未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

デヴィ夫人の森友学園支持&寄付呼びかけには...目を疑いました、ズレの不認知、でもね...



<スポンサーリンク>



f:id:kanreki7:20170310150035p:plain

 

連日、続々と犯罪まがいの事実が出てくる森友学園問題。

その森友学園を強く支持すると宣言したデヴィ夫人。

彼女の真意がどこにあるのか不明ですが、デヴィ夫人について書きます。

  

 

<スポンサーリンク>

 

 

3/6のブログで突然...

 

主義信条は自由でいいです。

たとえマスコミで発言の影響力があろうと自由です。

テレビ局などが「それだめ」と判断すれば使われなくなるだけですから。

なので、今回のデヴィ夫人の「森友学園支持&寄付呼びかけ」もそれ自体は自由です。

そして、その情報に触れた人たちがデヴィ夫人をどう思うかも自由です。

_/_/

デヴィ夫人の森友学園 支持は、3/6のブログで突然表明されました。

寄付先部分を除き、全文掲載させていただきます。

 

「森友学園」を応援いたしましょう!

(2017年3月6日、15時27分21秒)

 

皆さま ごきげんよう

 

私は、「森友学園」の 行き過ぎたものも 多々ありますが、

それは 改めて頂くとして、 根本的に 教育方針に共鳴し、

「瑞穂の國記念小學院」 開設の募金を希望する旨、

学園の 籠池康博理事長宛にメールを送りました。

 

基本的な 教育方針である愛国心、 正義感を育て、善悪を教え、

日本人の誇りと 自信を持たせる教育に 賛同しています。

日本は 病んでいます。


少年による 凶悪犯罪、 弱者いじめのような事件、

大人が 幼い子供を暴行死させ、 親が子を、

子が親を殺害したり、 霊媒師が 子供を手にかけたりと、

恐ろしい事件ばかりが多発しています。 


本当に 日本人は心身ともに 病んでいると思います。
 

現在、 テレビ・新聞等で いろいろ報道されておりますが、

経営資金困難のことも 取り沙汰されておりますので、

私を含め、 森友学園を 応援したい方々から ご寄付や

経済的援助を 募りたいと思います。

 

私も先ほど、 ひとまず 100万円を 同校の開設資金として

寄付いたしました。

これからも 続けるつもりです。

 

中国や韓国が 国をあげて 反日教育されている中、

日本の 一部議員や評論家達は そのことには一言も触れず、

反論も 非難もせず、森友学園を 非難するなどもっての外です。


皆さま、 逆風に負けず、 「森友学園」を 応援いたしましょう!

 

「瑞穂の國記念小學院」開設募金  お振込先

(以下、略) 

 

(3/10現在のデヴィ夫人の公式ブログから) 

 

追記(3/11)

 

さきほど確認したら、このブログ記事の全文は読めないようになっています。

途中まで読めて、残りは有料記事になっていました。

こんなのが有料かよ...とずっこけました。

上記で「赤字」にしたとこだけが読めなくなっていました。

バカじゃね?(失礼、ゲスなコメントでした...でも消しませんけど)

 

ブログには賛否両方のコメントが...

 

ここには敢えて書きませんが、ブログには賛否両方のコメントがついています。

一見、極端過ぎるような意見に対しても、賛否それぞれのコメントがつく自由は大切にしなければと思います。

でも、ブログ管理人は、デヴィ夫人のように森友学園を支持をしません。

そして、デヴィ夫人のブログにも違和感を感じます。

その感覚は自由です。

しかし、デヴィ夫人の存在を否定するつもりもありませんし、森友学園支持以外のことについて、デヴィ夫人を誹謗するつもりありません。

でもズレてるな〜とは思うのです。

しつこいですけど、何をどう発言するかは自由ですけどね。

 

追記(3/11)

 

さきほど確認したら「否」のコメントはほとんどなくなってますね。

結構、作為を感じる「肯定」的なコメントばかりです。

 

まとめ

 

ある意味、ブログのような発言をすることは、かなりの勇気がいります。

その勇気を賞賛するつもりはありませんが、「森友学園支持しない派」には、理解しがたい発想だと思います。

_/_/

マスコミに流れる森友学園情報は偏向し極端な部分もあるのかもしれません。

しかし、助成金の詐欺まがいの行為、経歴詐称、暴行事件逮捕などなどを差し引いてもあまりある素晴らしい教育なのかというと、山ほどの疑問符が沸いて出てきます。

_/_/

それでも、デヴィ夫人のご発言が一貫し、最後まで曲げずに寄付し続けることに注力してくださいね。

いっそのこと、籠池理事長のために小学校をプレゼントしてあげればいいのではないでしょうか。

※冒頭の画像出典:ぱぴぷ速報

 

この記事もよく読まれています⇒