい風が吹いたりと、競技者にとってはタイムが狙いにくいコースでした。

しかし、今回のコース変更で終盤の阻害要因が除去され、ワールドレコード誕生の期待も大きくなりました。

観客にとっても、タイム的に熾烈な戦いが楽しめるということです♪

_/_/

2013年からワールドマラソンメジャーズのレースの1つとなった東京マラソンですが、タイムを狙いにくいとなると選手たちのモチベーションも上がりませんよね。

 

付加価値の向上

 

従来コースだと沿道の応援や、いろんな援助がたっぷりあるのですが、終盤、つまり36kmの佃大橋くらいから沿道の人数が急激に減ってしまうのです。

参加者からすると随分と違和感があるとか。

しかし、新コースでは、東京らしさを感じる「両国〜門前仲町」などが加わり、しかも、東京駅でゴールという「東京らしさ」でフィニッシュします。

終了後の人の動きもスムーズ、かつ便利になるでしょう♪

 

まとめ

 

ブログ管理人は第1回大会の申し込みで落ちて以来、何回か挑戦するも参加に到らず。

最近は、申し込みすらしていません(>_<)

しかし、何回か参加経験のある妹の話によると、沿道の声援や応援など、走っていてとても気持ちの良い大会だとのこと。

いずれ、ブログ管理人も参加したいです♪

今回の大会の大成功をお祈りしています。

※冒頭の画像出典:東京の観光公式サイト

 

この記事もよく読まれています⇒