未来の足跡♪

未来の足跡♪

1秒先も見えないから人生は楽しいのかも♪ いろんな話題を自由気ままに語ります。

ドラマ『カルテット』第9話〜私は早乙女真紀ではありません〜真紀逮捕!?



<スポンサーリンク>


f:id:kanreki7:20170212184122p:plain

 

ブログ管理人、今シーズン一推しドラマ『カルテット』。

いよいよ残すところは第9話と第10話のみ。

「カルテットロス」が起きそうな感じです(>_<)

第8話の終盤で、早乙女真紀(松たか子)は偽名だったことが判明し...。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

第8話のおさらい

 

第8話では、カルテットメンバー4人の「片思いの連鎖」が明確になります。

そのプロセスで、すずめの切ない女心が描かれます。

片思いはこんな具合になっています。

  • 論高(高橋一生)は、すずめ(満島ひかり)が好き
  • すずめは、司(松田龍平)が好き
  • 司は、真紀(松たか子)が好き
  • 真紀は...誰が好き???

最後の「真紀は誰が好きなんだい?」なんてことを視聴者が考えていると、ドラマはいきなり、目の前に「驚愕の事実」をさらけだしてきます。

おひおひ、あと2話の中心話題はそれかよっ!?

実は、早乙女真紀は偽名だったのです...。

(第8話の記事から)

  

第8話を大胆にまとめました。 

より詳しくはこちらの記事をどうぞ♪

  

第9話の展開は(軽くネタバレ)...

 

早乙女真紀の元義理の母(もたいまさこ)に警察が「偽名の次第」を語ります。

そして、元夫(宮藤官九郎)と警察の調べのなかでも、さらに「真紀の真実」が明らかになっていきます。

早乙女真紀は、この名前をかつて300万円で戸籍として買い取ったのです。

そして、戸籍を買い取るにはそれなりの理由があったのです。

その理由のひとつとして、早乙女真紀(本名は、ココでは書きません!)には「義父殺しの容疑」がかかっているようなのです!?

_/_/

警察が軽井沢の別荘に出向き、翌日の任意出頭を求め、帰ります。

真紀は、メンバー3人に、自分は嘘をついていたこと、早乙女真紀ではないことを語ります。

真紀がすべてを話す尽くす前に、メンバー3人は真紀を受け入れます。

彼らにとって、真紀は真紀なのですから...。

いつものような夜を迎え、そして、朝を迎え、いつものレストランで演奏をし、そして、出頭の時間が来ました。

真紀は警察とともに、レストランをあとにします。

 

まとめ

 

いよいよ、次週は最終回です。

どんな「どんでん返し」を見せてくれるのか。

そして、次シリーズに続く「何か」を残してくれるのか。

それとも、このシリーズだけで完全に終わりを遂げるのか...。

少しの悲しい思いと期待を持ち、来週の最終回を待つことにします。

「カルテットロス」が今、起きています(>_<)

※冒頭の画像出典:matome.naver.jp