未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

「アナ雪」ノーカット版放映、フジテレビのやり方が酷いと炎上(>_<)



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20170306195558p:plain

 

3月4日、フジテレビ系列で『アナと雪の女王』がノーカット版で地上波初登場。

前宣伝も華々しく放送されました。

しかし、蓋を開けてみると、ノーカット版ではなかった...(>_<)

酷い、酷すぎる...の声がぁ...。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

前宣伝が異常だった!?

 

視聴率ですけど、ドラマが不調(ほぼ全滅)、バラエティ不調、情報番組不調...というさなか、とにかく何が何でも視聴率が欲しい...フジテレビです(>_<)

_/_/

『アナと雪の女王』が国内興行収益歴代3位〜『君の名は。』の大ヒットでランクは1つ下がって4位になってしまいますが...〜 で、それを地上波初で放送できることは「視聴率が絶対に稼げる」と踏んだのでしょうね。

映画放送枠の前数時間、『アナ雪スペシャル』ということで、芸能人中心にアナ雪ではしゃぐ番組を流していました。

レギュラー番組のいくつかをつぶしてね。

なんでそこまでするの?

ここでフジテレビの異常さがまず、出ちゃいました。

_/_/

『アナと雪の女王』については、こちらもどうぞ。

 

ウリは「ノーカット」だったのに...

 

実は、最後の最後で「ノーカット」のどんでん返し、「裏切り」がありました。

でも、May J.さんファンじゃないと気づかなかったかも...。

_/_/

映画というのは、オープニングがあって、本編があって、そしてエンドロール。

ここまでがコンテンツです。

『アナと雪の女王』のエンディングの歌を担当したMay Jさんの言葉を引用しますね。

ちなみに、『アナ雪』の劇中では、『Let It Go〜ありのままで〜』はエルサの声優を務めた松たか子さんが唄いました。

一方、エンディングでは、May J.さんが唄いました。

これについて「どうして、エンディングではMay J.が唄ってるの?」というクレームまがいの声があがっていたとのこと。

それではMay J.さんのコメントを...。

  • 『なんでエンドソングはMay J.が歌ってるの?』と思っている人が多い。
  • (映画は)そういう仕組みなんだけどな。
  • 全世界で必ず、劇中歌とエンドソングっていうのはアレンジが違う。
  • そして歌っている人も違うっていう共通があるんだけれど。
  • それを理解されていないのがすごく残念。
  • それでも自分が日本版の主題歌を担当させていただいているし、しっかりとその責任感を持っていい歌を歌い続けるしかないんですよね。
  • 人になんと言われようと...。

 _/_/

個人的なことですが、ブログ管理人は『Let It Go〜ありのままで〜』が好きで、松たか子さんバージョン、May J.さんバージョン伴にダウンロードし、iPhoneのなかに入っています。

現在TBSでやっているドラマ『カルテット』で美しい声を披露している松たか子さん。

松たか子さんが唄う『Let It Go』はとても素敵です。

しかし、それにも負けないくらいMay J.さんが唄う『Let It Go』は素敵なんです。

_/_/

そういうこともあり、エンディングのMay J.さんの『Let It Go』をとても楽しみにしていました。

しかし...。

 

やってくれちゃいましたフジテレビ!?

 

なんと、本編が終わってエンディングに入ると、そのとき画面を見ていなかったブログ管理人、驚き、画面をガン見しました。

歌声はMay J.さんではなく、松たか子さんだったのです。

おひおひ、『アナ雪』のエンディングはMay J.だろ(-_-)

_/_/

そして、流れる映像は、一般の人や芸能人が『Let It Go』を唄う映像が続くのです。

信じられない、裏切りです。

別に最初からそういうことならいいのですけど、「ノーカット版」を銘打っているのに...。

_/_/

フジテレビ、映画というコンテンツをどう理解しているのか。

この「ノーカット風な改変版」がフジテレビの理解の答えなんですね。

May J.さんに対しても酷いと思うなぁ...。

今回の蛮行も、「ノーカット版」をうたっていなければ、許容せざるを得ないでしょうけれど。

 

まとめ

 

視聴率のためなら何をやっても許される...その傲慢さがフジテレビに見てとれます。

そもそも、なんで視聴率に、時間帯によってはテレ東にも負けちゃうくらいに堕ちてしまったのか...そういう反省は...ないですね。

ちょっと極端かもしれませんが、映画大好きブログ管理には、もう絶対にフジテレビの映画枠は見ないって決めました!

(まっ、1ヶ月くらいで忘れちゃうかもしれませんけど...)

 

追伸(3/7)

 

フジテレビ系列の『バイキング』では、3/4の『アナと雪の女王』のノーカット版放映をヨイショしていました。

坂上忍の番組、正直な意見が多く、腐ったフジテレビのなかでもなかなかいいのですが、やっぱり、自分の局には甘々だってことです。

『アナと雪の女王』のノーカットが嘘っぱちだったということなどには、全く触れず(>_<)

坂上忍さん、がっかりですな〜。

※冒頭の画像出典:netgeek

 

この記事もよく読まれています⇒