未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

カナブーン飯田、予定通り活動しますっ!〜新曲発売〜清水富美加は被害者か!?



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170304052145p:plain

 

人気ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」が予定通りに活動を続けるという話について書きますね。

_/_/

清水富美加の事件(!)で、彼女の不倫相手として注目を浴びたカナブーンのベーシスト飯田(めしだ)さん。

冷静に考えると...不倫って、どちらかが一方的に悪いという問題じゃないと思うのです。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

カナブーン活動継続!

 

清水富美加&飯田祐馬の不倫で、活動停止に追い込まれるかとみられていたカナブーンですが、当初の予定どおりに、3/1に新曲「Fighter」が発売されました。

所属事務所からは次のようなコメントが出ました。

  • この度は飯田祐馬の報道の件で、みなさまをお騒がせしてしまい、誠に申し訳ありません。
  • カナブーンメンバー、スタッフ一同、事態を重く受け止めております。
  • また、一連の報道の中、ご迷惑をおかけしてしまった関係者のみなさま、大変申し訳ありませんでした。
  • 今回の報道を受け、カナブーンメンバー全員と話し合った結果、現在発表しております今後の活動につきまして、予定通り進めさせていただくこととしました。
  • カナブーンメンバー、スタッフともども、深く反省するとともに、一致団結し、一生懸命、音楽活動に取り組んで参ります。
  • 今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。

またメンバーからは次のようなコメントが出ました。

  • 今回の報道で、みなさまをお騒がせしてしまい、大変申し訳ありませんでした。
  • 僕たちは、活動を自粛という形ではなく、音楽活動のすべてを通して、またみなさんを楽しませることで反省を示していきたいと考えました。
  • 今回のことを、メンバー全員できちんと受け止めて、音楽とみなさんと向き合っていきます。
  • 今後ともよろしくお願いいたします。

 

不倫の経緯は...

 

清水富美加事件騒動を受けて、カナブーンのベーシスト飯田祐馬さんが、自ら不倫を明らかにしました。

2月21日に謝罪文を発表したのです。

それによると

  • 2014年4月に一般女性と結婚。
  • 清水富美加に既婚の事実を隠し、2015年6月から交際。
  • 2015年9月に妻に浮気がバレ、清水にも事実を話し謝罪。
  • 関係は2016年1月まで続ける。

というものでした。

飯田さん、2016年1月に勃発した(?)ベッキー&川谷の「ゲス不倫」騒動に恐れおののき、不倫を断ち切ったようです。

 

不倫は一方的に男性が悪者か!?

 

既婚男性が既婚であることを隠し、独身女性と不倫。

その後、既婚を吐露するも、不倫を継続。

このようなケースで、一方的に男性が悪者と言えるのでしょうか。

_/_/

清水富美加(敬称略、以下同じ)と某教団は、一方的に相手が悪い的な論理で終始していますが、本当にそうでしょうか。

所属事務所が悪い、交際相手が悪い!?

ほぼほぼ同じ状況の「ゲス不倫」において、ベッキーも多くの責任を負いました。

一方、清水富美加は無責任に「逃げた」だけです。

この状況で、世間は飯田さんだけが悪いとは判断しないでしょう。

むしろ、清水富美加が一方的に悪いと思う人もいるのかもしれません。

_/_/

清水富美加は飯田さんの妻に対しても大きな罪を犯しています。

飯田さんから既婚を告げられた時点で、いくら離婚をほのめかされたとしても、その時点で不倫であることは確かなのですから、不倫を断ち切る選択もできたのです。

でも、それをせず、不倫を続け、飯田さんの妻に苦痛を与え続けた。

そういう状況の責任を取ることなく、「出家」という言葉のもと、清水富美加は、ただただ逃げたのです。

しかも「洗脳上等だよ」などという敵対的な言葉を残して...。

出家後に出版したあの駄本は、飯田さんの妻をさらに傷つけたのではないでしょうか。

自らは逃げまくり、そして、過去に傷つけた人を再び傷つける。

それが清水富美加が行う「出家」なのですね。

 

まとめ

 

不倫はどんな事情があれ、当事者が二人とも責任を負うべきです。

女性は立場が弱いから、男性が一方的に悪い...なんてことはあり得ません。

清水富美加の場合は、罪を犯しまくって逃げた...ということだけです。

一方、罪を深く認め反省した飯田さんが、カナブーンとして活動を継続することは大いに支持します。

カナブーン&飯田さんの今後の活動と活躍に期待しています。 

※冒頭の画像出典:Yahoo!ニュース

 

この記事もよく読まれています⇒