未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

森友学園問題は3期9年の長期政権目論みを揺るがすか〜鎮火どころか延焼拡大ちう(>_<)



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170309165038p:plain

 

3/9、14:15過ぎ、突然その会見がはじまりました。

およそ8分間。

森友学園問題、鎮火するどころか延焼しまくり...ということを書きます。

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

籠池理事長、突然の記者会見!?

 

3/9、大阪府私学課による現地調査に応じるため、開校予定の小学校に来た森友学園の籠池理事長。

突然、記者達を呼び、臨時の記者会見を始めた。

およそ8分間。

そこで展開された持論は、何日か前に某元知事が記者会見をした論調に似ている。

自分勝手な主張を展開し、他に悪者をつくる...。

常人では全く納得しがたい事由を平気で口にする。

よーするに、責任転嫁、責任転嫁、責任転嫁...。

マスコミが悪い、認可妥当とした府が悪い等々。

_/_/

この臨時記者会見もどきで籠池理事長が主張したことは書く価値もないです。

なお、府の現地調査は、理事長妻の実質的な妨害で中断されました。

窮地に陥った理事長に対し、ナイス過ぎる連携&スーパーサポートですね(>_<)

 

鎮火どころか延焼...

 

鎮火の兆しもなく延焼し続けているのには、理由があります。

消火活動のやり方が間違っていることが1つ。

もう1つは、「燃えるべきもの」が残っているからです。

当初、「燃えるべきもの」は森友学園自体にあると思われていましたが、実は、森友学園周りに蠢く輩たち、それが「燃えるべきもの」なようなのです。

それがうじゃうじゃいる。

だから、いまも燃え続けているのです。

_/_/

『週刊新潮』の最新号3月16日号の森友学園記事では、その延焼原因となっている「燃えるべきもの」が、これでもか、これでもかと記述してありました。

きちんと取材をした結果だとは思いますが、真偽の程が定かではないので、ここでは書きませんが、たくさんの人たちの名前が書いてありました。

こんにゃくのあの人も、裏がありそうな...。

 

森友学園問題は興味本位のマターを超えてます

 

興味本位のことで参考人招致はしないよ〜んという与党の主張。

しかし、この問題は、だんだんと「3期9年」の長期政権の目論みを揺るがしかねない事案になりそうな気配です。

森友学園理事長・籠池理事長の参考人招致を認めない自民党の理屈は、苦しいを超えて、常識を踏み外しています。

このまま延焼が続くと、次の選挙に大きく影響することになるのかもしれません。

 

森友学園問題は詐欺事件!?

 

政治家が森友学園問題に関与したかどうかは別にして、この問題は、詐欺事件ではないでしょうか。

籠池理事長周りからは、次から次へとつじつまの合わない、嘘とも言うべき事実がどんどん出ています。

そして、多額のお金を手に入れている。

_/_/

そんな状況になっても参考人招致を拒むのは、理由は明らかですね。

都合が悪いからです。

都合が悪い人が拒否をしている人たちのなかに相当いるからではないでしょうか。

...とフツー考えてしまいますよね(>_<)

 

まとめ

 

森友学園問題は、これからも延焼し、さらに大きな疑獄事件へと進展してしまう可能性もあるのでは...。

もう、膿を出し切って欲しいですね。

議員さんたちも、国や府の機関なども...。

_/_/

ところで...

確定申告のこの時期、国税庁のトップが云々...なんて週刊誌に書かれちゃっているのですから、反論すべきは、きちんと反論してください。

事の次第を明らかにするために必要なら、籠池理事長を参考人招致してください。

それでさらに延焼するのならば、それでもいいのでは...なんて、少し過激ではありますが...。

とにかく、このままではダメでしょと思う次第です。 

※冒頭の画像出典:楽天WOMAN

 

この記事もよく読まれています⇒