未来の足跡♪

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

WBC2017侍ジャパンR2へ1位通過決定、どうして?〜ルール解説&R2大胆予想♪



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170312230432p:plain

 

3/9、オーストラリアが中国に勝ちました。

その瞬間、侍ジャパンは、3/10に行われる対・中国戦を待たずに2次ラウンドへの1位通過が決定。

でも、どうして「1位」なの...という解説です♪

合わせて、2次ラウンドの大胆予想もね(^_-) 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

3/9終了時点でのプールB...

 

3/9終了時点でのプールBの順位は次のようになっています。

  • 1位:日     本〜2勝1敗
  • 2位:オーストラリア〜1勝1敗、失点  4
  • 3位:キ ュ ー バ〜1勝1敗、失点11
  • 4位:中     国〜0勝2敗

_/_/

4チームそれぞれ1試合を残しています。

  • 3/10 日本 vs 中国
  • 3/10 オーストラリア vs キューバ

実は、3/9終了時点で、1位のみ「確定」なんです。

どーして????....と思いますよね。

 

WBCルール解説です♪

 

2/7に発表になったWBC2017の大会規定です。

  • 1次ラウンド、2次ラウンドで3チームが同じ勝率になった場合にはプレーオフを行う。

 

2チームが2勝1敗の場合

 

直接対決で勝ったチームが1位通過となります。

今回、侍ジャパン1位通過決定というのは、このケースにあたります。

3/9終了時点ですでに2勝をしている侍ジャパンは、3/10の対・中国戦で勝てば3勝となり、文句なくの「1位通過」となります。

しかし、侍ジャパンが3/10の対・中国戦で負けた場合はどうなるのでしょうか。

3/10のオーストラリアvsキューバの勝者と侍ジャパンは、2勝1敗で並ぶわけです。

しかし、すでに侍ジャパンは、オーストラリアにもキューバにも勝っていますので、オーストラリアとキューバのどちらが勝とうが「直接対決で勝っている」侍ジャパンは「1位通過」決定になる...という次第です♪♪

 

3チームが2勝1敗の場合

 

今回のプールBでは、このケースには該当しませんが、一応書いておきますね♪

「3チームが2勝1敗の場合」は、次の4つの方法で1位通過チームを決めます。

  1. 直接対決で失点率(総失点÷回)の低い方
  2. 直接対決で自責点率(総自責点率÷回)の低い方
  3. 直接対決でのチーム打率の高い方
  4. 抽選

4番目の「抽選」っていうのは、なんだか納得感がないですね。

そして、「1位通過」を逃した2チームが、プレーオフで「2位」を争います。 

 

2次ラウンドの対戦相手は?

 

1次ラウンドを「1位通過」、「2位通過」した計8チームがプールE、プールFに分かれて、1次ラウンド同様の総当たりで戦います。

以下、赤字は決定です。

なお、プールCとプールDは3/10開幕(日本時間)です。

 

【プールE】

  • イスラエル(プールA1位)
  • オランダ(プールA2位)
  • 日本(プールB1位)
  • オーストラリア or キューバ(プールB2位)
  • 会場:東京ドーム
  • 期間:2017/3/12〜3/16

【プールF】

  • プールC1位
  • プールC2位
  • プールD1位
  • プールD2位
  • 会場:ペトコ・パーク(アメリカ)
  • 期間:2017/3/14〜3/19(現地時間)

 

2次ラウンドの勝手な予想...

 

侍ジャパンが戦うプールE。

世界ランクでいうとこうなっています。

  • イスラエル〜41位
  • オランダ〜9位
  • 侍ジャパン〜1位
  • オーストラリア〜10位 or キューバ〜5位

世界ランクでいうと侍ジャパンが圧倒なのですが、世界ランク3位の韓国、4位の台湾を撃破したイスラエルは、キューバ以上に強敵であることは間違いなさそうです。

また、今大会で侍ジャパンは初戦でキューバに勝ったものの、やはりキューバが手強い相手であることには間違いありません。

 

_/_/

 

そこで大胆予想です♪

 

プールEは...侍ジャパン3勝0敗で1位通過、イスラエル2勝1敗で2位通過。

イスラエルはキューバを破り、世界ランク3位、4位、5位と倒すことになります。

イスラエルは、いま勢いがありますからね、決勝ラウンドへ進むでしょう。

でも、侍ジャパンが「10年早いよ!」とイスラエルの勢いをとめます。

これブログ管理人の勝手な予想ですからね(^_-)

 

一方、プールFがどうなるかは、まだ、1次ラウンド開幕していませんのでなんとも言えませんが、世界ランクだけで判断すると

  • アメリカ(プールC1位通過)、カナダ(プールC2位通過)
  • メキシコ(プールD1位通過)、ベネズエラ(プールD2位通過)

の4チームになろうかと...。

あくまでも世界ランク判断だけです。

「いまの勢い」が分からないので単なる機械的な予想です(>_<)

 

_/_/

 

そして、決勝ラウンド進出は...全くわからないので、予想はもう少したってからね♪

 

まとめ

 

なんだかんだ言っても、WBCはメジャーリーガーが戦いのポイントになってくるようです。

メジャーリーグが技術はダントツですからね。

その点で、侍ジャパンの最大の強敵はアメリカであることは間違いないです。

そして、代表選手28人中27人がアメリカ国籍という陣容のイスラエルは、仮想アメリカとしては十分な練習相手(?)になります。

なので、対アメリカ戦の仮想として、2次ラウンドで、侍ジャパンがイスラエルをこてんぱんにやっつけておく必要がありますね。

万が一ですけど、イスラエルと決勝であたる可能性もあるわけですし...。

※冒頭の画像出典:なんじぇいスタジアム

 

この記事もよく読まれています⇒