未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

2/24 ゆりやんレトリィバァ優勝!〜第47回NHK上方漫才コンテスト



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20170226061939j:plain

 

ゆりやんレトリィバァの快挙について書きますね♪

R-1ぐらんぷり2017のファイナル出場が決定している、ゆりやんレトリィバァ。

ピン芸人ナンバーワンを決めるR-1の闘いの前に、2/24、第47回上方漫才コンテストに見事優勝しましたっ♪♪♪

なお、この記事に限り、芸人さんの呼称は省略しますね(^_-)

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

ピンで漫才コンテスト!?

 

NHK上方漫才コンテストは、今回で第47回を重ねる「老舗の漫才コンテスト」です。

実はこのコンテスト「上方漫才」と銘打ってあるものの、ジャンル無制限で紺とや漫談なども参加可能なフリースタイルコンテストなんです!

なかなか太っ腹で芸人に嬉しいコンテストですね♪

しかも、有名なコンテストだから、この覇者となれば「売れる芸人」になれる...かも。

みんな欲しいタイトルでしょうね♪

で、第47回の決勝戦が2/24に開催されました。

優勝したのが女性ピン芸人のゆりやんレトリィバァです。

 

f:id:kanreki7:20170225075629j:plain

(画像出典:りりブロ☆気になるを詳しくしりたい

 

ゆりやんレトリィバァについては、こちらの記事もどうぞ。

 

NHK上方漫才コンテストの過去の優勝者たち

 

ゆりやんレトリィバァさんを紹介する前に、NHK上方漫才コンテストの過去の優勝者たちを一部ピックアップで見てみましょう!

現在の「優勝」ですが、No.1を「優勝」と呼称しはじめたのは第40回大会からです。

それまではNo.1を「最優秀賞」、第10回以前は「優秀話術賞」と呼んでいました。

で、第40回大会から第47回大会までの優勝者をまず列挙しますね。

  • 第40回(2010年)〜銀シャリ【漫才】
  • 第41回(2011年)〜スーパーマラドーナ【漫才】
  • 第42回(2012年)〜かまいたち【漫才】
  • 第43回(2013年)〜ウーマンラッシュアワー【漫才】
  • 第44回(2014年)〜和牛【漫才】
  • 第45回(2015年)〜アキナ【漫才】
  • 第46回(2016年)〜ミキ【漫才】
  • 第47回(2017年)〜ゆりやんレトリィバァ【女性ピン芸人】

今回の優勝者ゆりやんレトリィバァは、女性ピン芸人ですが、NHK上方漫才コンテストのなかでは、いかに異色であるかが、この一覧を見ると歴然です!

第1回〜第46回までの優勝者(No.1)は、数組の複数人コントがあるものの、ほとんどが漫才コンビです。

ピン芸人の優勝者はいません。

ましてや女性ピン芸人が「NHK上方漫才コンテスト」のてっぺんになるなんて...驚きです!

それだけ、ゆりやんレトリィバァの「芸がホンモノ」ということですね。

 

第47回NHK上方漫才コンテスト「本戦」進出者たち

 

NHK上方漫才コンテストの「本戦」は予選を経て6組が進出します。

6組がAブロック、Bブロックの2つに別れて、まず、決勝進出を争います。

そして、2組で決勝を。

今回「本戦」進出を果たした6組は次の通り。

 

<Aブロック>

  • 祇園【漫才】
  • インディアンズ【漫才】
  • プリマ旦那【漫才】

<Bブロック>

  • ZAZY【男性ピン芸人】
  • ゆりやんレトリィバァ【女性ピン芸人】
  • アインシュタイン【漫才】

各ブロックから決勝へ進出したのは、赤字で示した2組。

プリマ旦那とゆりやんレトリィバァです。

_/_/

プリマ旦那は4年連続の本戦進出、一方のゆりやんレトリィバァも3年連続の本戦進出。

2組とも実力者同士でのガチな闘い。

実力拮抗は間違いなく、決勝は4-3という僅差でした。

 

まとめ

 

NHK上方漫才コンテストに女性ピン芸人が本戦出場すること自体が稀なんだそうです。

2015年にゆりやんレトリィバァが本戦出場したときには「友近が本戦出場以来、12年ぶり」と注目を浴びました。

それから、2016年、2017年と連続の本戦出場。

そして、3回目の正直で、優勝を果たしました。

ゆりやんレトリィバァは、すでに次のターゲットを2/28のR-1ぐらんぷりの優勝に定め直しています。

2/28に優勝すれば、今年2017年は「ゆりやんレトリィバァの年」になりそうですね♪

2/28の闘いも楽しみにしています&応援しています♪

※冒頭画像の出典:NHK大阪放送局ブログ

 

この記事もよく読まれています⇒