未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

SNS「Snapchat」登録者が激増するか〜Snap上場で30億ドルの資金調達!



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170303212144p:plain

 

アメリカ発のSNSが、また1つ勢いづくか...ということを書きます。

それは「Snapchat」。

スマホ用の画像・動画共有のSNSで、特徴は送った画像や動画が設定した短い時間で消えてしまうこと(>_<)

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

「Snapchat」って何?

 

Snap(旧会社名:Snapchat)がスマホアプリとして提供している動画・画像共有のSNS系サービスです。

_/_/

スタンフォード大学で行われたエヴァン・スピーゲル氏の授業のなかのプロジェクトがスタート。数人の学生とともに開発し、SNS「Snapchat」として発展していったのです。

2012年11月にAndroid版を公開。

現在では、iOS版もあります♪

_/_/

「Snapchat」の登録者は、FacebookやTwitterの増加よりも早いんだそうです。

なお、2016年末時点で、「Snapchat」のアクティブユーザー数は1億5800万人。

2015年末比較で48%増なんだとか!!

_/_/

ところで、エヴァン・スピーゲル氏と聞いてピンとくる方もいる...かも。

そう、日本でも有名な、あのミランダ・カーさんの婚約相手です。

なんでも、結婚するまで性交渉もしないとかなんとかで話題になりました(^_^;)

で、そのエヴァン・スピーゲル氏がSnapのCEOなんです。

 

「Snapchat」の特徴は?

 

登録ユーザーは画像や動画(これをスナップと呼びます)を個人やグループに送信することができます。

一方、受け手のほうは、送られてきたスナップを1秒から10秒の間で閲覧できます。

この閲覧時間は送り手が設定します。

つまり、その閲覧時間になるとスナップは消えてしまいます。

_/_/

実は、ブログ管理人のiPhoneにも「Snapchat」は入っており、もちろん登録も済ませてあるのですが、ほとんど使っていません(^_^;)

なので、「Snapchat」の面白さ、楽しさがよく分からん(>_<)

でもでも、でもね。

前述したように、この1年でアクティブユーザーが48%も増えたって、凄くない!?

 

3/2、Snap上場(NYSE)!

 

「Snapchat」を運営する会社Snap(旧会社名 Snapchat)が、3/2ニューヨーク証券取引所に上場しました。

初値は24ドル、公募価格17ドルを41%上回るという人気です。

この結果、公募価格ベースですが、時価総額は 240億ドル(約2兆7000億円)という化け物のような株式がまた1つ現れたわけです。

直近株価25ドル17セントで計算すると、時価総額はさらに増えて 355億ドル。

_/_/

ミランダ・カーさんは、超玉の輿だぁ(^^)/

 

Snapの株式がちょいと面白い!?

 

アメリカには、持株比率と議決権比率を分離する株式があるんだそうです。

デュアル・クラス・ストックなんていいます。

たとえば、一般投資家向けにはクラスA株、創業者向けには非上場のクラスB株があり、B株はA株の10倍の議決権を持つ...というように運用します。

グーグルがこの方式です。

で、Snapはトリプル・クラス・ストックなんです。

どういうことかというと...

_/_/

共同創業者のエヴァン・スピーゲルCEO(26)とロバート・マーフィーCTO(28)がそれぞれ44.3%の保有株式を持ち、この2人の保有分だけが10人分の議決権のあるクラスC株式。

また、議決権のあるクラスB株式は特定の機関などに保有してもらう。

そして、市場に出す株式は議決権のないクラスA株式。

このように非公開株式と公開株式で議決権を分けるわけね♪

 

Snapは大赤字会社!?

 

Snapの売上はほぼほぼ広告収入。

2016年の売上高は4億4500万ドル(589%増!)、純損失は5億1400万ドル(38%増!)なんだって。

おひおひ、大赤字じゃないか...ですが、将来性があるってことなんですね。

見事上場を果たし、30億ドルの資金を手にし、企業拡大に勢いをつけるってわけです。

_/_/

まさに、アメリカンドリームですね。

 

 Snapの上場でソニーが痛手!?

 

ソニー・エンタテインメントのCEOのマイケル・リントン氏が2月2日で辞任し、Snapの会長になるとの報道がありました。

ソニーが思わぬところで煽りを食ってしまったようです。

どうせなら勢いのあるほうに...ということなのでしょうか。

賢明な判断かも...です。

 

まとめ

 

大赤字会社でも、将来性があれば上場し、多額の資金を手に入れられるというアメリカって、いいですね。

株式の柔軟性もいいです。

あとは...

「Snapchat」がどこまで浸透するかですね。

2017年2月のSNSのランキングでいうと、「Snapchat」は11位になっていました。

来年の今頃には、どのくらいになっているのでしょうか。

それから、ミランダ・カーさんは婚約から晴れて結婚へと進展することができるのでしょうか...。

※冒頭の画像出典:snapchat

 

この記事もよく読まれています⇒